Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Miss Aら、『日韓交流おまつり』でK-POPコンサート開催!

2011/10/3 11:05

日本と韓国の友好と親善を深め、両国の文化を通じて固い絆を確認するイベント『日韓交流おまつり 2011 in Tokyo』が、10月1日、2日の2日間に渡って、東京・六本木ヒルズアリーナにて開催され、多くの来場者でにぎわった。

 日韓国交正常化40周年を記念して2005年に始まった『日韓交流おまつり』は、今年で3回目を迎えた。今年のテーマは「共存共栄の21世紀」、スローガンは結「ゆい」-ひとを結ぶ、文化を結ぶ、未来を結ぶ-。


会場では、ハングルメッセージTシャツ、ハングル名前ハンカチ作り、韓服試着体験や韓国伝統遊びなど、直接韓国文化にふれあうことのできるコーナーもあり、会場には楽しい笑い声が響きあっていた。また、韓流スターのチャリティーオークションも開催され、2PMやAFTERSCHOOLのサイン入りCDやポスター、キム・ヒョンジュンがステージで着たスーツなど、数多くの出品に大きな反響を呼んだ。なお、売上金は日本赤十字社を通して東日本被害地域に全額寄付されるとのこと。


2日(日)には、K-POPコンサートが行われ、miss A(ミスエイ)、IMALU(イマル)、Girl’s Day(ガールズデイ)、December(ディッセンバー)、J-cera(ジェイセラ)が出演し、熱いステージを繰りひろげた。


トップバッターのMiss Aが登場すると、会場はいきなりヒートアップ。個性あるダンスと歌のパフォーマンスで観客を魅了した。3度目の来日となるメンバーは、「緊張はしませんでした。ファンの方たちと会うのを楽しみにしていました!」「意味のあるステージに立つことが出来て光栄に思います。」と語った。


続いて登場したIMALUは、アコースティック音楽で会場を盛り上げた。「韓国のアーティストと初めて一緒にステージに立つので、とても楽しみにしていました。」とし、「最近は韓国料理にはまっていて、ぜひ近いうちに韓国に行ってみたいです。」と笑顔で伝えた。


抜群の歌唱力をみせつけたのは、J-ceraと、December。ドラマOSTや、3人のコラボも披露した。J-ceraは、「皆さんの歓迎ぶりに感激し、嬉しくて心が温まりました。」と初来日を喜んだ。


トリを飾ったのは、昨年韓国でデビューし、日本でも注目を集めている5人組ガールズグループのGirl’s Day。キュートなダンスと歌でパワー全開!

リーダーのソジンは、「日本語は難しいけれど、ペラペラに話せるように頑張ります。これからも応援してくださいね。」と日本での活動にも意欲を見せた。


また日本と韓国が強く結ばれた楽しい“おまつり”は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 イベント前日のレセプションでは、日本政府代表として外務大臣の玄葉浩一郎氏もお祝いに駆けつけ、「韓国映画が大好きです。今は、近くて近い国になっている。大臣になって初めての訪問国は、ぜひ韓国にしたいです。」と祝辞を述べた。

関連記事


Page Up