桜田通「そろそろ佐藤健と共演したい」カレンダー『あえて。』発売記念イベント開催!

2020/2/24 09:16

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

俳優の桜田通が、2月23日(日)にHMV&BOOKS SHIBUYAで「『あえて。』CALENDAR 2020.4 - 2021.3」の発売記念イベントを行った。桜田は2019年、ドラマ『パーフェクトクライム』、『わたし、定時で帰ります。』、『コーヒー&バニラ』などで注目を集め、今最も勢いのある俳優の一人である。

9J9A0007-2s

カレンダーのタイトル『あえて。』には、“あえてやってみる”という意味が込められている。「10代後半から20代にかけてかっこいい雰囲気の役をやらせていただくことがあって、自分としては、自分のキャラと違うなと思っていた時期を経て、20代がもうすぐ終わろうとしている今、“あえて”そういうシチュエーションを自らの手で残そうと思ったのです。2019年は『コーヒー&バニラ』『パーフェクトクライム』でスマートな、ちょっとかっこいい男性を演じる機会が多かったので、今だったらこういうものを出しても言い訳できるかなと思って、“あえて”出してみました」と説明。

去年演じた役は自分にとっては意外な役だったが、音楽活動のライブツアーに来たお客様がそういうかっこいいキャラクター姿を見て、来てくださったりしているので、ほんとにやって良かったと思っているという。

9J9A0191-2s

カレンダーの中のお気に入りの一枚は、カフェラテを飲んでいる写真。めちゃ、カフェラテが好きで飲んでいることと、服、光の感じ、すべて好きな条件が揃ったそう。

そして、「今回のカメラマンさんは『コーヒー&バニラ』の時にオフショットやSNS用写真を撮ってくださった方なのですが、その現場でカレンダー撮影についても依頼したんです。『コーヒー&バニラ』の世界観が初めての経験で刺激的なもので、新しい自分に出会えたので、カレンダーの裏テーマとして、記念として写真に残したいなと思ったんです。自分にとって思い入れのある写真になりましたし、これはその一枚です」と続けた。

9J9A0097-2s

カレンダーに使う写真の選定は相談しながらしたそうだが、出したくなかった写真もあるかと問われ、「ありますよ。服着てないのなんかいやですよ」と笑った。その写真をスタッフが手渡すと、取材カメラマンが一斉にシャッターを切り、桜田は「すごい、シャッター」と驚いていた。この写真の出来栄えについては、ノーコメントでいかせていただきます、と答えた。

今回はやりたくないこともやるというのを最初から決めていたといい、『あえて。』というタイトルつけて撮るからには、保守的なものになるのは嫌だったそうだ。

9J9A0185-2s

今後挑戦してみたい役について、「去年が、自分と正反対な役で、演じるのを構築することにこだわった一年だったので、今年は、自分が思っていること、考えていることに近いことを言うような、感情だけは自分のままで出られる、いわばドキュメントに近いリアルな言葉を話す役に出会いたいです」と語った。共演したい人は?と問われ、「同じ事務所ですけれども、佐藤健君はやっぱりすごく素敵な役者さんだな思っているので、彼とはそろそろまたやってみたいなと思っています」と話した。

9J9A0016-2s

最後に、カレンダーの出来に点数をつけるとしたら、「今回はあえて、100点です。100点取ったのでもうやらないです。後悔無いです。」と決意を語った。

ファンに向けて、「今年一年、このカレンダーを見て元気になりました、という人がいるなら出してみようと思って出したので、そういった方々に届けばいいなと思っています」とメッセージを送った。

会見の終わりに、コロナウイルスの感染拡大について問われ、「イベント中止や、開催検討中のものもありますが、何より来てくださる方々やイベントに関わる人たちへのケアが一番だと思っているので、そういうことを考えながら決めていきたいです。」と話した。

 

桜田通「あえて。」CALENDAR 2020.4 – 2021.3
発行元:アミューズ
【発売日】2020年 2月
【価格】2,600円(税込)

関連記事


Page Up