Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒョミン×清水くるみ×山﨑賢人、注目の若手俳優競演!『君に届け』の熊澤尚人監督のオリジナル・ラブストーリー!ROBOT×ティ・ジョイがタッグを組む! 「ジンクス!!!」

2013/9/14 01:22



★『君に届け』熊澤尚人監督オリジナルストーリー! 世界的に注目を浴びる若手俳優競演!

大ヒット恋愛映画『君に届け』を始め、蒼井優や上野樹里ほか数多くの若手俳優を主演に起用し演技開眼させた熊澤尚人監督による完全オリジナル企画『ジンクス!!!』。
主演は、韓国若手女優として注目を集め、世界的な人気K-POPグループT-ARA(ティアラ)としても活動しているヒョミン。本作が日本映画初出演作品となります。そして共演には、今、日本映画界が最注目すべき若手実力派俳優、清水くるみと山﨑賢人。オリジナル企画だからこそ成し得た、世界的に注目を浴びる唯一無二の競演がここに実現。本作は、ヒョミン演じる韓国からの留学生と、清水くるみ、山﨑賢人が演じる日本の大学生、三人による、友情と恋の物語です。

★日本ほか、韓国、香港、シンガポール、台湾など、アジア一斉公開!

企画・制作は『ALWAYS三丁目の夕日』『タイヨウのうた』のROBOT。さらに、2012年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』『009 RE:CYBORG』などを配給し、日本のみならずアジアへの配給にも力を入れるティ・ジョイがタッグを組み、『ジンクス!!!』は、日本、韓国、香港、シンガポール、台湾などアジア一斉公開作品として動き出します。<ストーリー>韓国から留学してきたジホ(ヒョミン)は、日本の大学で、楓(清水くるみ)と、雄介(山﨑賢人)に出会う。幼なじみである楓と雄介は、お互いを気にしながらも素直な気持ちを伝えられない関係。ジホはそんな二人を見て、韓国式の恋愛成就の方法をそれぞれに教え、二人の恋を成功に導こうとする。メールの仕方やデートの誘い方、笑顔の作り方から告白のシチュエーションまで、一つ一つに韓国式の恋愛指南を持ち込むジホ。始めは考え方や文化の違いに戸惑う楓と雄介であったが、やがて二人の恋は、ぎこちなく動きはじめていく・・・。



ヒョミン(ジホ)
全アジアに浸透する「演技ドル」として有名なK-POPアイドルグループT-ARAのメンバー。ドラマ『僕の彼女は九尾狐』(10)、『階伯 ケベク』(11)や映画「寄生霊」(11)等に出演。その他ミュージカル「RolyPoly」やドラマ「千番目の男」出演等、演技の幅を広げ、韓国内外から、その演技力の評価は高く、本作が日本映画初出演作品となる。・2013年7月12日、13日 T-ARA 日本武道館コンサート・2013年9月 T-ARA 日本全国ツアー


清水くるみ(山口楓)
『桐島、部活やめるってよ』で、芯の強い女子高生・実果役を見事に演じ、絶大な評価を得た。以後、BeeTV「学園潜入型恋愛ドラマ ハイスクールドライブ~目が覚めたら高校生だった~」や第24回フジテレビシナリオ大賞ドラマ「Dearママ」で主演を務めるなど注目される。最近ではCMで桑田佳祐と競演するなど、その表現力には無限の可能性を感じさせる。
・2013年9月10月 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」  ジュリエット役


山﨑賢人(野村雄介)
『今日、恋をはじめます』、『アナザー Another』、『リアル鬼ごっこ3』、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』など2012年数々の映画に出演するなど、今最も注目される若手俳優の山﨑賢人。その存在感だけでなく、演技力でも評価の高い山﨑賢人が演技派俳優として、2013年さらなる注目を集める。現在、日本テレビ系新土曜ドラマ「35歳の高校生」に出演中。・2014年春公開映画『L・DK』出演 (剛力彩芽、山﨑賢人)


■監督 : 熊澤尚人『ニライカナイからの手紙』(05)、『親指さがし』(06)、『虹の女神 Rainbow Song』(06)、『DIVE!!』(08)、『おと・な・り』(09)、『君に届け』(10)
■脚本 : まなべゆきこ『ニライカナイからの手紙』(05)、『親指さがし』(06)、『DIVE!!』(08)、『おと・な・り』(09)、『君に届け』(10)
■企画・制作プロダクション : ROBOT
■出演 : ヒョミン 清水くるみ 山崎賢人 落合モトキ 松山愛里 チョン・スギョン(友情出演) 宮田早苗 高橋和也
■撮影 : 2013年2月、3月(北九州、福岡、韓国にて撮影)
■配給 : ティ・ジョイ
■日本公開 : 2013年11月16日 新宿バルト9ほか全国公開

関連記事


Page Up