吉高由里子、横浜流星にハッピーバースデー! 映画『きみの瞳(め)が問いかけている』完成報告イベント

2020/9/16 09:39

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』の完成報告イベントが9月15日(火)に東京・イイノホールで行われ、W主演の吉高由里子、横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇、全国45人のファンの方がリモートで参加し、登壇者との対話を楽しんだ。

 

319A4440s

本作は、不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、過去のある事件をきっかけに未来を失い、心を閉ざした元キックボクサー・塁(横浜)の純愛物語で、10月15日(木)に先行上映、そして10月23日(金)より全国公開される。

 

319A4203s

吉高と横浜は初共演。吉高は「初めてお会いしたのが、監督と流星くんと3人での焼き肉屋。(横浜は)画面で見るより、実物の方が落ち着いて見えるというか、(ドラマでの)ピンクの髪のイメージが強かったせいか・・・。しっかりしているし、落ち着いて、真面目にいろんなことを考えている方だと思った。23歳とは思えない」と言い、一方の横浜は「焼き肉に行ったときは、ちょっと緊張していました。僕は(吉高を)テレビで観てた側なので・・・。でも、いい意味でテレビのまんまというか、明るくてすごく元気で、場の空気を和ませてくれる方。最初は、人見知りなので心の壁を閉じていたんですけど、見事に開けられました(笑)。現場でも吉高さんが引っ張ってくれたので、何度も助けられました」とお互いを讃え合った。

 

319A4415s

監督は「短い(撮影)スケジュールのなか、吉高さんがいれば大丈夫だという安心感がありました」とする一方、「今回は、アクションを撮るのがすごい楽しみで、しかも極真空手の中学生世界チャンピオンだったこともある、素晴らしい素質の持ち主である横浜くんとアクションが撮れるというのはワクワク感しかなかったですね」と振り返った。

吉高は視力を失った女性を演じるにあたり、「視覚障害者の方に、何日かかけて、所作を教えていただきました。お料理の仕方とか、お家にいるときは電気を付けずにいたりとか、視覚障害者用の杖を持って家の周りで練習しました」と苦労談を明かす。

横浜も「キックボクサーの指導の方に、キックボクシングのけり方、パンチの打ち方をイチから学んびました。極真空手とは全然違うので、ひとつひとつ修正する作業をして・・・。あとは、体を大きくしようというので、1ヶ月で10キロ増量しました」と、ビックリ発言。監督も「脂肪10キロも大変なのに、筋肉10キロですからねえ」。

 

319A4137s

完成した映画を観た感想について、吉高は「三木監督だからできたのかなと改めて思いました。監督の思っていた温かさが反映されている画が多かったなと感じました」、横浜は「すごく美しい映画だなと思いました。BTSの劇中歌、主題歌も切なくて、美しくて、二人の恋愛も繊細でなにか哀しくて、全ての美しさが重なって本当に“美”という感じの美しい映画だと感じました」と“美”を連発。

そして、嬉しい話題として、本作が来月開催の『第25回釜山国際映画祭』の特別上映作品として正式出品が決定!吉高は「釜山の空気感が好きで、行きたかったんですけど、日本で韓国料理を食べながら、反応を楽しみに待っていたいと思います」と残念そう。監督は「オリジナル版が韓国映画というのもありますし、主題歌がBTS。韓国と縁がある作品と思いますし、映画を通じて国際交流できることを嬉しく思います」とコメントした。

 

319A4315s319A4345s

この後は、吉高発信の企画、“明日16日が横浜流星さんのお誕生日”。バースデーケーキも登場し、1日早いバースデーを皆でお祝いした。途中で、吉高がカンペをのぞき込むというハプニングもあったが、横浜は「めちゃくちゃ嬉しいです!24歳になります。こんな幸せな前日誕生日はないです!」と嬉しさいっぱいだった。

カンペがよく見えなかったという吉高は「最近、番宣とかで急に振られたときに、焦っちゃうと、視界が歪むんです。これって、明香里の影響が入っているんじゃないかな」と心配顔だった。いずれにしろ、サプライズは大成功!

 

319A4142s

イベントはさらに続く。キャストとリモートで繋がった45人が対話するコーナーでは、吉高が「本作に因んで、塁みたいなちょっと影のある男性に惹かれるか?それとも明るいタイプが好きか?どちらに惹かれるか?」と投げかける。45人の答えは半々。

では横浜は?「僕自身は、明るいというよりも、おとなしくて、芯があるみたいな人に惹かれます」と回答。吉高は「私はちょっと圏外でしたね」と苦笑。横浜は「最近、占いをしてもらいまして、『あなたは、そういう子に惹かれるかもしれないけれど、明るくて、元気な子の方が合うよ』って」と必死に弁解していた。

 

319A4125s

また、監督からの質問で「今まさに想いを伝えたいけれど、なかなか想いが伝えられないという意中の人がいますか?」には半分の人が“いる!”と回答。そのなかの一人に「お相手はどんな人か?」を聞いてみると、「(相手は)横浜流星くんで~す!」と回答。楽しいイベントも幕を閉じた。

関連記事


Page Up