Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パク・ヨンハ、フィルムコンサート開催!母が感謝の挨拶

2011/6/26 09:30

パク・ヨンハ、フィルムコンサート開催!母が感謝の挨拶

昨年6月30日、韓国のみならず、日本・アジアでも絶大な人気を博していたパク・ヨンハの突然の訃報が届いてから、早くも1年。

在りし日のパク・ヨンハのコンサート映像に触れたフィルムコンサートが、全国9か所で開催。ヨンハを想い、計25,000人のファンが来場し、その人気は衰えを見せない。

6月22日、東京国際フォーラムホールCにて東京最終公演が行われ、パク・ヨンハの遺族も来日。甥っ子のチソン君、姉のパク・ヘヨンさん、ヨンハの大親友の俳優で歌手のパク・クァンヒョンも会場に姿をみせた。2004年の日本デビューから6年間に渡る日本での数々の活動や、素晴らしい功績に感謝をこめセレモニーが執り行われ、母親のオ・ヨンランさんに所属会社のポニーキャニオンから記念の盾が贈られた。オ・ヨンランさんは、「皆さん、こんにちは。パク・ヨンハの母です。」と挨拶し、「ヨンハが私たちのそばを離れてもう一年になります。いつの間に一年が過ぎてしまったのだという思いです。ヨンハが去って今まで苦痛を分け合いながら、ヨンハを記憶できる数々のことができるように力になって下さった各関係者の皆様に深く感謝申します。また、いつも一途な気持ちでヨンハと家族に愛と関心を送って下さるファンの皆さんに深く感謝申し上げます。」と気持ちを伝えた。「未だに、ヨンハが日本のどこかでコンサートの準備をしているようです。今にも『お母さん』と言って電話をかけてくる気がして、1日に何度も何度も電話を見てしまう日々です。今この瞬間、亡くなった夫とヨンハにとても会いたいです。」と声を詰まらせ涙をこらえて話す姿に、会場からは目頭を押さえすすり泣く声も。最後は日本語で「ありがとうございます。」と深々と頭を下げた。セレモニーの後、『パク・ヨンハ FILMS 2004~2010 ☆ WE Love Yong Ha』と題し、フィルムコンサートが行われた。まるで、そこにヨンハがいるかのようなコンサート。ファンは青いペンライトを振り、「ヨンハ~」と声をかける。全17曲のライブ映像の他、インタビュー、メイキング、思い出のハワイ・・・等々。中でも甥っ子のチソン君との微笑ましい映像は、ヨンハの優しさがあふれ出ていて心が締めつけられた。

ヨンハの最後のメッセージは、「サランヘヨ、ヨロブン。愛しています。」だった。ファンはいつまでも「ヨンハ~」「ありがとう!」「サランヘヨ~!」と声をあげ、大きな拍手を送っていた。6月30日に韓国(ソウル)・薬泉寺と墓石のあるブンダンメモリアルパークで、一周忌法要が行われ、日本からも1,200名あまりのファンが参列する予定。また、ヨンハの生い立ちから亡くなる当日までを回想した母オ・ヨンランさんの著書『息子よ―真実のパク・ヨンハ』(角川書店)及び、今回のフィルムコンサートの収益の一部を東日本大震災被害者への義損金として寄付されることになった。一周忌を終えてもなお、パク・ヨンハを想うファンの気持ちは変わらない。パク・ヨンハは、いつまでも私たちの心に生き続けている。★2011年8月10日DVD「PARK YONG HA STORY True Actor,True Artist」発売

(発売元:KBS Medoa 販売元:ポニーキャニオン)

★2011年8月26日DVD「パク・ヨンハ もうひとつの物語~メイキング オブ ザ・スリングショット 男の物語~」発売(ポニーキャニオン)

★2011年9月8日~13日「パク・ヨンハForever展~最愛の息子よ~」

 新宿高島屋にて開催。

★2011年9月21日~26日「パク・ヨンハForever展~最愛の息子よ~」

 松坂屋名古屋店にて開催。

関連記事


Page Up