Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Kis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永 初主演の舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」開幕!

2020/2/9 21:53

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」が29()、東京グローブ座にて開幕を迎える。主演はKis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人。スペシャルユニット「舞祭組」を結成するなど、個性派アイドルとして独特な存在感を放つ4人が名を連ねて初の舞台主演を務める。

本公演の初日に先駆け、横尾・千賀によるSide”と、宮田・二階堂によるSide”のそれぞれが上演するプレスコール及び囲み取材が行われ、囲み取材には、横尾、宮田、二階堂、千賀、そして共演の高橋ひとみ、坂田聡(ジョビジョバ)が登壇した。

319A9617s

左から:坂田聡、二階堂高嗣、宮田俊哉、横尾渉、千賀健永、高橋ひとみ

 

本作は、プロカメラマンを目指している敏幸と兄を支えながらバイトをする陽左志(ひさし)が、ある選択によって全く違う「末路」へと進んでいく様が“月Side(敏幸:横尾、陽左志:千賀)”と“海Side(敏幸:宮田、陽左志:二階堂)”の二通りに描かれる。315()までの期間中、“月Side”、“海Side”各20公演が行われる。

319A9358s【月Side、海Side共通:ラーメン屋の店内】左から:中村涼子、由地慶伍、米千晴、真凛

 

自宅の1階にあるラーメン屋に、15年前に母親と離婚し出て行った父親(坂田)の姿を見つけるが、その日二人には、敏幸の被写体モデル候補の面接という大事な用件があった。ここまでは“月Side”、“海Side”とも同じストーリーだが、“月Side”では父親に声を掛けずに面接に向かい、“海Side”では面接をキャンセルし父親に声を掛ける。

319A9644s

プレスコールを終え、囲み取材に臨んだキャストたち。ストーリーが全く違う2パターンについて、千賀は「(稽古も)完全に、別々ですね。途中まで一緒なんですけど、あるきっかけで、そんな末路に行ってしまうんだと、ビックリはありましたね」と語る。二階堂は「楽屋で宮田(Side)さんが、(同じ敏幸役で月Side)横尾さんのお芝居を観て、『オレ、もう分んなくなっちゃってる!』って()」とある種の混乱状態になったことを明かす。宮田は「そうなんですよ。途中まで脚本が同じなのに、自分が捉えてきた敏幸とは、こんなにも違うんだって思いました」と打ち明け、横尾は「最初にやらせてもらってよかった。このあと、月Sideで初日を迎えるんですが、(Sideの公演は)あんまり観ないようにしよう」と笑わせた。

319A9642s

月Sideの公演を観るかどうかを 「ちょっと悩んでいます」と言う宮田に対して、二階堂は「月Sideの稽古を、坂田(海Sideに出演)さんが観ていて、大笑い。観たいです」。坂田は「(自分が)全然出来ていないので、観させてもらおうと思った。ひとみさんと共演すると思った」と語るが、モデル候補の母親役を演じる高橋は月Sideのみの出演となる。          

二組の兄弟ということで、元々末っ子キャラの千賀は「普段から、(横尾を)お兄ちゃん的なポジションって思っているので、すぐに入れました。こっち(宮田・二階堂組)のほうが難しかったのかなと思います」と相手チームを気遣う。二階堂は「宮田俊哉自体がお兄ちゃん観ゼロじゃないですか(笑)。この話をいただいて以来、Kis-My-Ft2の宮田俊哉、舞祭組(ブサイク)の宮田俊哉というより、お兄ちゃん宮田俊哉って常日頃から思っていました」と苦労の程を披露。さらに、二階堂は「お兄ちゃんを引っ張っていく弟という意味では、すごくはまっていますね」と自画自賛した。

本作に絡めて、“4人の人生で大きな選択だったことは”と聞かれ、二階堂が「Kis-My-Ft2のデビューももちろん選択ですし、それ以上に『舞祭組』が出来きて、この4人が『舞祭組』として活躍できたことが大きな選択だったと思います」、横尾も「それがあったからこそ、前足の3人(北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太)、7人でKis-My-Ft2があるので、本当によかったと思います」と振り返った。

そして、千賀が「ぼくら、舞台は挑戦したことがなかったので、すごい楽しみにしていますし、どんどんこの4人でいろいろ挑戦していきたい。(本舞台について)たくさんの笑顔を届けられるよう、最後までやりきりたい。是非観に来てください」と締めくくった。

2月9日(日)~3月15日(日) 東京グローブ座にて全40公演(月Side、海Side 各20公演)  
公式サイト:https://matsuro-stage.com

319A9292s【月Side:面接のシーン】左から:佐野舞香、高橋ひとみ

319A9561s【海Side:ラーメン屋から出た父親】坂田聡

関連記事


Page Up