Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファーストサマーウイカ、連ドラ初主演決定に「青天の霹靂」 「私(あたい)のエレガンス」のオンライン会見

2022/3/31 09:57

写真/オフィシャル

BSテレ東で4月2日(土)から放送される、土曜ドラマ9「私(あたい)のエレガンス」のオンライン会見が28日に行われ、ファーストサマーウイカ、草刈民代、吉沢悠が取材に応じた。

A012210_002_ss

©「私のエレガンス」製作委員会2022


本作は、元レディースのシングルマザーが“エレガンス”を目指すラブコメディ。連続ドラマ初主演となるファーストサマーウイカが、愛する娘のために“エレガンス”になることを決意する元レディース総長のトラックドライバー・薬師寺桃子を演じる。また、桃子が“エレガンス”を求めて訪ねるサロンの女主人マダム・マリーを草刈が、娘が恋した同級生の父親・綾小路眞一を吉沢が務める。


初主演を務めるサマーウイカは「青天の霹靂と言いますか、自分にそんな素敵な話が来ると思ってもいなかったので、一生に一度の機会かもしれないと思い、全力で挑戦させていただきました」と出演が決まった時の思いを語る。見どころを聞かれると「桃子がエレガンスになっていくという変化を見てもらいたいです。それから、ラブコメディではありますが、社会派の一面もある。子どもがいても女性としてきれいになりたいとか、シングルマザーでも新しい恋に挑戦していきたいとか、妙齢女性の悩みや姿勢が桃子を通して描かれています」と回答し、「サロンのシーンは、最近のドラマでは見られないところがあります」とアピール。

そのサロンのシーンに登場する草刈は、「最近のドラマにはないぶっ飛び方で、演じたことがないような役でしたが、私が踊ってきた経験や俳優になってからの経験を、私の個性として生かせたかなと思います。そのぶっ飛び方がどのように視聴者の方の目に映るかは放送されてみないと分からないので、私もドキドキします」と思いを明かした。

また、吉沢は「ドラマにファッションを加えたのが新しいと思います」と言及。自身の役柄については「まさか40歳を過ぎてラブコメの話がくると思わなかったので、それは自分の中で挑戦でした」と振り返り、「(眞一ダンディな男性という設定だが)ダンディというとイタリアの髭が生えて、声が野太い人をイメージしますが、僕はそういうタイプではないので、どうしようと思って、姿勢を意識しました。CEOで御曹司という役なので、いろいろな人にもお会いしていろいろなところにもお食事に行っているんだろうなと思うので、そうした空気が出せるようにとも思っていました」と話した。

思い出に残っているシーンについて話が及ぶと、サマーウイカは「桃子はマダムのサロンに行って(ファッション)アイテムを紹介してもらうのですが、台本では文字なので(実物を見ると)あまりしっくりこないこともありました。でも、それをトータルコーディネイトして着てみると、すごく品があるものに見えます。アイテムを紹介して、それを着るとこうなりますという、ビフォーアフターが毎回登場するので、そこは楽しんでいただけると思います」とにっこり。

一方、草刈は「一番放送を楽しみにしているのは最終回です。全然違う展開になっていると思います。現実と非現実が入り混ざって、奇想天外な展開になっていると思うので、そこは楽しみにしていただきたいと思います」とコメントした。

さらに吉沢は、「僕の撮影の初日が桃子さんと出会うシーンだったのですが、どういう出会い方をしたら印象的かをウイカさんと話したんです。『こういうことをやったら楽しんじゃない?』と話したらウイカさんが『やりましょう』って。それでやったのですが、『こういう出会い方するかな?』というようなものになったんで、それがどうなっているのか楽しみです」と第1話の出会いのシーンについて口にした。

主人公・桃子がエレガンスな女性になるために“挑戦”していくという本作のストーリーにちなんで、「それぞれが挑戦したいと思っていることは?」という質問が挙がると、サマーウイカは「撮影中にコロナに罹ってしまって、1週間自宅待機をしていた時に、症状がなくて元気だったので、やる気がみなぎる状態で家にいたんです。その時に、自分で(サマーウイカが歌う本作のエンディングテーマ曲の)ミュージックビデオを作ってみようと思って、服を引っ張り出してきて作りました。今まで自分がアーティストとして表現することはあっても、クリエーションする意識を持ったことはなかったんです。今回、初めてクリエーションするという挑戦ができたので、続けていきたいと思います」と語った。草刈は「常に自分の幅を広げられることを見つけていきたいですし、作品ごとに少しでも成長できるようと思っています」と話し、吉沢は「ゴルフをやっているのですが、スコア100を切れないので、スイングを改造しています。“100切り”がごフルをやっている人の第一関門なので、それを切りたい」と力を込めた。

最後にサマーウイカは「昨今、ナチュラルな作風が評価されている気がしますが、ここまで行ききっている連続ドラマはなかなかない。それに携われたのが嬉しいです。私の人生にすごく大きな影響を与えてくれた大切な作品になりました。1話たりとも見逃さないでいただきたい」と呼びかけて、会見を締めくくった。

A012210_001_ss


土曜ドラマ9「私(あたい)のエレガンス」は、4月2日(土) から毎週土曜夜9時〜9時55分にBSテレ東で放送。

関連記事


Page Up