Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

城田優&Crystal Kayらが熱唱!「希望を分けられるような公演に」 ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』製作発表

2019/2/28 09:19

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

城田優が主演する、ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』日本語版の製作発表が227日(水)に行われ、城田とCrystal Kay、中尾ミエ、前田美波里が出席した。

IMG_2752s

(左から) 中尾ミエ Crystal Kay 城田優 前田美波里

本作は、1972年の初演にてトニー賞5部門を受賞した名作。2013年には新演出版が発表され、トニー賞4部門を受賞した。今回の日本語版では、新演出版を手がけたダイアン・パウエル自らが演出を担当し、本場のクリエイティブ・チームが再集結。迫力ある歌やダンス、アクロバット共に、一人の青年が大人へ成長していく姿を感動的に描く。

IMG_2600s

この日、ブロードウェイ版の衣装で登場した出演者たちは、一般観客も含めた満員の会場で歌唱を初披露。ミュージカル初出演となるCrystal Kayによる「Magic To Do」、中尾と前田による「No Time At All」と続き、最後に城田が「Corner of the Sky」を歌い上げた。

IMG_2569s

主演のピピンを務める城田は「今回、ブロードウェイミュージカルそのままのバージョンが日本に来て、我々日本人キャストでやらせていただくという非常に画期的な公演になっています。見に来て損はさせません。壮大な作品にしっかりとキャストたちが食らいつき、一人でも多くの方に観ていただいて、元気や勇気、やる気、希望を分けられるような公演にしたいと思います」と意気込みを語る。

会見前の歌唱では、珍しくミスをした城田だが、それについて自ら「(自身の)CDにも収録させていただいた、何度も歌わせていただいている曲ですが、今日イチの大失敗しました」と自虐して笑いを取ると、会場に訪れたファンに向かって「今日はゼロ円ですから! 本番ではもっとパフォーマンス精度のあがった、すばらしいものをお見せするとお約束します!」と笑顔を見せた。

IMG_2402s

本作がミュージカル初挑戦となるCrystal Kayはリーディング・プレイヤー役で出演。Kayは「世界トップのエンターテインメント作品でこんなに素晴らしいチャンスをいただけたことにすごく感謝していますし、新しいチャレンジを、友人でもある城田さんとできることが嬉しい」と本作への思いを話す。今回の挑戦は、城田自身から「ミュージカル一緒にやらない?」と携帯でメッセージをもらったことから始まったそうで、「これはもうご縁だと思った。今年はデビュー20周年ですが、今までで一番のチャレンジングなことだと思います。汗水垂らして、必死で『オリジナルのリーディング・プレイヤーより良かった』と言ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

IMG_2465s

また、Wキャストでバーサ役を演じる中尾は「私はこの役にご縁があり、3度目なんですが、今までやった中で一番大変です」と苦笑い。アクロバティックなシーンがあることから、出演するにあたって「懸垂を10回できるようにしておいてください」と注文があったそうで、「毎朝、公園に行って、雲梯にぶら下がっています」と明かした。

IMG_2472s

同じくバーサ役の前田も「若い頃はいろいろな役が来ていて、いろいろなダンスもやったけれど、もう来ないだろうと(いう年齢になったと)思ったら、こんな役が来てしまった」と本音をのぞかせながらも、「稽古をしていて、できないこともあるかもしれない。でも、挑戦します。失敗するかもしれないけれど、それが自分。神様がくださった素敵な役だと思います」とやる気をみなぎらせた。

IMG_2692s

ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』は以下の日程で上演。
6月10日(月)〜30日(日) 東京・東急シアターオーブ
7月6日(土)〜7日(日) 愛知県芸術劇場
7月12日(金)〜15日(月・祝) 大阪・オリックス劇場
7月20日(土)〜21日(日) 静岡市清水文化会館マリナート


 

 

 

関連記事


Page Up