Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ登壇!WOWOW『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』 完成披露試写会

2019/6/26 14:40

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

WOWOW『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』の完成披露試写会が625()、都内で行われた。本作は湊かなえによる短編集(6)で、各話に主演した寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、および吉田康弘監督(1,2,5話担当)、滝本憲吾監督(3,4,6話担当)、さらには原作者の湊かなえが登壇した。(第6話主演の伊藤歩は欠席)

319A8836s

後段左から:中村ゆり、倉科カナ、吉田監督、滝本監督
前列左から:湊かなえ、寺島しのぶ、足立区、清原果耶

 

本作は、人間の情念をえぐり取るように、母と娘(第1&2話)、姉と妹(第6話)、そして友人(第4話)、男と女(第3話、第5話)の複雑な関係が描かれ、直木賞候補作となった湊かなえによる傑作短編ミステリー。

319A8800s

1話「ポイズンドーター」&第2話「ホーリーマザー」で母・佳香役を演じた寺島は「今、毒親、毒娘という言葉が流行っていると聞いて、台本を読ませていただいたんですが非常に難しかったです。自分が毒親というのではなく、その人自身が気付いていない毒みたいなものがあるのかなと思いながら、どうやってやればいいか手探りのままスタートしたんですけれど・・・」と語るが、現場の雰囲気は「スタッフさんは現場ではほぼ90%が関西人で、ダークな話でしたけど、楽しい現場でした。やったことに対し、こうなんじゃないかとワンシーンずつディスカッションするのは久しぶりでした」と満足げ。そして「母と娘の天秤をどちらが悪毒に偏らないよう、絶妙なバランスを全員野球で創りあげた作品だと思います」と胸を張る。ただ、作品自体の感想については「相変わらず、自分の出た作品は見ないので・・・」とコメントした。

319A8712s

寺島の娘で女優・弓香を演じた足立は「ドラマの中のドラマがあるんですけど、(寺島と)一緒に見なければいけないキスシーンがあったとき、『これ、どうなの?恥ずかしくないの?』って寺島さんに言われたのがすごく記憶に残っています(笑)。私は平気で見れるタイプなんです(笑)。でも、結構悩みながらの撮影だったんですが、監督と寺島さんに監督と寺島さんに支えられました」と振り返った。

319A8694s

3話「罪深き女」で真実と妄想の境界線を行き来する女性・幸奈を演じた清原は、「幸奈は強くて真っ直ぐな女の子ではあるんですけど、何かアクションを起こす度に、そのアクションに愛が詰まりすぎていて、短期間の撮影だったのでとにかく労力を使いました」と吐露した。

319A8636s

4話「ベストフレンド」の中村は、「凉香さんは脚本家を目指していて、目の前にどうやっても敵わないすごい才能の女性が現れて、嫉妬心の中で夢を追いかける女性で、すごく黒いことを考える。けれども、誰もが思ったことのある感情なんだろうと思って共感できました」と語り、二人の監督について「個人的には十何年か前に女優をやり始めた頃、井筒監督(2007年『パッチギ!Love&Peace』)の元、二人が助監督で、横で頑張れって言ってくれた二人なので、この作品に出られるのが嬉しくて。みごとな監督ぶりでした」と讃辞を贈った。

319A8726s

そして第5話「優しい人」の倉科は、「撮影中は、とても苦しかったです。『優しいとは何か』という価値観が揺らぐような作品。優しすぎて犯罪を犯してしまうという、優しいとは何か?をあらためて考え、現場にいても、世の中は回っているのに、自分だけ置いていかれる感覚、疎外感を感じました・・・。でも、現場は楽しかったです(笑)」と、それぞれが演じる難しさを語り、演じきった満足感に浸っている様子だった。

このあと、原作者の湊かなえがサプライズで登壇。「この作品は元々6つの話が独立しているが、WOWOWのドラマは豪華な映画が6本あるようなもの、しかもそれぞれ関連があり、豪華の一言に尽きる。作品については、皆あんまり幸せにならない人ですけど、この中に悪人は一人もいません。どこかでボタンの掛け違いがあったり、足を踏み外してしまったということを見ている方はどなたかに寄り添わせることが出来ると思うし、男性だったら女性の誰かを思い浮かべるはずなので、どこか自分の世界の延長として作品を楽しんでいただきたいです」と作品への思いを語った。

76日スタート 毎週土曜よる10時よりWOWOWプライムにて放送(全6話)
※第1話無料放送


 

関連記事


Page Up