明日海りお×千葉雄大 ミュージカル『ポーの一族』東京公演開幕!

2021/2/3 06:00

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/オフィシャル

2月2日(火)午後、東京国際フォーラム ホールCにて3日(水)より東京公演の初日を迎えるミュージカル『ポーの一族』のゲネプロが行われた。

jTTfkZycs

©岸隆子(Studio Elenish )

1月26日まで梅田芸術劇場メインホールで公演され好評を博し、3日より東京公演が開幕する。

1972年に「別冊少女コミック」で発表され、少女漫画の枠を超えて幅広い層に愛され続けている萩尾望都の伝説的名作「ポーの一族」を舞台化。小池修一郎が脚本・演出を担当し、2018年に宝塚歌劇団花組にて初演され、今回3年の時を経て主人公のエドガー・ポーツネルを好演した明日海りおが、退団後の初舞台で再びエドガー役に、エドガーと運命を共にするアラン・トワイライト役はミュージカル初挑戦の千葉雄大、同じくミュージカル初挑戦の歌舞伎俳優・中村橋之助に加え、福井晶一、涼風真世ら豪華な顔触れがそろっている。

今回はライブ配信の追加開催、大千秋楽公演ではライブ配信に加え、国内60館の映画館でライブ・ビューイング、台湾6館の映画館への生中継、台湾・香港への生配信が行われる。


4uRleBaMs

XpKQFOzgs

ストーリー

イギリスの片田舎―森の奥に捨てられた幼い兄妹エドガーとメリーベルは、館に住む老ハンナに拾われ育てられる。老ハンナたちポーの一族は、永遠の時を生きる「バンパネラ」の一族であった。正体を見破った村人に取り囲まれた時、ポーの一族を率いる大老ポーは、存続の危機を救うためエドガーを無理矢理仲間に加えてしまう。こうしてエドガーは、妹メリーベルも一族に加え、ポーツネル男爵とその妻シーラを養父母として長い時を生きることとなる。

時は流れ、4人は新興の港町ブラックプールに姿を現す。男爵とシーラは、港町で診療所を開く医師、ジャン・クリフォードを仲間にしようと目論む。そこでエドガーは、町一番の名家、トワイライト家の跡取りアランと宿命的な出会いを果たすのだった・・・。


8kgnZxfM-(1)a

piPx7lBQs

2RKjcyAIs

ミュージカル・ゴシック 『ポーの一族』
◇原作:萩尾望都 「ポーの一族」   (小学館フラワーコミックス)◇脚本・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
◇出演:明日海りお  千葉雄大  ほか
◇大阪公演:2021年1月  梅田芸術劇場メインホール
◇東京公演:2021年2月   東京国際フォーラムホールC
◇企画・制作・主催:梅田芸術劇場
◇協力:宝塚歌劇団
◇公式ウェブサイト:https://ww.umegei.com/poenoichizoku/

【配信日程】

[1] 2021年2月7日(日)12:30 公演
[2] 2021年2月13日(土)12:00 公演 <エドガーアングルバージョン>
[3] 2021年2月13日(土)17:00 公演 <アランアングルバージョン>
[4] 2021年2月28日(日)12:00 公演 大千秋楽!
※アーカイブ配信はございません
「エドガーアングル」「アランアングル」では、それぞれの登場場面をエドガー、アランを中心にお届け!全体&お一人アングル織り交ぜておおくりいたします。
【一般発売日】
2021年1月27日(水)10:00より、各回の開演30分後まで購入可能
【配信チケット料金】
ライブ配信視聴券:4,500円(税込)⇒「Go To イベント」適用で3,600円!
ライブ配信視聴券(公演パンフレットの郵送サービス付き):6,500円(税込)⇒「Go To イベント」適用で5,200円!

【視聴チケット購入ページ】
https://w.pia.jp/t/poenoichizoku/

 

 

関連記事


Page Up