Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東山義久、役作りに髪を切り、オラオラ感は消去!? 海宝直人とW主演のミュージカル『イヴ・サンローラン』製作発表

2018/11/1 03:10

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

東山義久と海宝直人がWキャストで主役を務めるミュージカル『イヴ・サンローラン』の製作発表が1030日(火)に東京・フランス大使公邸にて行われた。

IMG_7620s

川原一馬、海宝直人、上原理生、東山義久、大山真志、安寿ミラ

「モードの帝王」フランスはおろか、世界を代表するファッションデザイナー、イヴ・サンローランの生涯を描いた世界初のミュージカル。今回作・演出を荻田浩一が手がけ、音楽は斉藤恒芳、衣装は朝月真次郎が務める。

製作発表には東山、海宝、荻田、斉藤、朝月のほか、上原理生、大山真志、川原一馬、安寿ミラが登壇。さらにローラン・ピック駐日フランス大使、フランス大使館文化参事官およびアンスティチュ・フランセ日本代表のピエール・コリオと共に本作を語った。

IMG_7606s

 海宝直人、川原一馬、ローラン・ピック、上原理生、東山義久、大山真志、安寿ミラ

荻田は「イヴ・サンローランの波乱の人生をこれから皆と作り上げていきたいです」と意気込み、「彼はネガティブな部分も隠さず、オープンにされていた方。繊細すぎる心と溢れんばかりの才能で、心身をすり減らしながら作品を作っていたと思うので、そんな彼の孤独と苦闘が本作最大のモチーフとなっていきそうです」と気になる内容について触れた。斉藤は「今、半分くらい楽曲を作ったんですが、こんなに早く筆が進むのは初めて。この作品の音楽は今風の楽曲と1960年代の時代の音楽を混ぜて、楽しめるようにしたい」と構想を語り、朝月は「これから荻田たちといろいろ話し合ってイヴ・サンローランに恥じない衣装デザインを、私の生涯最高の作品というくらいの気持ちで作らせていただきます」と敬意を込めた。

IMG_7545s

イヴ・サンローラン役を演じる東山は、最初に本作の話を聞いた時、「イヴ・サンローラン役が僕と聞いて『えっ、誰がやるって?』」と聞きなおしたとのこと。そして「Wキャストの海宝さん、安寿さんをはじめ素晴らしいキャストの皆と一緒に素晴らしい作品を作りたい」と意気込みを見せた。同じくイヴ・サンローラン役を演じる海宝は「ミュージカルでサンローランが歌うというのを想像していなかった。東山さんとはこれまでもご一緒したことはありますが、二人とも持ち味が違いますから、この二人がWキャストというと果たしてどうなっていくのか楽しみです。フランスの世界観、サンローランの魅力を余すところなくお伝えしたいです。イヴ・サンローランが似合う男になりたい」と笑顔を見せた。

IMG_7569s

ピエール・ベルジェ役の上原は「イヴ・サンローランはもちろん知っていましたが、ピエール・ベルジェという人物はこの作品のお話をいただいてから初めて知りました。実在の人物を演じますので、敬意を持って誠実に向き合って作っていきたいです」と語る。ベルジェとクリスチャン・ディオール役を務める大山は「新しく作る作品の中で二つの役を演じる事ができるのは大変だと思いますが、光栄な事。ベルジェはイヴ・サンローランをずっと支え続けてきた人物。僕もこの作品の支えになれる役者として舞台に立ちたいと思います」と背筋を伸ばし、ディオール役ほか複数役を演じる川原は「身が引き締まる想いです」と語っていた。

IMG_7576s

ココ・シャネル、イヴ・サンローランの母ルシエンヌ役ほかを演じる安寿は「30年近くフランスに行っているフランス好きの私がシャネルを演じられることが個人的に本当に嬉しいです。また、日本の演出家の中でももっともスリリングな演出をなさる荻田の作品にまた出演できることがとても楽しみです」と微笑んだ。

実在のカリスマを演じるにあたっての役作りは?という質問に、東山は「まずはこの役のために髪をバッサリ切りました!また荻田からは『よしくん(=東山)独特の“オラオラ感”という存在感を消して』と言われまして」と苦笑い。すると荻田はもちろん海宝らキャストも笑い出していた。また海宝は、「パリに行ったとき、イヴ・サンローラン美術館を見学したんですが、たくさんの服が飾ってあって、実際の仕事場を再現しているエリアもあり、センスや感覚、空気感はそう簡単には取り込めないと思うんですが、自分なりに少しでも膨らませながら、役のイメージを作っていけたら」と語った。
会見の最後には、出演者全員が本作のテーマ曲を初披露。


ローラン・ピック氏は「2014年にイヴ・サンローランを題材にした映画が2作発表されましたが、ミュージカルになるのは今回が初めて。日本の皆様にはイヴ・サンローランの世界観とともに、フランスのライフスタイルを感じていただきたい」とアピールし、会見を締めくくっていた。

【公演概要】
ミュージカル『イヴ・ローラン』
公演日程・会場:
2019年2月15日(金)~3月3日(日)よみうり大手町ホール
2019年3月26日(火)阪急中ホール
作・演出:荻田浩一
音楽:斉藤恒芳
衣裳:朝月真次郎
出演:東山義久、海宝直人、上原理生、大山真志、川原一馬、安寿ミラ 他
公式サイト:https://www.yume-monsho.com


 

 

 

 

 

関連記事


Page Up