Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

舞台『黒白珠』開幕!松下優也、平間壮一が双子の兄弟、そして家族の情景を描く

2019/6/8 15:39

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、舞台『黒白珠』が67日に初日の幕を開けた。本作は1990年代の長崎を舞台に、双子の兄弟とその家族が、逃れられない運命をもがきながらも紡いでゆく、愛と葛藤の家族の物語。ジョン・スタインベックの名作「エデンの東」をモチーフとし、人間群像を繊細に描くことに定評のある青木豪が書き下ろし、演出は河原雅彦が務める。

9J9A7185-2s

左から 村井國夫 平間壮一 松下優也 風間杜夫 高橋惠子

主人公の双子の兄弟を演じるのは松下優也と平間壮一。河原が演出を務めた『THE ALUCARD SHOW』以来の共演となる。このほか風間杜夫、高橋惠子、村井國夫といったベテラン陣や、清水くるみ、平田敦子、植本純米、青谷優衣が二人の主人公を支える。

9J9A7264-2s

ゲネプロに先駆けて行われた囲み会見には松下、平間、村井、高橋、風間が出席し、今の心境を語った。

兄の勇役の松下は初日を目前にして「緊張しきれていない感じです。今まで(稽古で)やってきた事や本番をやって、それがどうお客様に感じてもらうかを一番楽しみにしています」と語った。また弟の光役の平間は「いろいろありまして(笑)ここまできてやっと初日を開けられるようになってよかったと思います」、二人の父・大地役の風間は平間の言葉を受けつつ「台本とかの直しもありましたが、一丸となってこの日を迎えられて嬉しいです」と述べ、母・純子役の高橋は「私たちが作り上げてきたものが、お客様にどんな風に感じていただけるのか、楽しみであり、また緊張するところです」と笑顔を浮かべた。そして大地のはとこにあたる英光役の村井は「朝令暮改のような台本で、次の日の朝には違っているという、いろいろな試行錯誤を重ねての一月の稽古を経て、今日はどうなるか。まして70いくつにもにもなって、台詞が変わっていくっていうのは大変ですが、それが実ってくれるのを楽しみにしています」と笑いながら語った。

9J9A7307-2s9J9A7316-2s

松下と平間は、今回双子の兄弟役を演じるにあたり「56年前に舞台で共演させてもらって、そこからすごい仲のいい友達みたいな感覚」と松下が心境を語ると平間も「自然にね」と合いの手を打つ。「見た目は全然似てないですが」と身長差を強調しつつ、「稽古場では芝居のことをいっぱい話して。(平間)壮ちゃんもいっぱい話してくれて俺が聞いている時も聞いてない時もあって(笑)本当に楽しくやれています」と松下が語ると思わず平間が笑い出していた。

9J9A7326-2s9J9A7372-2s

今回二人が得意としているミュージカルやダンスパフォーマンスではなく、ストレートプレイに挑む事について問われると、松下は「歌ったり踊ったりはないですが、お芝居の中では結構動いているんです。自分の役柄的にも、喋る時の手振りがすごいので芝居として楽しいです」とニッコリ。「歌も踊りもないということで稽古場で一切汗をかかないということに対する不安はありますが、それくらい?」、平間も「苦手意識っていうのはなく、これだけの方々と一緒にやらせていただいて、そこの安心感でしょうか、下手なものは下手で全力でやって助けてもらおうという気持ちで」と姿勢を見せると、その言葉に村井は「本当に二人はよくやっています!感心するくらいです」と褒め、高橋も「熱心よね」と感心していた。

9J9A7388-2s9J9A7442-2s

9J9A7456-2s

なお、長崎が舞台という事でキャストを悩ませたのは長崎弁による台詞。松下は「僕はもともと関西弁。標準語でお芝居をすること自体、話し慣れない言葉を話している感じだったので、方言を話すことに関しては、違和感はないかも」という一方で、風間は「僕は苦労しています、ものすごく難しいです。長崎公演があるので……その時にバレなきゃ(大丈夫)」と苦笑いを浮かべると「風間さん、久留米公演もあるから」と周りに突っ込まれ、「久留米じゃ(近いので)バレちゃうか!」とさらに大きく笑っていた。

9J9A7287-2s

舞台『黒白珠』は東京公演は23日まで。その後以下の日程で上演される。

兵庫公演:2019628()30() 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
愛知公演:201976()7() 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
長崎公演:2019710() 長崎ブリックホール
久留米公演:2019713()14() 久留米シティプラザ ザ・グランドホール


 

関連記事


Page Up