のん・主演 映画『私をくいとめて』公開記念舞台挨拶 脳内相談役“A”の声役は中村倫也!

2020/12/19 21:43

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『私をくいとめて』の公開記念舞台挨拶が12月19日(土)、テアトル新宿にて行われ、主演・のん、共演の林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛、そして大九明子監督が登壇した。

 

319A7917s

本作は、綿矢りさの同名小説を映画化。脳内に相談役“A”を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)が、年下営業マン・多田くん(林遣都)と出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれる。

 

319A7563s

脳内相談役“A”の声を担当した中村倫也との演技について、のんは「事前に“A”の声を収録していただいていて、それを流していただきながらの掛け合いの演技でした。“A”と音声さんとの三人芝居でした」と振り返った。さらに、「待ち時間に皆が話しているときは、“A”の声を出してくれたり、楽しく撮影させていただきました。すばらしい返事がたくさんあって、とてもいい声でした」と振り返った。

 

319A7678s

大九組初参加の林は、「(想像していなかった演出が飛び交う現場だったことについて)撮影が終わって、アフレコに入るとき(監督から)『歌を覚えてきてほしい』と言われたり、現場でも急に『ザッパーンって言って』とか、全部がどういうものになるんだろうというワクワク感があって、何の疑いもなくやらせていただきました」と話す。特に印象に残っていることは「みつ子と二人で旅行に行くことが決まって、その買い物に行く洋服屋の駐車場で、監督に言われたのが『駐車場で好きなように走り回って!』。どういうことなのか、自分のなかでかみ砕いて、こんなことができるのは映画しかないと思って、暴走しました。勢いよく走ってタイヤが乗り上げるみたいな(笑)。こんな楽しいシーンばかりでした」と撮影秘話を明かした。

みつ子の先輩・ノゾミを演じた臼田も「ノゾミはとにかくイケメンが好きなので、(自分の)好きなことに置き換えたら、そうなるなと想像して演じました。私も大久監督の急な演出としてイケメン・カーターを見たときに食べているランチのお味噌汁で口をすすぐという、とても上品ではない行為をさせていただきましたし、監督の演出のもと、(しっかりと)演じました」とコメント。若林は「ノゾミに惚れられるという一生分の贅沢を味わせていただきました。(役作りは)伸び上がるようなモデル歩きみたいな・・・」と楽しい撮影を振り返っていた。

原作には出てこない女上司を演じた片桐は「のんさんとは長い付き合いで、親戚のおばさんみたいな気持ちで応援しているんですけど、上司という役をやらせていただいて、しかも30歳になったのんさんにいろいろと感慨を持ちながら演りました」と話すと、のんは「片桐さん、メチャメチャ格好よかったです」と絶賛していた。

 

319A7816s

そして、親友・皐月役の橋本は「原作では能面昭和顔の笑わない皐月とみつ子のシュールな関係性が素敵だなと思っていましたが、さすがに笑顔がないと難しいと思って、原作よりはにこやかになっていると思います」と役作りへの工夫も明かした。

ここで、「もし“A”がいたら、どんな悩みを相談したいですか?」と聞かれたのん。「すごく話しべたなんですけど、初めて会った方と『えっ、今日会ったんだよね!?』っていうくらい一瞬で仲良くなれるにはどうしたらいいかなと」と答えると、脳内相談役“A”を演じた中村倫也が「あたなの悩みに、私がスッキリ回答いたします。もうすでに答えは出ているんじゃないですか?ゆっくりと下手(しもて)を見てください。次に上手(かみて)を見てください。ね、分かりましたね」と声のみ参加。さらに「いやあ、今までずっと口止めされていたんです。口止めの意味があったのかいと思いながら。今日こうやって解禁され、うれしいです」と中村倫也自身の落ち着いた声が流れた。ステージ上では、全然スッキリしない解決方法に不満気味だったが。

完成した作品を観て、中村は「とっても楽しく拝見させていただきました。女性だけじゃないんですかね、男である僕も『ああ、こういう時あるな』と。僕自身の中にも脳内相談役“A”はいるなと思いながら、寄り添う気持ちで観させていただきました」とコメント。“A”の外見については、「ちょっとね…違う“ともや”(前野朋哉)がいたぞと。おや?むっちり白肌の“ともや”(前野朋哉)がいたぞと。非常に笑わせていただきました。意外だったんじゃないでしょうか」と笑いを誘った。

 

319A7920s

最後に大九監督は「“A”もようやく解禁となり、やっと中村倫也の素晴らしさを皆に吹聴することができてホッとしております。“Wともや”ということで、海に登場する朋哉も大好きですし、脳内の倫也も等しく愛しております。世の中に苦々しい思いですが、せめて映画館に足を運んでいただいたときは、ほっこりゆったりという気持ちで楽しんでいただければと思います」と締めくくった。

映画『私をくいとめて』(配給:日活)は全国公開中。©2020『私をくいとめて』製作委員会

関連記事


Page Up