塚田僚一、4年ぶりの主演舞台、東京公演開幕! 「なんとしても、全公演、無事に終える」

2021/1/22 06:00

取材:記事/RanRanEntertainment
写真/RanRanEntertainment・オフィシャル

 

舞台『Mogut』〜ハリネズミホテルへようこそ〜東京開幕直前取材&公開ゲネプロが1月21日(木)に、東京都内で行われ、塚田僚一(A.B.C—Z)と細見大輔、菅原りこ、田村雄一、辰巳琢郎、演出の鈴木勝秀が登壇した。

IMG_0997s

細見大輔 菅原りこ 塚田僚一 辰巳琢郎 田村雄一 鈴木(演出)

 

本作は、ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』などを手がけた鈴木舞の原作を元に、おとぎ話に軽快な大人テイストを盛り込み、舞台オリジナルのロック・ミュージックを織り交ぜたハードで純粋なエンターテインメント作品。

 

photosession1s

主演のモグー役の塚田は「このタイミングでステージに立たせていただけることは、本当にありがたいと思っています。なんとしても、全公演、無事に終える。それ以下でも、それ以上でもなく、それを目指しています。スタッフ一丸となって頑張っています」とあいさつ。

 

IMG_0939s

4年ぶりの主演舞台への心境を聞かれると「最初は不安もあったのですが、稽古を積み重ねていくうちに、稽古に行きたいって(思いが強くなった)。お芝居って楽しいなと改めて感じました。楽しいがどんどん更新していて今になっているので、ステージに立てるということが本当にありがたいし、嬉しいです」と思いを寄せた。

 

AAC00287rs

ハリネズミのシェフ役の細見は「ソーシャルディスタンスを最大限に活かした作りになっているので、役者同士が接触することはほぼありませんが、(その状況でも)持てる力を出し尽くして頑張っています」とコメント。

 

AAC00112rs

菅原は「いよいよ本番を迎えるということで身が引き締まる思いですが、このキャストさんとスタッフさんと最後まで駆け抜けていけるように頑張っていきます」、田村は「バカなことをバカなりに真剣にやっておりますので、ぜひ皆さんもバカになって90分間、全力で楽しんでいたければと思います」とそれぞれ本作への思いを語った。

 

AAC00081rs

ホテル支配人役を演じる辰巳は「こういう時期だからこそ、こういう明るいお芝居や未来に向けてのお芝居が必要だと思っています。舞台芸術は、決して不要不急のものではない。そう信じてやっていこうと思います」と力強く語ると、「子どもさんにも楽しめる、理解できる作品です。かつ、舞台の良さ、熱を伝えられるお芝居です。生の良さを感じていただければ」とアピールした。

 

AAC00497rs

本作は、1月15日〜17日にすでに大阪公演を無事に成功させており、21日は東京での初日となる。塚田は、大阪公演の手応えを聞かれると「(新型コロナの対策として、観客が)笑い声を発することはできませんが、楽しんでくれているな、ワクワクしてくれているなというのは伝わってきました。(東京でも)多くの人に楽しんでもらいたいと思います」と笑顔を見せた。

 

AAC00214rs

AAC00554rs

また、大阪では「劇場とホテルの往復だった」というが、「公演を終えて、無事に終えられてよかったという達成感」が最大の楽しみだったという塚田。稽古場では「マスクして、メガネみたいなフェイスシールドをするのですが、アクロバットをするとフェイスシールドが取れちゃうんで、どうやって取れないようにするかという楽しみも見つけていました」そうで、「この状況だからこそ、皆さん、大変な思いをして工夫もされて、乗り越えている。乗り越えるのもすごく楽しい」と話した。

 

MIE03169s

今回は、グループではなく、単独での主演となるため、心細さはないかと聞かれると、「でしゃばりな河合(郁人)がいなくてよかった」と会場の笑いを誘いつつ、「自分1人でもなんとしてでもこの舞台を成功させるんだという思い」があると力を込めた。

 

AAC00340rs

MIE02942rs

さらに、同じジャニーズ事務所に所属するNEWSの加藤シゲアキが執筆した「オルタネート」が「第164回直木賞」に次いで、2020年の「本屋大賞」にもノミネートされたことを受けて、塚田は「色々と執筆しているジャニーズはいっぱいいますが、ここまで切り拓いていったのはすごいと思うし、刺激を受けます。本屋大賞というと、実写になる(作品が多い)印象があるので、もし、実写になって、モグラ役があったらいつでもいけるのでよろしくお願いします!」とコメントを寄せた。

舞台『Mogut』~ハリネズミホテルへようこそ~は、1月21日(木)~31日(日)に東京・品川プリンスホテル ステラボールで上演。

©︎「Mogut」製作委員会/岩田えり

 

関連記事


Page Up