Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2PM、神宮外苑花火大会に登場!!

2011/8/11 10:57

8月6日、東京・明治神宮外苑において「日刊スポーツ主催・東日本大震災復興チャリティー2011 神宮外苑花火大会 ~日本を元気にする花火 ~」が開催された。

 都会のド真ん中に位置するスタジアム(神宮球場・神宮軟式球場・秩父宮ラグビー場・国立競技場)を開放(有料)し、ゆったり座ってナイター気分で楽しめる、この神宮外苑花火大会は東京の夏の風物詩。2011年で32年目を迎えた今回は、スターマイン(連続花火)を中心に1万発を打ち上げ、過去最高となる11万1,207人を動員した。

 神宮外苑花火大会には、各会場で行われるライブが欠かせない。今年も、豪華な出演者が登場し、大迫力のライブが展開された。秩父宮ラグビー場では、SUPER☆GiRLS、CODE-V、U-KISS、ももいろクローバーZ、2PMの日韓アーティストたちが、キュートなパフォーマンスや、パワフルなステージで会場を盛り上げた。U-KISSのドンホは、椅子に座ってステージにあがり驚かせたが、「ダンスの練習中に足を怪我しましたが、早く良くなるので心配しないで!」とファンに声をかけた。ライブのトリを務めたのは、K-POP界の「野獣アイドル」2PM!!

黒のスーツでシックに決め、大歓声のなか登場すると、ニューシングル「I’m your man」(8月17日リリース)を初披露した。“より男らしく、より力強く”と彼らの魅力を最大限に引き出す楽曲で、ダンス中に外したネクタイを手にして踊る<ネクタイダンス>に会場が沸き、シャツの胸元をいっせいにはだけると悲鳴にも似た歓声が響きわたった。よりワイルドでハードで、セクシーなダンスを見せつけ会場のファンを魅了した。「新曲を初めて披露しましたが、どうでしたか?」と客席に尋ねると、すかさず「かっこいい~!」と返事がかえってきた。

「皆さん、暑い中だいじょうぶですか?」「最初はちょっと緊張していましたが、皆さんの応援のおかげで頑張れました。僕たちのパフォーマンスで少しでも元気になってほしいです。」と伝え笑顔をみせた。

さらに、「Without U ‐Japanese ver」や「Heartbeat‐Japanese ver」で、会場はヒートアップ。衣装を変えて再びステージに登場し、飛行機ダンスで話題を集めた「Take off」と、韓国でリリースしたばかりの新曲「Hands Up」を披露した。なお、「Hands Up ~JAPAN SPECIAL EDITTION ~」は、8月17日発売予定。

 また、2PMは、韓国の所属事務所JYPが実施する「JYP NATION in Japan 2011」で次なるステージを踏む。8月17日(水)、8月18日(木)にさいたまスーパーアリーナで開催され、JYPエンターテインメントの所属アーティストが出演。さらにパワーアップした2PMのステージが楽しみだ。

 ライブの後は、夜空に広がる花火が会場を照らしていた。

photo:Yasuhiko Akiyama

関連記事


Page Up