Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』稽古場お披露目会 柿澤勇人&ウエンツ瑛士「より高みを目指して頑張る」

2022/3/9 20:06

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/オフィシャル

ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』稽古場お披露目会が3月9日(水)に東京都内で行われ、演出の吉田鋼太郎、柿澤勇人、ウエンツ瑛士、木南晴夏、鈴木壮麻、内田朝陽、伊礼彼方、一路真輝、堀内敬子が取材に応じた。

DSC05542ss

企画制作ホリプロ


本作は、1983年にロンドン・ウエストエンドで初演されて以来、世界中で愛されてきた名作。日本でも1991年に以降、繰り返し再演されてきた。物語の主人公は、二卵性双生児として生まれた2人の男の子。1人は裕福な家庭に引き取られ、もう1人は実の母親と貧しさの中で暮らしていた。正反対の環境で育った2人はお互いが双子であることを知らないまま、人生を通して固い友情を結んでいく。今回は、演出に吉田を迎え、双子の1人・ミッキー役を柿澤、もう1人のエドワード役をウエンツが演じる。

DSC05217ss


この日は、堀内が演じるミセス・ジョンストンが、自身が妊娠していることを一路演じるミセス・ライオンズに打ち明けるシーンや、ミッキーとエドワードが互いを思って「あいつになれたら」と歌うシーンなど、6シーンの稽古が披露された。

DSC05196ss


その後に行われた会見で、柿澤は「稽古後半戦になってきて、通しをかなりやっています。早い段階で通しができるのは初めてで、とても充実した稽古になっています。初日には皆様に完成度の高い良いお芝居を届けられると思います」と稽古の手応えを語る。一方、ウエンツは「稽古後半戦に入りましたが、まだまだ発見することも多く、演出の吉田鋼太郎さんを先頭に素晴らしいキャストの方々に頼りつつ、ここからレベルを1つ、2つあげて、初日にむけて素晴らしい舞台を作り上げていきたいです」と思いを語った。

DSC05243ss


今回、双子を演じる柿澤とウエンツだが、お互いの印象を聞かれると、柿澤は「ウエンツと芝居するととても救われるというか、預けていいんだと感じます。失敗しても、ダメだったとしても、助けてくれるんじゃないかと思わせてくれる。双子役として、舞台上に一緒にいてくれることに本当に感謝しています」と回答。これを聞いたウエンツは「カッキー(柿澤)は失敗しても助けてくれる存在と言ってくれますが、大体間違えるのは俺」と笑い、「本当に刺激になる存在、今回は双子役ですが、実際の年齢はカッキーが年下ですが見習うところばかりで、そんなことを感じつつ日々一緒にいます」とコメントした。

DSC05313ss


また、今回、演出に専念している吉田に対し、「俳優として出演したい気持ちは?」という質問が上がると、吉田は「今回、僕のやる役はないです(笑)。途中までは、みんなが芝居しているのを見ていると、自分も役者なので混ざってやりたいなと思うと思っていましたが、今は全く思わないです。本当に俳優陣が凄く、大げさでなく、体もお芝居でボロボロで、そんな中、歌も歌わないといけない、俳優陣はとても楽しくやっていただいていると思うので、今はそれに甘えて好き放題やらせてもらっていますが、とてもじゃないけど僕は舞台の上にいたくないです(笑)」と本音を明かした。そして、本作の演出については「今回は、セリフがあって、そのセリフを俳優同士がしっかり掛けあって、お互いに分かりあって生まれてくる感情、そしてその感情が歌になるということをさらに突き進めています」と意気込んだ。

DSC05257ss


会見の最後には、柿澤は「もうすでに通し稽古を何回も行い、完成度も高くなっていますが、まだまだ改善の余地もありますし、より高みを目指して、初日には最高の芝居を、ミュージカルを届けられるように頑張ります。劇場でお待ちしております」と観客にメッセージを贈り、ウエンツは「吉田鋼太郎さんのもと、素晴らしいキャストと共にこの『ブラッド・ブラザーズ』という作品を高みに持っていけるように、稽古は残り少ないですが、頑張っていきます。なかなか日常も簡単に取り戻せなかったりとか、いろんなことが起きている状況ではありますが、少しでも皆さまの心を軽くできるように、何か新しい発見が皆さまのもとに届くように頑張りますので、劇場に足を運んでいただけたらと思います」と呼びかけた。

DSC05532ss


ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』
は、以下の日程で上演。


東京公演:2022年3月21日(月・祝)~4月3日(日) 東京国際フォーラム ホールC
愛知公演:2022年4月9日(土)・10日(日) 刈谷市総合文化センター アイリス大ホール
久留米公演:2022年4月15日(金)~17日(日) 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
大阪公演:2022年4月21日(木)~24日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

 

関連記事


Page Up