演出・岸谷五朗、“葵わかな&三吉彩花のバランスは最高!” 『The PROM』Produced by 地球ゴージャス製作発表会見

2021/2/17 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

『The PROM』Produced by 地球ゴージャスの製作発表会見が2月16日(火)に都内で行われ、主演・葵わかな、共演の三吉彩花、大黒摩季、草刈民代、保坂知寿、霧矢大夢、佐賀龍彦(LE VELVETS)、TAKE(Skoop On Somebody)、そして岸谷五朗、寺脇康文が登壇した。

 

319A1900s

後列左から:岸谷五朗、佐賀龍彦、霧矢大夢、TAKE、寺脇康文
前列左から:草刈民代、三吉彩花、葵わかな、大黒摩季、保坂知寿

 

本作は、2018年にブロードウェイで開幕し、19年にはトニー賞 7 部門にノミネートされ話題となる。物語の舞台は、アメリカの高校で、卒業生のために開かれるダンスパーティ“プロム”。 レズビアンの主人公エマ(葵)が、様々な人たちとの触れ合いにより、“自分らしく生きる”ことを貫こうと奮闘する姿が描かれる。エマの元に現れる、落ちぶれかけたブロードウェイスター4人の傍若無人な行動に、劇場は笑いの渦に巻き込まれ、ブロードウェイらしい華やかな音楽とダンスシーンに、誰もが手拍子をしたくなるようなハッピーミュージカルとなっている。

岸谷五朗・寺脇康文による演劇ユニット・地球ゴージャスが、日本版として初上演、3月10日(水)より4月13日(火)まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて、5月9日(日)より16日(日)まで大阪・フェスティバルホールにて上演される。

 

319A1465s319A1606s319A1638s

本イベントでは、会見の前に『ZAZZ』、『目立ちたくないのよ!私』、『It’s time to dance』の3曲が披露され、キャストの面々が素敵なアンサンブルを披露した。

日本版脚本・訳詞・演出を手掛け、ブロードウェイスターのバリーを演じる岸谷は「稽古は順調です。すごいミュージカルなので、楽曲の難しさに苦しみ、激しいダンスシーンもあって、それもオリジナル演出で作っている最中で、稽古はなんとか2幕まで行きましたが、気合いは充分です」と自身に発破をかけた。さらに、「2018年、ニューヨークでトニー賞を見ることができて、たくさんの素晴らしい作品がラインナップされているなかで、終わったあとにお客さんが一番いい顔をしていたのがこの作品。そして、日本でこの作品を成功させることがブロードウェイへの恩返しだと思っています」と本作を選んだ経緯を明かした。

 

319A1691s

カップル役を演じる葵と三吉。葵は「エマは物語の間じゅう、複雑な関係に身を置いている役で、エマが当たり前だと思うことを周りが理解してくれない。田舎の女子高生が自分の当たり前を貫くためにどうしたらいいか、エマの強さを表現していきたいと思いますし、アリッサとの恋路をどんどん進めていきたいというキラキラした部分もあって、二人の可愛らしい恋の感じも見せられたらいいなと思います」と役どころを語った。

 

319A1770s

そして、葵とは初共演となる三吉は「初めて稽古場でお会いしたときから、似ているなと思って・・・。だんだんエマとアリッサのカップルぽさが出てきたのはすごくうれしいですけど、(二人とも20代なので)女子高生役としては落ち着いてる。もっとキラキラ、キンキンと失われかけているフレッシュさを出せるよう頑張りたいと思います」と課題を挙げた。

 

319A1862s

岸谷はエマとアリッサのキャスティングについて「二人の絶妙なバランスが必要で、(イベント告知の)フライヤー撮影のとき、衣装を着た二人を見て、本当にガッツポーズしました!これは日本版のエマとアリッサだと」と満足げに語り、エマの役は「本当に可愛らしいレズビアンの女の子。その彼女が実はすごく芯が強くなければいけない。少し図々しくないといけない。それがなかなか難しくて、わかなちゃんはこんなお饅頭みたいに可愛いのに、すごく芯が強いんです。わかなちゃんは稽古場でもぐいぐい伸びていて・・・。わかなちゃんも歌えない歌があって、歌唱指導の鬼みたいな先生がいるんですけど、(指導のお陰で)その音が出せるようになって、稽古場では拍手喝采!本当に早く聴かせたいです」と称賛、また三吉彩花については「アミューズの愛すべき後輩。(ドラマ、映画、モデルで活躍しているけれど)、いつか演劇界に引っ張り込んでやろうとずっと思っていたんです。這いつくばって演技するやつをやらせたかった。今は水をもらった木のように伸びていて、身長も伸びた感じです(笑)」とお気に入りの二人を絶賛した。

 

319A1492s

本作に登場するブロードウェイスターを演じるのは、岸谷、寺脇、霧矢、そして大黒と草刈と保坂はトリプル・キャストとしての出演となる。その大黒は「ミュージカルは観るのが専門。青天の霹靂といいましょうか、岸谷さんからお誘いを受けて・・・。お稽古の初日に立ち稽古があったんですけど、何せ借てきた猫だし、日本に連れてこられたE.T.みたいな、全てが未知への遭遇です。ぜひ大黒摩季の成長を見守ってください」と笑わせた。また、草刈は「岸谷さんの言葉のセンスと作品が一致していて、これは日本版PROMになると期待しています。ただ、ブロードウェイスターが歌う歌なので、とってもハードルが高いというか、それに挑戦することが観ている方にもエネルギーとして伝わるといいなと思っています」と意気込みを語った。

霧矢は「稽古場ではマスクをしたままなので、久しぶりにマスク無しで歌い、踊らせていただき、開放感に浸ることができました。地球ゴージャスは初めての参加ですが、岸谷さん、寺脇さんが稽古場ではグイグイ引っ張ってくださるので、二人の背中を見て吸収して、ちょても楽しい現場です」と現場での和気藹々ぶりを披露。岸谷は「きりやん(霧矢)は学級委員なんです。一番しっかりしていて・・・、全部教えてくれるんです」とお互い褒め合っていた。

佐賀とTAKEはホーキンス校長役をWキャストで演じている。

 

319A1644s

 

Daiwa House Special Broadway Musical『The PROM』Produced by 地球ゴージャス
東京公演:3月10日(水)~4月13 日(火) TBS赤坂ACTシアター 全36公演
チケット発売日3月10日(水)~3月31日(水)公演分→発売中、4月1日(木)~4月13 日(火)公演分→2月20日(土)10:00~
大阪公演:5月9 日(日)~5月16日(日) フェスティバルホール 全9公演
チケット発売日→3月27日(土)10:00~
公式サイト:https://www.chikyu-gorgeous.jp/the-prom/

関連記事


Page Up