Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カン・ドンウォン新作『超能力者』3月10日より全国公開!

2012/1/19 04:48

カン・ドンウォン × コ・ス



カン・ドンウォン VS コ・ス
あまりに哀しく美しい 運命の対決――
常に他人の視線を避ける男チョイン(カン・ドンウォン)は、目で人々を操る超能力者だ。しかし彼はその力で世界を救おうとも支配しようともせず、孤独で静かな生活を送ってきた。そんなある日、操ることのできない男ギュナム(コ・ス)の出現ですべてが崩れはじめる。超能力者 VS 超能力が通じない唯一の男の、避けられない対決。正反対のふたりが激闘の果てで見出す、相手の中の自分とは――。

『チョン・ウチ 時空道士』『義兄弟』に続き、存在し得ないほどの魅力を放つカン・ドンウォンと、ドラマ「ピアノ」「グリーンローズ」からのチャン・フン監督(『映画は映画だ』『義兄弟』)の新作『高地戦』へと大躍進した若きホープ、コ・ス――2010年最高のキャスティングと謳われた大ヒット作がいよいよ日本に登場する。監督は、期待の新鋭キム・ミンソク。『ブラザーフッド』『M』『母なる証明』の撮影監督ホン・ギョンピョら一流スタッフが結集し、“現実味あふれる超現実”というまったく新しい切り口の哀切のドラマを生み出した。


STORY
ソウルの片隅で暮らす2人の男がいた。
青年ギュナム(コ・ス)は天涯孤独の身の上ながら、ボバとアルという親友とともに廃車工場で働き、貧しいながらも明るい未来を信じて生きていた。しかしある日、不運な事故で入院を余儀なくされたギュナムは、工場をクビになってしまう。驚異的な回復力で病院を退院したギュナムは、求人欄で職員募集の記事を見つけ、どこかうさんくさいながらも人のいい店主と、その美しい娘・ヨンスクが営む質屋、ユートピアで働くことになる。
もうひとりの男(カン・ドンウォン)は、ソウルのホテルを転々として暮らしながら、誰ともかかわりをもたない、それゆえに名前を呼ばれることもない、孤独な人生を生きていた。実は彼は、そのまなざしひとつで他人を意のままに操ることのできる超能力者で、その力ゆえに母親を守ろうとして父親を殺し、守ろうとした母親から殺されかけた過去の傷を抱えていた。彼がその力を使うのは、自分が生きていくために必要な最小限の金を手に入れる時だけだった。そしてこれまで通り、金を手に入れるためユートピアへやってきた男は、唯一、自身の力が及ばない相手、ギュナムと出会ってしまう。
思いがけず自分のコントロールできない相手の出現と攻撃に慌てた男は、ギュナムの猛攻撃をかわそうとして、質屋の店主を殺してしまう。男は、自分が「超能力者」であることを唯一知るギュナムの命を奪おうとする。
一方、ギュナムも自分の目の前で殺された店主の復讐に燃え・・・。

相手の中に自分を見た2人の男の、命を懸けた対決のゆくえは――。




カン・ドンウォン

【プロフィール】
1981年1月18日、韓国・釜山生まれ。学生時代にスカウトされ、モデルを経て、2003年に「威風堂々な彼女」でドラマデビュー。翌年には、映画『彼女を信じないでください』『オオカミの誘惑』に出演し、大韓民国映画大賞新人男優賞、青龍映画賞人気スター賞、百想芸術大賞人気賞を受賞。若手の人気スターとして注目される。186センチの長身小顔、抜群のスタイルのよさでファッショニスタとしても有名だが、本人は外見ではなく演技力で評価されたいと、さまざまな役、作品に挑戦してきた。美しすぎる孤独な剣士を演じた『デュエリスト』(05)、生き急ぐ死刑囚の役で多くの観客の心をつかんだ『私たちの幸せな時間』(06)、妄想に狂わされる小説家をキレ気味に演じた『M』(07)、冷酷な誘拐犯の声の役という難解な演技に挑んだ『あいつの声』(07)、ファンタジー・アクション『チョン・ウチ
時空道士』(09)では、高度なアクションシーンも自身で演じている。ソン・ガンホと共演し、国に見捨てられた北朝鮮工作員を演じた『義兄弟 SECRET REUNION』(10)では、ファンから“最もかっこいい工作員”と呼ばれる一方で、映画評論家協会賞の主演男優賞を受賞し、スター性と演技力を兼ね備えた存在であることを知らしめた。オムニバス映画『カメリア』(11)の行定勲監督作『LOVE FOR SALE』に出演し、本作『超能力者』の韓国公開後、2010年11月18日に入隊。現在、兵役中である。

コ・ス


【プロフィール】
1978年10月4日生まれ。1998年に人気音楽グループPOSITIONのミュージックビデオに出演し、芸能界デビュー。CM出演を経て、「ジャンプ」(99)でドラマデビューを果たす。翌年のテレビドラマ「母よ姉よ」(00)で、MBC演技大賞の新人賞を受賞。その後も、血のつながらない姉への思いに苦しむ青年役を演じた「ピアノ」(01)でSBS演技大賞ニュースター賞、親友との三角関係に心を痛める陰のある役を演じた「純粋の時代」(02)でSBS演技大賞優秀演技賞、復讐に生きる男を体をはって演じた「グリーンローズ」(05)ではSBS演技大賞特別企画部門演技賞を受賞するなど、高い評価を受けた。その整った甘い顔立ちから正統派美青年のイメージが強かったが、スクリーンデビューとなった映画『サム~SOME~』(04)では、金髪にピアス、タトゥー入りの刑事役でファンの度肝を抜き、大鐘賞新人男優賞を受賞している。2006年に入隊し、除隊後は「帰ってきたオム社長」(08)で舞台にも挑戦。映画『白夜行―白い闇の中を歩く』(09)では愛のために闇に生きる男をせつなく演じ、ドラマ「クリスマスに雪は降るの」(10)では、このドラマを見てコ・スにハマった女性が「コ・ス病」と呼ばれるなど、その人気は社会現象レベルにまで達した。最新主演作『高地戦』(11)では、朝鮮戦争で戦う兵士を演じ、青龍映画賞人気賞を受賞している。


キム・ミンソク監督 長編デビュー作
『超能力者』

監督・脚本・・・ キム・ミンソク
キャスト
チョイン・・・  カン・ドンウォン
ギュナム・・・  コ・ス
“ユートピア”の社長チョンシク・・・  ピョン・ヒボン
社長令嬢ヨンスク・・・  チョン・ウンチェ
チョインの母ヒョスク・・・  ユン・ダギョン
チョインの父・・・  チェ・ドクムン
ボバ・・・  アブダド
アル・・・  エネス・カヤ
警察署長・・・ キム・グァンギュ
チョインの子供時代・・・ ヤン・ギョンモ


2010年/韓国映画/113分/スコープサイズ/ドルビーSRD/
英題:HAUNTERS/日本語字幕:小寺由香
配給:ツイン
(C)2010 United Pictures & ZIP CINEMA. All Rights Reserved
www.choin.jp

2012年3月10日(土)より
シネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー!

 

関連記事


Page Up