Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King & Prince の永瀬廉、初主演映画のお披露目に「嬉しくてニヤニヤが止まりません!」と満面の笑み! 映画『うちの執事が言うことには』完成披露試写会

2019/4/18 23:09

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

King & Prince の永瀬廉が初主演する映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が4月18日(木)、東京・EBiS303イベントホールにて行われ、舞台挨拶には、永瀬を筆頭に、共演者の清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、吹越満と久万真路監督が登壇した。永瀬は「やっと公開の日がやってきました。嬉しくてニヤニヤが止まりません!」と喜びを爆発させた。

319A1174s

上段左から:矢柴、吹越、村上、久万監督
下段左から:神尾、神宮寺、永瀬、清原、優希

 

本作は、シリーズ累計発行部数110万部を突破した、高里椎奈の同名小説を映画化。上流階級の名家・烏丸家の御曹司で第27代当主・花穎(永瀬)が、仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬(清原)と共に、烏丸家に降りかかる難事件に立ち向かっていく姿が描かれるミステリー・エンタテインメント。烏丸家のセレブな生活も見どころとなっている。

319A0905s

永瀬は「(お披露目する)この時がやっと来たかという気持ちでニヤニヤが止まらない」と満面の笑み。撮影は1年ほど前に行われており、くしくもKing & Prince のデビュー時と重なっていたという。

319A1010s

執事役を務めた清原は「そういう記念すべき時に一緒に作品に携わることができて、嬉しいですね」と笑顔。久万監督は「この1年で若手の皆さんがすごく成長しているので、ある意味懐かしいですけど、フレッシュで生き生きとしているものが撮影できたと思います」と満足そうな様子を見せた。

また、永瀬とKing & Princeのメンバーとして活動する神宮寺は、撮影時を振り返り、「永瀬と彼の家で一緒に(台本の)読み合わせをしました」と話す。セリフ練習のつもりが途中から脱線し、2人でジェンガや人生ゲームで遊んでしまったことも話し、仲良しぶりを明かしていた。

そんな神宮寺について永瀬は、「重要なクライマックスシーンで、ジン(神宮寺)がめちゃくちゃ集中して、『俺に話しかけんなよ』オーラを目いっぱい出していて。そんなジンを初めて見たので、僕も負けじと集中して、お互い瞑想状態で撮影に臨みました」と神宮寺の新たな一面に出会ったことを話した。神宮寺も「とても貴重な経験をさせてもらった。おかげで良いシーンが撮れました」と感謝の気持ちを述べた。

319A0953s

最後に永瀬は「今回、初主演を務めさせていただいて、一番自分のなかで思ったことは、もっと演技を勉強したい。周りのみんなが本当に優しくて、温かかったので、気負わずに演技が出来ました。これからもいろんな役をやって経験を積みたいなと、この映画のおかげで感じました。初主演がこの映画で心から良かったです」と素直な思いを語って、会場から大きな拍手を浴びた。

映画『うちの執事が言うことには』は5月17日より全国公開

関連記事


Page Up