多部未華子、皆さんが分らないなりに演じているのが分って安心!映画『空に住む』完成披露舞台挨拶

2020/10/4 22:49

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『空に住む』の完成披露舞台挨拶が10月4日(日)に都内で行われ、主演の多部未華子、共演の岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、鶴見辰吾、永瀬正敏、岩下尚史、髙橋洋、そして青山真治監督が登壇した。本イベントは無観客で行われ、その模様は配給のアスミック・エースのアカウントにより生配信された。

 

319A9206s

後段左から:岩下尚史、鶴見辰吾、永瀬正敏、髙橋洋
前段左から:青山真治監督、美村里江、多部未華子、岸井ゆきの、岩田剛典

 

本作のストーリーの原点になったのは、J-POP界を牽引する作詞家・小竹正人が手掛けた同名小説で、原作とともに誕生した楽曲「空に住む~Living in your sky~」(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主題歌。郊外の古民家作りに出版社に勤める直実(多部)は、両親の急死という出来事を受け止めきれないまま、大都会を見下ろすタワーマンションの高層階で愛猫と暮らし始め、現実の中で葛藤しながらそれぞれの未来に向かって歩き出す現代女性の様が描かれる。

 

319A9175s

多部は青山監督について「監督とは撮影中もほとんどコミュニケーションを取らなかったので、未だに監督がどういう方なのか分らないです。大人のキャストに囲まれて、監督ともほとんど静かに、落ち着いた空気感の中で撮影しました」と語り、直実役について「感情が表に出ない、一言では説明できないキャラクター。何を言っているのか分らないところがいっぱいあったんですが、難しいながらも、こういう感じかなと、演じながら掴んでいきました」と振り返った。

 

319A8958s

岩田は自身が演じるスター俳優の時戸について、「すごい変な人だなと思った。台詞も独特の言い回しだったり、自分のワールドを持っているスター俳優の役でしたので、自分の中では悩んだんですが・・・。複雑な二面性を持っている、自分も少なからずこの世界にいて、現実と表とのギャップみたいな共感できる部分を見つけられたので、現場の雰囲気に任せて演じました」とコメント。さらに、「(自身と)共通する部分があるって言いたくない役なんですけど(笑)。本当にひどいヤツだなと思って脚本を読ませていただきましたが、多分寂しいんだろうなと思って演じました」と撮影時の複雑な心の内を明かした。

 

319A9119s

ワケあり妊婦の後輩を演じた岸井は「(古民家作りの出版社でのシーンで)多部さんとの交流したシチュエーションで、私が多部さんと接しているのと、役として接しているのではあまり差がない。休憩時間に時戸さん(岩田)が載っている雑誌を見ていたのが、映画のシーンなのかそうでないのか曖昧になるくらい映像の部分と休憩の部分に差がなくて、撮影現場にいること自体が映画だった印象があります」と打ち明けた。

 

319A9071s319A9141s

年の離れた、直実の叔父夫婦役を演じた美村は「(妻の)明日子はちょっと理解できない、親戚にいたら苦手かもというタイプ。彼女の狡いところ、ネガティブなものって何だろうって、撮影が終わる頃には理解が深まったのでよかったかなと思っています」と演じることがかなり困難だったことを明かした。

美村の夫役を演じた鶴見は「私は天使として明日子を幸せにしているとばかり思っていて、映画を観たらこんなに悩んでいたんだとショックを受けました」と苦笑。さらに鶴見は、「(直実は)多部さん以外に演じきれない役。多部さんが監督から具体的な指示を受けた印象がないとおっしゃってた。青山監督が何も言わないでも演技が成立した。青山さんはそういう演出方法でして、結局相手の一番良いものを出させちゃう数少ない才能を持っている監督なんです」と監督と多部を絶賛。

青山監督は「(3人の女優さんが)シナリオを読み込んで、分るとか分らないとか考えながら自分の役を作っていらっしゃる。考えながら演じるというのは、(演じるのが)好きな人ばっかりなんです。そういうのを見ていて、僕は幸せでしたし、それをスクリーンにリサイズして皆さんにお届けするって、映画っていいもんですねと言わざるを得ないです」と映画製作の持論を披露した。

 

319A9251ss

多部は「皆さんが分らないなら分らないなりに演じているのが、分って安心しました。私の中では100%理解できることが全てだとは思っていなくて、分らないなりにもがき苦しんで現場に立っている。人間って100あったら100全部分かることではないと思っているので、『そういう現場でも、大丈夫だよ』とおっしゃる監督とご一緒できてよかったなと思います」としみじみ語った。

また、監督から見た岩田さんは?と聞かれた青山監督は「岩田さんは、岩田さんという人間として生きている上で、すごく聡明な人。それを周囲が感じ取って人に伝えるということを、皆にさせてしまうタイプの人。これが岩田っていうことを世間に教えさせる不思議な才能を持っている。それが岩田さんだと思います」と称賛の言葉。岩田は「もったいないお言葉です」とひたすら恐縮していた。

 

319A9106s

その岩田に関し、エレベータの中で出会う直実と時戸。実際にそのシチュエーションだったら恋に落ちるかと問われた女性陣。美村は「岩田さんの風貌だと、誠実さがにじみ出ているので、大丈夫かなと思うんですけど、そうじゃない男性だとセキュリティボタン探しますよ」、多部も「見た目が岩田さんだからいいけど・・・、安心感があります」と3人が同調。岩田は「どうリアクションしていいか分らないですね」と当惑気味だった。

そして、最後に多部は「本作はいろいろな見方があるので、皆さん、思い思いに観ていただければと思います」、青山監督は「今日、皆さんの話を聞いて分ったことは、多分この映画はどんな映画だか分らないだろうということ。それでいいと思います。そして最後に一言、『人生は冒険だ!』。ますます分らないと思いますが、それで結構です。楽しみにしてください。『人生は冒険です!』」と締めくくった。

映画『それに住む』は、10月23日(金)より全国ロードショー!

 

関連記事


Page Up