Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ゼニガタ』 大谷亮平がスクリーンデビューで初主演! 「とても感慨深いです!」

2018/5/27 09:14

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『ゼニガタ』が5月26日に初日を迎え、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨拶に、映画初出演で初主演を務めた大谷亮平が登壇し、初日を迎えた喜びを笑顔で語った。当日は共演の小林且弥、安達祐実、渋川清彦、メガホンをとった綾部真弥監督も登壇した。

s-RanRan1IMG_4160-2s

写真左から  渋川、小林、大谷、足立、綾部監督

 本作は、銭形富男(大谷)と弟・静香(小林)が営む路地裏の居酒屋が舞台。店は、深夜0時をまわると暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする。厳しい取り立てで債務者たちを追い込んでいく兄弟と、金の魔力にとりつかれた債務者たちを待ち受ける運命が描かれる。

s-RanRan7IMG_4127 (2)-2s

スクリーンデビュー、初主演の大谷は、初日を迎え。「本当に嬉しいです」と満面の笑み。何があっても動じない、鉄の男・銭形富男を演じるために、綾部監から「作品の性質上、共演者同士の私語は厳禁」とくぎを刺されていたという。常にピリピリした現場だったものの「どうしても感情が出てしまうこともありましたが、綾部監督は現場のそんな“生きた感情”を、必ず生かしてくださったんです。ブレずに、感情を押し殺す演技を心がけました」と撮影を振り返り、充実の笑顔だった。

綾部監督は「大谷さんとは同い年だったので、話しやすくて仕事がしやすかった。そんな大谷さんの初主演映画を自分が撮れて、嬉しかった」と笑顔で語った。

安達は 劇中、資金繰りに窮した脱サラ農家の真田留美役を演じており、「昔からお金に困っているような役が多いんですよね……」と、安達の代表作の大ヒットドラマ「家なき子」での名セリフ「同情するなら金をくれ!」を連想させようなる発言で会場を沸かす。さらに、「以前、友達からお金に困る役が多いのは私の薄幸そうな見た目から……と言われました(苦笑)」と自虐ネタを話し、会場を笑わせた。自信の役作りについては「農業というのは大変で、畑を耕す場面で手首を捻挫するくらい。生半可な気持ちではできないと思いました」と撮影時の苦労を話していた。

 安達と同じ1981年生まれで同い年であることを明かした小林は、「現場ではお会いできなかったので、今日は『うわ、生の安達祐実だ』という感じだったんです」と嬉しそう。「この職業に就く前からテレビや映画で見ている人って、いざ現場でお会いすると、違う感慨があるというか……。やっぱり、大スターですね」とミーハー気分を満喫している様子だった。

 居酒屋と闇金屋という2つの顔を持つ銭形兄弟の設定にちなみ「やってみたかった職業は?」と問われた大谷は「ずっとバレーボールをやっていたんですが、周りにあまりにデカい人が多いので断念したんです。もしもあの時野球をやっていたらどうなっていたんだろう……」と話した。アスリートへのあこがれが強いようだ。安達は、「職人さんに憧れを感じています。すし職人なんていいですね。でも、ずっと今の仕事をしているので、現実的に考えたことはないかな」と答えていた。

最後に、大谷は「『ゼニガタ』というと、ある作品のキャラクター(「ルパン三世」の銭形警部)が思い浮かぶ方もいるかもしれませんが、こちらの作品も観ていただいて、心に残っていただけると嬉しいです」と客席に向かってメッセージを送った。

映画『ゼニガタ』は公開中

関連記事


Page Up