Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

板垣瑞生、吉柳咲良との初キスシーンで「めっちゃ 歯磨いた!」と告白。 映画『初恋ロスタイム』

2019/9/21 22:28

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『初恋ロスタイム』の公開初日舞台挨拶が9月20日、新宿バルト9にて行われ、キャストの板垣瑞生(M!LK)、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督が登壇した。当日はキャスト陣が登場時に時が止まる“ロスタイム現象”を再現して会場を沸かせた。

s-RanRan1IMG_5430-1s

本作は、仁科裕貴の同名小説を実写映画化。あらゆるものが突然静止する不思議な現象“ロスタイム”を体験する男女の姿がファンタジックに描かれる切ないラブストーリー。今作で映画初主演を務める板垣と大ヒット中のアニメ『天気の子』で天野凪役を好演している吉柳が、映画初出演を果たして共演した。

s-RanRan3IMG_5351s

板垣は「この日を迎えられて、すごく幸せ。本当にありがとうございます!」と初主演の喜びを爆発させる。「この映画が皆さんの日常生活を少しでも楽しくできたら嬉しいです」と客席に熱い思いを伝えた。

s-RanRan4IMG_5394a

吉柳は、オファーをもらった時、「自分に出来るのだろうか、不安もありました。でも私が演じた時音は明るくて自分の意思をちゃんと持っている女の子で、そんな時音に背中を押してもらう気持ちで前向きに取り組むことが出来ました」と感慨深げに撮影時を振り返った。

s-RanRan5IMG_5414s

そんな二人と共演している竹内は、「2人とも初主演に初出演でしょ。尊敬するな。僕なんか、初めての時は、ヤバかったよ! 『仮面ライダードライブ』の映画版で、ライダーの変身シーンで力みすぎて体が反ってしまったんだよ」と自身の自虐ネタを披露して2人の緊張をほぐし、奮闘を称えた。

また、MCから撮影現場での思い出のシーンを聞かれると、竹内は吉柳に「キスは? キスシーンがあったよね?みんな聞きたいと思うから、そこは聞かせて」と詰め寄り、吉柳を照れさせた。さらに竹内は、板垣には「歯は磨いた? 僕、『青空エール』の初キスシーンの時、めっちゃ歯磨いたよ!」とグイグイ突っ込みを入れてトークを盛り上げた。板垣は「めっちゃ磨いた!」と話し、会場に笑いを誘った。

河合監督は主演の2人に、「2人を見ていると、まぶしくて、まぶしくて……。照明の助けがいらないくらいのキラキラを発してくれた」と板垣と吉柳のフレッシュな演技を絶賛していた。

最後に吉柳は、「いろんな要素がいっぱい詰まっている作品です。人が誰かのために頑張る姿は、こんなに素敵なんだと感じていただければ……。一歩を踏み出す勇気の大切さを教えてくれる作品です」とコメントし、板垣は、「いろいろな人に愛してもらっている作品で、多くの人にとってスタートになる映画だと思います」とメッセージを伝えた。

映画『初恋ロスタイム』は全国で上映中。

関連記事


Page Up