吉高由里子、久しぶりの恋愛映画は苦手だし、似合わない・・・ 映画『きみの瞳が問いかけている』先行上映舞台挨拶

2020/10/15 20:12

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

10月23日(金)より全国公開される映画『きみの瞳が問いかけている』の先行上映舞台挨拶が、10月15日(木)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、W主演を務めた吉高由里子と横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇した。当イベントは、コロナ禍以降初の舞台挨拶ということで、登壇者は皆々喜びを噛みしめていた。

 

319A0520s

本作は、不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、過去のある事件をきっかけに未来を失い、心を閉ざした元キックボクサー・塁(横浜)の純愛物語。

久方ぶりの恋愛映画出演となる吉高は「私にとって苦手だし、似合わないし・・・(苦笑)。意識的なのか、無意識なのか避けてきたんですけど、今回は三木監督ですし、相手も横浜流星君ということで、心強いなと思って楽しくやらせていただきました」と語り、三木監督も「『僕等がいた』以来、大人のラブストーリーを何年かぶりにご一緒できるのは嬉しかった」と語った。

塁を演じた横浜は「人を想うこととか愛について、すごく考えさせられましたし、自分にも大切な人ができたときに塁のような人間になりたいというリスペクトの心をもって演っていました。男としてカッコいいです」と振り返った。

 

319A0472s

吉高、横浜ふたりの相性について、三木監督は「(横浜の)強い意志を持って自分の気持ちを貫く姿と、それをやさしく包み込む吉高さんの空気感がよくマッチングしていたし、(カメラが)回っていないところの空気感も素敵でした」と絶賛。カメラが回っていないときには、吉高は横浜に対し「ひととおり家のことを話したり、写真を撮ったり、顔交換アプリ(で遊んだり)とか(笑)。ぎゃーぎゃー叫びながら笑っているような写真ばかり」と撮影時を懐かしんでいた。

三木監督は「そういう距離感の掴み方が、吉高さんはさすがだなあ。スケジュールがタイトなので張り詰めた空気になっているのを吉高さんが和まそうとするんですよ。でも、皆自分の仕事に必死だから、だれもツッコまなくて、逆に拗ねるみたいな(笑)。その中で、戸惑う横浜君が可愛かったです」と撮影風景の和やかな1ページを明かした。

MCから「吉高さんはいつもそんな感じなんですか?」と問われ、吉高が「“いつも”とか言わないでください!」とキッパリ。「また変なこと書かれるじゃないですか。(面白いことをしようとして)放っておかれるのが一番寂しいです」と愚痴っていた。

 

319A0497s

続いての“私だけが知っている吉高あるいは横浜の素顔”のコーナーでは、吉高が横浜の新たな一面を紹介。「(横浜は)普段落ち着いていてキャピキャピな感じじゃないんですけど、焼き芋屋のクルマが通ったときのテンションのバカ上がり方にはビックリ!こんなにはしゃぐ子だったの?って言うぐらいに、『焼き芋、焼き芋』って。何回でも買ってあげたくなる顔で食べていたのが印象的でした」と焼き芋事件を暴露。さらに吉高は「(横浜は)カワイイものが好きで、カービィが好きだよね。私はぬいぐるみをプレゼントしました。羽生結弦さんのプーさんみたい(笑)」と意外な素顔を披露した。

 

 319A0375s

一方の横浜は吉高について、「太陽みたいな人なんです。現場の皆さんに癒やしも安らぎも光も与えてくれる人。皆のことを思ってやってくれる、気遣いの方なんです」と全てが絶賛だった。

そして三木監督から見えた二人について、「横浜さんは、撮影に向けてパンプアップして筋肉だけ10Kg増やすほどに頑張ってくれたんですけど、ムキムキな対戦相手が撮影に入る直前までパンプアップしているのを見て、流星さん“ヤバい!”って、隣りでパンプアップしだして、立ち向かっていく感じが可愛いなと思った」と語り、吉高については「明香里(吉高)さんの塁(横浜)のパーカーをかぶって、シャドーボクシングをするメチャメチャ可愛いシーンがあるんですけど、リハーサルからものすごく照れていて、本番のときカットをかけないで、ずっと回して見てましたね(笑)」と振り返った。

吉高は「(そのときは)全然カットをかけてくれなくて、マットに沈むと言うか、ベッドに沈んで(もう勘弁してと)撃沈でしたね」と三木監督に恨み節。そして、シャドーボクシングに照れる理由を「彼がいなくなって、彼のパーカーを着て、シャドーボクシングの真似をする彼女!家で、ひとりでおるかあ?って言うような・・・」、ちょっと間を置いて、「その要素あるねえ。足の先から、ザアッと掻き集めた!」と納得していた。

 

319A0382s

最後に、三木監督は「吉高さんには感謝していて・・・。(自身長編の)2作目にご一緒したときに、不安があって、カラオケに行ったあとに、『監督のこと、信頼してますから!』って言ってくれて以来、ずっと信頼していて、(今作も)大舟に乗った気持ちだった」と本作に自信たっぷりの様子だった。

 

本作をご覧になり、11月15日までにハッシュタグ付きSNS(#きみのめ語ろう)で感想などを投稿した方の中から抽選で、吉高由里子・横浜流星と感想を語り合える『きみのめを語る会 at ONLINE』に参加できることが告知された。

映画『きみの瞳が問いかけている』は、10月23日(金)全国ロードショー

関連記事


Page Up