Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

斎藤工、「松田聖子さんの声に鼓膜がとっても幸せな気持ちになりました」 映画『家族のレシピ』ふるまいスープ付き上映会

2019/3/29 09:11

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

3 月 9 日より全国公開中の日仏シンガポール合作映画『家族のレシピ』。主演・斎藤工とヒロイン役・松田聖子、初の 2 ショットによる“ふるまいスープ”付き上映会舞台挨拶が3月28日(木)、シネマート新宿にて行われた。

319A3245s

本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立 50 周年をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。斎藤工演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走する。共演の松田聖子は、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする。

当日の舞台挨拶は、なんとニッポン放送の名物アナウンサー・垣花正アナの司会で始まった。「ラーメン・テーというのは“ふるまいスープ”のこと。映画を観たら、ものすごく食べたいという気持ちになります。食べたいなと思った味が映画を観終わって後の扉を開けるとスープが待っています」とふるまいスープ付き上映会の趣旨説明を行った。

そして、その嬉しい仕掛けの噂を聞きつけた斎藤&松田が登場すると、「聖子~!」「聖子ちゃん」と男性・女性たちの大歓声が飛んだ。

319A3189s

松田とご一緒した気持ちを聞かれた斎藤は「幸せな撮影の時間を残すことができて、また改めて聖子さんにお会いすることができて嬉しいです」と語り、松田は「久しぶりに斎藤さんにお会いでき嬉しいです」と緊張気味に応えていた。

この後は写真を見ながらのトークになり、1枚目はシンガポールの川辺で二人が並んで座っているシーン。斎藤がこのシーンについて「美樹さん(松田)にお会いしてバクテー(シンガポールのソウルフード)の由来を説明いただいている、とても大事なシーンで、ドキュメンタリーの始まりのようなシーンでした」と解説。一方の松田は「真人さん(斎藤)に『昔はこうだったのよ』って説明するのに、とても緊張したことを覚えています」と振り返った。

319A3175s

父が日本人で母がシンガポール人という真人は、美樹と会う前は声だけの繋がりだった。斎藤は「真人は両親を失うところから物語が始まり、ぽっかりとした穴を自然に埋めてくれるのが美樹さんでしたし、聖子さんの声を聞いたとき、鼓膜がとっても幸せな気持ちになりました。彼が希望を取り戻すのが聖子さんの声だったことを鮮明に覚えています」と振り返った。

そして2枚目はベルリン国際映画祭(2月開催)でのエリック・クー監督を交えた3ショット。監督や斎藤、松田も出席してのディナー付き上映は評判を呼び、チケットは即日完売するほどの盛況ぶりをみせたという。話題はクー監督に飛び、斎藤は「スタッフ陣がみな聖子さんのファンで、クランクアップの際、皆が聖子さんのCDにサインをねだった」ことを披露した。

3枚目はニューヨークタイムズに本作が写真入りで紹介された写真。同紙では「単におなかが減るだけの映画ではなく戦争が残した傷を、食を通じて癒やし、そして赦すという想像していなかった展開に涙する映画」と高く評価している。

319A3215s

この後、ステージ上には、観客の皆さんが上映終了後に味わえる“ラーメン・テー”が用意された。「上映前なので、皆さんには匂いを嗅いでいただくだけなので生き殺しのよう」と恐縮する斎藤が、松田に「一口、味見していただけたら」と差し出し、松田は「本当に美味しいです。このスパイシーな感じが、素晴らしいです」と絶賛。この“ラーメン・テー”は高崎駅前にあるレストラン「高崎自慢」で味わえることも紹介された。

斎藤工主演、松田聖子共演の映画『家族のレシピ』は全国公開中。

関連記事


Page Up