Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

A.B.C-Z橋本と河合は「手触りが違う」とROLLYが問題発言!? 音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』初日前会見

2018/7/11 11:10

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

村上龍原作の音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』が、711日(水)からTBS赤坂ACTシアターにて再び上演される。
本作は、2016年音楽劇として誕生すると、主人公のハシとキクをはじめとする若者たちが持つエネルギーや純粋さ、可能性、そしてもがきを熱く表現し大きな話題となった。あれから2年。主演は初演に続き、A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人が務めるが、今年の公演では、公演期間の前半で橋本がキク役、河合がハシ役を演じ、後半でお互いの役を入れ替えて本作に挑むこととなった。
初日前日、同劇場にてフォトコールが行われ、終了後に行われた囲み会見では、橋本、河合と山下リオ、シルビア・グラブ、ROLLYが現在の心境を語った。

IMG_9132s

橋本は初演時の公演が終わった後「(河合が演じていた)キク役をやりたい」とプロデューサーに熱望していたと語る。それが今回実現して非常に嬉しそうな橋本に“何故そこまでキク役をやりたかったのか?”という質問が飛ぶ。すると河合がすかさず「俺(の演技)がかっこよかったからでしょ?」と橋本を見上げる。ところが橋本は「それだけはない!」と言いたげな表情を見せ、河合は「シバかれるんじゃないかと思った」と苦笑い。だが、最後には橋本が「…かっこよかったからです!」と観念したように打ち明けると河合は嬉しそうに笑い転げていた。

IMG_9161s

河合は公演の途中で役を交替することについて「新たな挑戦です。まったく違うものが観れると思いますよ」と胸を張る。だが今回の再演で特に大変な所は?の質問に「やっぱり歌ですね。ハシ、キク、アネモネの三人で歌う場面があり、ハシとキクを入れ替えて稽古したときにどちらのメロディーを歌うのかこんがらがってしまい「“歌わない”という逃げをしたことがありました」と本音を口にしていた。

IMG_9165s

物語の中でキクと出会う少女アネモネ役の山下はこれが舞台三作目ということで「プレッシャーです」と緊張を見せる。そんな山下を気遣うように河合が「大変なんですよ。僕らの役が替わるから。リオちゃんもシルビアさんもROLLYさんも、僕らが全く違う芝居をするので…」と口にすると、シルビアが「本当に全然違うんですよ!」と声を張ってカットイン。「やはり新しく演じるほうの役を多めに稽古をするので、時々前の役を演じると『お…そうだったっけ?』と混乱してしまって」と稽古場での混乱ぶりを振り返っていた。一方ROLLYは橋本と河合の裸に何度も触れる演技をすることから「二人は手触りが違うんです。味が違います。この左手がね…」と真顔で語り出し、全員がざわつく一幕も。

IMG_8472sIMG_8505sIMG_8517s

二人とキスシーンがある山下にも「二人の違いは?」という質問が飛ぶ。すると、「すごく違うと思います!女の子の扱い方が真逆ですね」とコメント。具体的にどのように違うのか?と深追いされると、橋本と河合が「今、それを聞いちゃうの!?」とやおら落ち着きをなくす。するとシルビアが「えーとですねえ…いや私も二人とそういう場面がある訳ですから!」と割って入り、笑いを取る。最後に山下は「そこは劇場で確認していただきたいです」とはぐらかしつつ話をまとめていた。

IMG_8529sIMG_8745sIMG_8854s

橋本は今回の役の入れ替わり上演について「今回のお芝居がうまくいったとしたら、A.B.C-Zってすごいなという事にも繋がってくると思うので、橋本と河合の二人がすごいんじゃない。『A.B.C-Zがすごいんだ』と言われる事を目的にやっていきたいです」と、個人の成果をグループに還元したいと力を込め、そのA.B.C-Zの他のメンバーが舞台を観に来なかったら「ぶん殴ります」と笑顔を見せる河合だった。

音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』は、711日から29日まで、東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演される。大阪、富山での上演もあり。

 

 

関連記事


Page Up