Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

島崎遥香、最も怖いのはジェットコースター!WOWOW初のホラーミステリードラマ『東京二十三区女』女性限定特別試写会

2019/4/6 01:52

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

東京二十三区を舞台にしたWOWOW初のホラーミステリードラマ『東京二十三区女』(412日放送開始)の東京23区在住女性限定特別試写会が45()に、WOWOW本社(東京都港区)で行われ、全話に登場する島崎遥香、岡山天音、そして原作の長江俊和監督が登壇した。

319A8389s

本作は、倉科カナ、安達祐実、桜庭ななみ、壇蜜、中山美穂、島崎遥香が各話の主役を務め、渋谷川の暗渠(あんきょ)、夢の島、東池袋中央公園、縁切榎(板橋本町)など東京に実在する恐怖スポットに足を踏み入れていく。島崎遥香は全話に登場するフリーライターの璃々子を、そして璃々子とともに二十三区を巡る民俗学講師の島野仁を演じている。

319A8194s

島崎は「東京の恐怖スポットを実際に歩きながら、監督から『ここには、昔こういうものがあって』と聞きながら、撮影していたので、撮影中何か起こるのではないかと怖かったです」と語る。また、「縁切榎は絵馬にリアルに書いてあって・・・」と思い出すと、すかさず監督が「本人の名前と、縁を切りたい相手、自分の住所、携帯の番号まで書いてあって。自分が誰なのか神さまに特定してもらわないと、縁が切れないのかなあ」と続ける。島崎は「絵馬に書き終えた方が、私に握手を求めてきて、私はどういう気持ちで握手したらいいのだろうって。でも、握手してよかったなと思いました」と撮影中のエピソードを明かした。

319A8175s

岡山は「撮影中は、とにかくしゃべっていたな。説明台詞が多い役だった。キャラクター的にもなかなか演じたことのない役だったので、普段使っていない脳みその部分を使って演じている感じでした。僕は霊感が全然ないので台詞が出てこないことのほうが怖かったです」と新たな役柄に手応えを感じた様子だった。

東京の恐怖がテーマである本作に因み、一番怖れていることは?と聞かれ、岡山は「孤独ですかね。時間があると一人で過ごすことが多く、最初は好きで一人で過ごしていたんですけど、いつまで一人なんだろうって・・・」と苦笑。そして、島崎は「ジェットコースターです!ジェットコースターが好きな人は、なんで好きなんだろうって。自ら落ちるんですよね。乗ったことがありますけど、内臓が出ちゃいそうです」と周囲を笑わせた。

そして、最後に岡山は「本作は単純に幽霊が出るという話でなく、その土地に伝わる噂や普通に生活していて疑いたくなるようなエッジの効いた新しい作品になっていると思います。毎作テイストが変り、各女優さんが切ない人間ドラマを演じていますので、今後も楽しみにしてください」と語り、島崎は「全6話で、1~5話で気付かなかったことが第6話で何か起こったりするみたいな(笑)。第6話は衝撃的な内容なので、全部見ていただきたいと思います」と本作のアピールで締めくくった。

WOWOWオリジナルドラマ『東京二十三区女』 412日(金)深夜24時スタート!

 

関連記事


Page Up