Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

井澤巧麻&佐奈宏紀&谷水力&蒼木陣らが見せる「青春グラフィティ」 SUNPLUS第1回公演「SUMMER BAZAAR」公開舞台稽古

2019/10/20 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

SUNPLUS第1回公演「SUMMER BAZAAR」の公開舞台稽古が10月18日(金)に行われ、蒼木陣、井澤巧麻、佐伯亮、佐奈宏紀、谷水力、野口準、平野宏周、丸山隼、水田達貴、三井理陽、山形匠による「青春グラフィティ」とも呼べる高校生たちのドラマを披露した。

IMG_8355sIMG_7702s

SUNPLUSは2015 年に結成された、サンミュージックに所属する若手男性俳優で構成される、11人からなるユニット。今回の公演は、彼らが初めてメンバー11人だけで作り上げるもので、オリジナル脚本による会話劇となっている。舞台となるのは、寮制の男子校。思春期ならではの人間関係の悩みや、家族との摩擦、将来への不安など、様々な事情を抱える高校生たちの心の内が次第に露呈し、そこから一歩を踏み出すまでの葛藤を描く。

IMG_7183sIMG_7559s

公開舞台稽古では、ユニットの第1回公演とは思えないほど、完成度の高い芝居が披露された。メンバーそれぞれが舞台など、ユニット以外の場でも活躍していることからも、その演技力は確かなものがある。そして、次第に関係性を深める高校生たちを、ユニットを通してすでに絆が出来上がっているキャストたちが演じることで、説得力のある作品に仕上がっていた。中でも寮生の秋吉風太(井澤)、脇坂淳之介(佐伯)、堀 尊(佐奈)、小山内正人(谷水)、そして通いの学生である宮野優平(山形)の5人は物語を引っ張っていく役割となっており、それだけに丁寧な演技が要求されるが、細やかな感情の機微まですくい取って演じていることがうかがえた。

IMG_7828sIMG_7844sIMG_8243sIMG_8339sIMG_8417s

それぞれが決して簡単に解決できるものではない悩みを胸に抱きながらも、物語の最後には前を向き、強く生きようとする秋吉をはじめとした高校生たち。その姿から、観客も一歩を踏み出す勇気をもらえることだろう。

IMG_8446s

SUNPLUS 第1回公演『SUMMER BAZAAR ~夏の終わり~』は、2019年10月18日(金)~10月27日(日)に東京・新宿村LIVEで上演。

 

関連記事


Page Up