Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

柚希礼音と実咲凜音、世界に先駆けて上演される新作ロックミュージカルにパワー全開で挑む!!A New Musical「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」

2019/6/22 15:26

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

ブロードウェイの新進気鋭ソングライティング・コンビと日本のクリエイティブ・チームが、新作ロックミュージカルを共作し、世界に先駆け上演するA New Musical「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」。このプロジェクトに参加し、出演する柚希礼音と、実咲凜音がSPOT用レコーディング中の合間をぬってインタビューで抱負を語ってくれた。

9J9A5441-3s

本舞台には、アメリカから新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニー、日本から日本版脚本・演出の板垣恭一をはじめとする豪華クリエイティブチームが集結。実話をもとに自由を求め、信念を持って闘った女性達の物語が展開するウーマンパワーミュージカル。

取材前にレコーディング風景を少しだけ覗かせていただくという幸運が舞い降りた。その感激が覚めやらぬままのインタビューとなった。

9J9A5274-4s

時代感あふれる衣裳をつけてのビジュアル撮影はすんだものの、本格的な稽古に入る前。SPOTで使用する楽曲の歌稽古を先に行ったそう。女性の権利を求めて労働争議を率いた実在の女性サラ・バグリー役に挑戦する柚希は、「いつもとはちょっと違っていて、歌い方も”芯”のある感じで、歌唱指導をうけています。自分の声帯にあった歌い方があるというのを知って、衝撃がありました」。

実咲は「今回のような”リズム感”のある歌を歌うのは珍しいですね」とコメント。新しい挑戦に目を輝かせる。

9J9A5327-4s

柚希は元宝塚歌劇団星組トップスター、実咲は元宝塚歌劇団宙組トップ娘役、先輩後輩の間柄だ。愛称で呼び合っているという2人だが、実咲は先輩柚希との共演に「今回のような作品でのちゃんとした共演は初めてで、夢のようです。今後の稽古が楽しみです」と喜びを隠せない。また、「ちえさんは特別なスターさん。宝塚をやめられてからもエネルギッシュでいつも圧倒される舞台を演じられていて。」と憧れの眼差しを向ける。そんな実咲の絶賛の声に柚希はちょっと照れながら「えらいなぁ~みりおんは―」と優しいまなざしを向ける。同作には2人の先輩でもある剣 幸も出演しており、柚希は「(剣さんは)共演された方皆さんが好きになると聞いています。優しくて、面倒みがいい方という話を聞きます。共演が楽しみです」。実咲は「雲の上の存在の方。学ぶことが多いと思います」と興奮がおさまらない。

9J9A5310-3s

サラ(柚希)とぶつかり合いながらも固い友情を結ぶハリエット・ファーリー役のソニンの印象については柚希は「同じ事務所なので、会うたびにいろんなことを教えてくれます。彼女からいろんな刺激を受けながら(自分が)学んでいければいいなって(笑)」。実咲は「ソニンさんは力強い歌声が魅力。共演できるご縁に感謝したい」と話した。

今年で芸歴 20 周年を迎えた柚希は新たな挑戦に意欲を燃やす。「この一年はいろいろなことに挑戦しました。やってきて、やっぱりミュージカルが一番好きかも……。最後にこの作品で締められるのが嬉しい。新しい自分を見つけるつもりで頑張ります」と力強く宣言した。実咲も「今までとは違う一面を見てもらえるように頑張ります。いろんな方との出会いをプラスに成長したい」と2人は新たな挑戦に熱い意欲をみせる。本格的な稽古に向けて、柚希も実咲も「女性が観て『スゴイ!』と思ってもらえたら……」とメッセージを送った。

ほかの共演陣には清水くるみ、石田ニコルのほか、2人の先輩でもある剣 幸、戸井勝海や原田優一ら実力派や平野 良、猪塚健太、谷口ゆうな、 能條愛未らなどの若手俳優たちが集結し、舞台を盛り上げる。世界初演の新作ロックミュージカルに相応しい個性豊かな俳優陣が集結している。(文・福住佐知子)

9J9A5386-3s

A New MusicalFACTORY GIRLS ~私が描く物語~」

925()109()東京・TBS赤坂ACTシアター
1025()1027()大阪・梅田芸術劇場メインホール

関連記事


Page Up