Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

DA PUMP ISSA、「出演できて、本当に嬉しくて涙が出た!」映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』

2019/5/23 20:15

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』と映画『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の制作発表会見が22日、日比谷の帝国ホテルにて行われ、キャストたちは撮影中のエピソードや見どころについて熱く語った。

9J9A6112-2s

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』からは、奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ)、押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ)、大幡しえり(ツクヨミ)、渡邊圭祐(ウォズ/仮面ライダーウォズ)と田崎竜太監督が出席した。

本作は、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」の“本当の最終回”に位置付けされる劇場版。劇中では、主人公・常磐ソウゴがすべてのライドウォッチを集めたとき、歴史の管理者を名乗る集団クォーツァーが現れ、王誕生に隠された大いなる陰謀が明らかになっていく―。

9J9A6187-2s

今作には、人気ダンス&ボーカルグループ「DA PUMP」のメンバー7人全員が歴史の管理者と名乗る謎の集団“クォーツァー”役でゲスト出演。リーダーのISSAが仮面ライダーバールクスを演じており、主題歌も担当している。

ISSAは仮面ライダーの大ファンであることを明かし、「仮面ライダーが大好きで、いつか自分も本当に改造人間になりたいと思っていたので、夢が実現して涙が出ました。それくらい嬉しかった」と感無量な様子。田崎監督に「ちゃんと演技が出来ていましたか?」と心配そうに尋ねると、田崎監督は「大丈夫」としっかりうなづき、DA PUMP7人が出演しているのにダンスシーンが無いことにも触れ「体を動かすこと(ダンス)に真摯に取り組んできた方々は、リズム感や、観客の目がどこにいくかという感覚が培われている。それは知らないうちにお芝居するうえでも武器になっていると思う」とDA PUMPの演技を称賛し、ISSAを喜ばせた。他のDA PUMPのメンバーたちは「国民的な映画に出演できてみんなに自慢できる……」と出演を大喜び。

主人公の仮面ライダージオウ/常盤ソウゴを演じる奥野は「見どころがたくさんある作品です。この映画は、僕たちキャスト含めスタッフさんも、全力で魂を込めて撮影に臨みました。何度も足を運んで観てください!」と力強くアピールした。

9J9A6207-2s

また、『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』からは、一ノ瀬颯(コウ/リュウソウレッド)、綱啓永(メルト/リュウソウブルー)、尾碕真花(アスナ/リュウソウピンク)、小原唯和(トワ/リュウソウグリーン)、岸田タツヤ(バンバ/リュウソウブラック)、兵頭功海(カナロ/リュウソウゴールド)、金城茉奈(龍井うい)、吹越満(龍井尚久)、6500万年前のリュウソウ族役で、ゲスト出演する北原里英(ユノ)、佐野史郎(ヴァルマ)、上堀内佳寿也監督が出席した。

9J9A6056-2s

ゲスト俳優の佐野は出演を喜び(戦隊シリーズには3度目のゲスト出演となる)、「こういう(特撮の)世界が大好きです」と話し、今後も出演のオファーが来ても「喜んで出演したい。特に悪役が希望です」とリクエストしていた。ヴァルマの娘・ユノ役を務めた北原も「小さい頃から見ていた憧れの戦隊ものに出演できて、嬉しい!」と喜びを爆発させていた。

9J9A5948-2s9J9A5973-2s

 「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」は、726日から全国公開。

 

関連記事


Page Up