Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ユン・ウネと過ごす とっておきの時間 -EUNHYE MEMORIAL」

2010/10/4 01:00



「コーヒープリンス1号店」や、「宮~Love in Palace」などの作品に出演し、男性女性とわず大人気のユン・ウネが、9月18日東京・中野ゼロ大ホールにて、「ユン・ウネと過ごす とっておきの時間 -EUNHYE MEMORIAL」と題しイベントを開催した。

この日集まった1200人を超えるファンで会場は超満員となった。
会場が暗くなり、ウネの映像が映し出されステージにスポットが当たり、ウネが登場すると割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

「お元気でしたか?アニョハセヨ~。」とウネが挨拶。
この日のウネは白いやわらかめシャツに黒いふんわりミニスカートでゴールドアクセという上品なスタイルで登場。
客席からは「カワイイ~!」って言葉が飛びかい、司会者からも「美しい~」という言葉をかけられたウネだが、すかさず一言「リハーサルでは言ってなかったじゃないですか(笑)」とつっこむ姿に思わず客席からは笑いが。

最初のトークがスタート。

司会者:久しぶりの日本でのファンミーティングは?
ウネ:率直に言うと死にそうなんです。一生懸命やってきたけど、一生懸命やろうとするほど右往左往してしまって。泣き出す一歩直前だけど、皆さんが一緒についてきてくれるなら、笑って過ごせると思います。

司会者:twitterでギターの練習しているのを見ましたよ。
ウネ:がんばっていたんじゃなくて先手を打たせてもらった。上手じゃないのを先に見せてあまり期待しないで来ていただこうと。

司会者:昨年のクリスマスのファンミより大人っぽくなった気がする。
ウネ:本当?あの時は大阪だったから、こちらに来ている大勢の方は来てなかったんじゃないかなと思います。
(大阪にも行った方が大勢挙手していた。)

司会者:昨日来日しましたが、公式来日としてはいつ以来ですか?
ウネ:作品があればプロモーションで来るし、日本に遊びに来たいなっていつも思っているけど、最近忙しくて日本に来られませんでした。今日は、東京に来られて嬉しいです。衣装を買うために、日本に来ることもあります。作品の衣装は、スタイリストさんと相談したり、協賛の衣装を着るけど、買ったほうが良いものがあれば混ぜて着ます。

司会者:今日の衣装は青山スタイル(?)みたいですが、渋谷とかにも行きますよね?
ウネ:新宿、渋谷、原宿がチョアヘヨ。(好きです。)
(東京の街中で、ウネを見かけた方はいなかった。でも、ウネが出歩くときは、こういう服装じゃないとかなんとか。司会の方にリハーサルの服がオシャレだったって言われ、嬉しそうに「ホント?」って日本語でウネ。)

司会者:今年は、熱いですが夏バテ対策のスタミナ源は何ですか?
ウネ:暑いほど、よく食べる。夏になると、普通は肌を出すと思いますが、私は肌を隠してます。

司会者:参鶏湯とか、栄養のつくものがあるけど、特に食べるものは?
ウネ:アイスクリーム!チョアヨ、大好き。(その後に、参鶏湯も食べると言った。)

司会者:チュソクの予定は?
ウネ:家族と一緒に過ごします。この仕事をしていると難しいのですが、なるべく家族と過ごせるように努力しています。

司会者:チュソクは、女性は食事作ったり大変じゃないですか?お母さんの手伝いはしますか?
ウネ:朝寝坊なんですよ。お昼に起きて手伝って、夕方に帰ったら休んで…。

次に共演者・友達からのスペシャルな映像のコーナー。

■ 質問は、「ウネちゃんの第一印象は?」

コン・ユ:「先輩って呼んでくれて、礼儀正しかったです。」(会場からは黄色い声が一番あがっていた。)
イ・ミンギ:「X-manの時一緒で、悪いイメージがないのが短所」。
キム・ヒョンジュン:「人見知りだった。最近のCFでは、クールでサバサバしていた」。
Baby-voxの3人のメンバー:「ウネちゃんが加入してから売れ出した。」「合宿所に来たのが中学3年生で。最初は社長の娘、姪かと思った。90°にお辞儀をして、学校名・何年・何組・何番って挨拶したピュアな子だった。」
カン・ミヨン:「今日何を食べたか思い出せないから、思い出せない…。クマちゃん?!」って。
チュ・ジフン:「テレビで見ていた芸能人だったから不思議。また会いましょう」(会場からは拍手が起きた。)

その後に、同じ質問に対して会場の方からは「カワイイ」「一生懸命なところがステキ」、通訳さん「すごく礼儀正しくて、スタッフ一人一人に挨拶する」、スタッフの方「プロ意識が高い。」とのことだった。

■「ウネちゃんへ、チングからの質問」

チョン・イル:理想の男性のタイプは?
ウネ:私のことが好きなのかな?外見では選ばないと思います、フィーリングかな。Tシャツにジーパンでも。自分に優しく一生懸命で。あと、背も高くて、かっこよくて、お金もあって…。(って、いたずらっ子っぽく冗談を(^^)。)

コンユ:結婚適齢期だけど、一体いつ結婚するんだ?
ウネ:(困った感じで)コン・ユさんが結婚したらする。私より、年上なんだから。本当は25歳までにしたかったけど、すでに2年過ぎてるし、仕事に欲も出てきて…。ドラマでは結構結婚しているのに、実際はなんでできないんだろう?トワジュセヨ。」(手伝ってくださいって…。)

司会者:ドラマで結婚すると、実際の婚期が遅れるって聞いたことはありますが…。
(ウネ、若干ビックリ!)

あとは、ソンギュン、イ・ミンギの質問やメッセージなどなど。

みんなからの素晴らしいメッセージに、ウネは「チングのみんな、ユン・ウネのファンによく見られようとイメージ管理をよくしている。」と冗談まじりでメッセージを送ってくれたチング達を裏切っていた。

ヒョンジュン:彼氏がすねる時はどんな感じで接する?
ウネ:どんな感じでしょう?たぶん、こうするんじゃないかな。(ここで、司会者の腕をツンツンしていたのが、激カワイイ!)

Baby-voxのメンバーからは、厳しい質問が。(仲の良い証拠です(^^)。)
「お酒で酔っているのを見たことがない、酔わないの?」
ウネ:1杯で酔う時もあり、それ以外は酔わずに寝てしまう。周りの人に気をつかうって正気になっちゃうんですが、酔っちゃうときは、一人で飲んでる時か体調が悪い時です。(好きなのは、「純米大吟醸」って日本語で。

「体重何キロ?」
ウネ:知らないんですけど…。45kg!(え~っ!と会場がざわつく)冗談です!絶対違うっていう反応ですよね?
普通は51kgです。太った時でも、体重はあんまり増えないんです。最高でも54kgくらい、作品に入ると49kgくらい。

「昨日どんな夢を見た?」
ウネ:普段よく夢は見るから、現実なのか夢なのか分からなくなったりするんですよ。夢を見たら覚えてるはずだけど、覚えてないから見なかったんだと思う。

「Baby-voxの中で誰が好き?順位で」
ウネ:あ~。やらないとダメですか?メンバーの方が来ているんですよ…。第一位は、第二位は、…。(ウネ、口パクで(^^)その後にメンバーへの感謝の言葉を述べた。)

チュ・ジフン氏:ミュージカルどうして見に来なかったんだ?
ウネ:本当に忙しかったんです。春川に見に行きます!見に行きます~っ!

テンション上がったファンたちに、ウネが「カッコイイ人がたくさん出てきたからじゃないんですか??」と。(いえいえ、素のウネちゃんが見れて嬉しかったんです!)

次のコーナーは、ウネとメモリアルを作ろうという企画で、舞台でウネと「Perhaps Love」をデュエットできるというもの。

当選者は、9/28がお誕生日の男性!男性が舞台にあがってくる時に、ウネが「Happy birthday to you~」と口ずさんでいた。
ウネがリードしつつ見事、歌い終わり、幸運の男性の方は「いつ死んでもいい。」と。ウネとツーショットのポラロイド撮影、ハグ、握手と、素晴らしいメモリーを作ることができたようだ。

ここで急遽ウネからの提案があり、「会場に来て下さった皆さんと一緒に思い出づくりを作りましょう!」ということでフォトセッション・タイムの追加となった。

2部では黄色のAラインミニワンピーススタイルで再登場したウネ。もちろん会場からは「カワイイ~!」の歓声が飛びかう。

2部は、来場のファンからの質問コーナー。

「普段の格好はカジュアル系?スウィート系?」
ウネ:楽な格好が多いです。半ズボンにTシャツとか、シックでも楽な格好が好きです。日本に普段の服も買いに来きますけど、今は円高なので悲しいです。

「恋人がいる人を好きになったら諦める?諦めない?」
ウネ:そういうことはないんですが、その彼の恋人が自分に近い友達なら好きになることはないと思います。万が一、恋人がいるのを知らずに好きになることがあるとしたら、私に対して何らかのアクションしてきたその男の人は悪い人ですよね。

そして、一度退場したウネは、すぐにボルドー色の超ミニワンピで登場!!
突然の衣装変えに会場はおどろきを隠せない様子だったが、すぐに歓声が沸きあがった。
ウネ:「長い時間待ったでしょ?」ととてもうれしそう。
「この準備のために、死ぬ思いをした!」というウネ(笑)。

次の質問は、 「授賞式で着る衣装をデザインすると、どういったデザインにしますか?」

するとウネは、その場でデザイン画を描いた。さすが!絵が得意なウネはスラスラと書いていた。出来上がったのは、ピンクのロングドレスにグリーンの花柄があるドレス。
そして・・・メジャー持ったスタッフがウネさんのウエストとか測り、布でウネちゃんを隠していて、サッと布を取ると…。
その場で一瞬にしてデザイン通りの衣装に早変わり!!
すごいイリュージョンで会場を驚かせた。早着替えで2回も服を変えるマジックを披露した。

続いては絵が上手なウネちゃんの才能を知ろう!というコーナー。

事前に、参加者から誕生日の女性の方、真っ先に手を挙げた男性が選ばれていて、ウネは選ばれたファンを見ないで、いくつか質問の答えから想像で似顔絵を描いてもらうというもの。
「目はどういう感じですか?髪は?口は?」という感じにユネが質問をしながら女性と男性の似顔絵を描いていく。
「う~ん、難しい」と言いながらも結構大胆に書くウネ。
特徴をつかんだとても上手なおもしろい作品に仕上がり、ウネの才能がよく表現されていた。

次のコーナーは、スペシャルゲストの登場!

Baby-voxのビデオが流れて、カン・ミヨンが登場。
ミヨンは、メッセージのVTRの時はショートだったのに、髪が超ロング。
まずは、〝Go〟、次に〝Crazy〟を披露し、迫力のある素晴らしいステージを見せつけた。
2曲目の途中、ウネも登場しミヨンとダンスで共演した。
ミヨンがステージを後にすると、ウネがこの日のために用意した歌のコーナー。
シルバーのミニワンピで登場。照明の関係もあってか、キラキラと輝いていた。

1曲目は日頃から好きな曲だという〝If I Ain’t Got You〟
次に、この日のためにギター練習を必死でした〝Like A Star〟。
「緊張して手に汗をかいてます」と。
緊張がこちらにも伝わってきた。プチミスもあったけど、一生懸命弾いてくれたウネ。歌い終わってすぐ、ウネ「どうしよう(^^;)リズムも、歌詞も、全部間違えたし…」って。
アンコールに、韓国で人気の曲〝I’m in Love〟という曲を歌った。

3曲ともウネが好きなバラードで、彼女の声が会場を包む素晴らしい雰囲気にしていた。

最後は、待ちに待った握手会!!
ウネは最後に、白を基調にした下にかけてピンクのグラデーションがかかった韓服で登場
!!

そして、ファンからウネにメッセージカード入りのファイルと、ファンから集めた写真で作ったモザイクフォトを早い誕生日プレゼントした。
ウネもとても喜んでいた様子(^^)。

全員との握手会を終え最後にウネからファンへのメッセージが送られた。ファンへの感謝の気持ち、次の作品に対する思い、ファンミーティングに対する思いを語ったが、どれも正直なウネの気持ちが表れていた。

イベントは終始ウネの人柄と同じやわらかい雰囲気の中行われ、素のウネがいたるところにあらわれたイベントとなった。



関連記事


Page Up