Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宮藤官九郎、草なぎ 剛と初タッグ!『中学生円山』5月18日ついにロードショー!!

2013/4/4 12:35

宮藤官九郎監督、4年ぶりの映画最新作は、団地が舞台。
謎のシングルファーザーと中学生の特大妄想劇!!『中学生円山』5月18日ロードショー!!

_MG_2056のコピー
宮藤官九郎監督、待望の最新作『中学生円山』がついに完成! 『真夜中の弥次さん喜多さん』『少年メリケンサック』に続いて監督3作目となる今作は、宮藤官九郎のオリジナル脚本映画。エッチでバカバカしい妄想で頭がいっぱいの中学生男子が、謎のシングル・ファーザーと出会い、成長していく物語だ。

オリジナル脚本で、草なぎ 剛と初タッグ!  他では見ることのできない個性的なキャストも大集結! 謎のシングルファーザー・下井辰夫を演じるのは、2012年、『あなたへ』『任侠ヘルパー』と主演映画の公開が続いた草なぎ 剛。一見いい人だが掴みどころのない「下井」という男と、克也が妄想する「子連れ狼」という凄腕の殺し屋を、飄々とした佇まいと切れ味鋭いアクションで魅力たっぷりに演じている。かねてから宮藤作品のファンだった という草なぎが、満を持して初主演を果たした。
タイトルロールにもなっている「中学生円山」こと円山克也を演じるのは、宮藤が脚本を手がけた大家族ドラマ 『11 人もいる!』で四郎を演じた平岡拓真。撮影当時、実際に中学生だった平岡は、思春期ならではの苛立ちや 葛藤を、あどけなさの残るまっすぐな演技で演じきっている。
克也を取り巻く人々も、個性あふれるキャストが集結。平凡な克也の父に仲村トオル、韓流ドラマ好きな克也 の母に坂井真紀、という実力派が脇を固め、ミュージシャンのエンケンこと遠藤賢司が認知症の老人“井上のおじい”を演じ、韓国映画『息もできない』で(監督・脚本・主演をつとめたヤン・イクチュンは、元韓流スターの電気工パク・ヒョンホンを演じる。他、鍋本凪々美、刈谷友衣子、YOU、原 史奈、家納ジュンコ、三宅弘城、皆川猿時、宍戸美和公、少路勇介、野波麻帆、田口トモロヲ、岩松 了らが勢揃い。『中学生円山』の世界観をバラエティ豊かに 彩っている。

0702_148のコピー
宮藤監督映画には欠かせないスタッフも再集結!中学生ならではの世界を盛り上げる。
主演の草なぎ 剛が「台本を読んで、この映画は宮藤監督にしか撮れないと思った」と語るその独特な世界は、宮藤監督が信頼を寄せるスタッフが再集結して作られた。音楽は、宮藤とは映画前2作でタッグを組み、『少年メリケンサック』では日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞した向井秀徳。衣装は、同じく宮藤の監督映画前2作も担当し、『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』でも話題となったスタイリスト、伊賀大介。他、撮影、照明、美術など、多くのスタッフが『少年メリケンサック』に続いて再登壇。「宮藤監督の頭の中」を具現化するにふさわしい布陣が集結している。

IMG_8440のコピー
【ストーリー】
円山克也(平岡拓真)は、団地と学校の往復が日常の中学2年生。平凡な父・克之(仲村トオル)と、地味な母・ミズキ(坂井真紀)、無神経な妹・あかね(鍋本凪々美)と4 人暮らしだ。父・克之は、エロい動画と食後のフルーツだけを 楽しみに生きているサラリーマンで、朝はゴミ出しを手伝い、夜は6時にきっちり帰宅する。
母・ミズキは、韓流ドラマに夢中な専業主婦。小5の妹・あかねは、まだ初恋を経験していないことを気にしている。そして思春期真っ盛りの克也は、身体を柔らかくするための努力に精を出している。それは、あるエッチな目的を達成するための「自主トレ」だった。レスリング部に入部し、熱い風呂に入り、酢を飲む。そして、部活でも風呂でもベッドでも、隙を見ては前屈をする。毎日毎日「自主トレ」に励む克也は、ついに、限界まで背骨を折り曲げると妄想の世界にトリップするようになってしまった。
そんなある日、団地の上の階に下井辰夫(草なぎ 剛)という男が引っ越してくる。 いつもベビーカーを押しているシングルファーザーの下井は、妙に団地の主婦の輪に溶け込み、仕事をしている様子もない謎の男だった。学校帰りの克也と偶然会った下井は、エレベーターの中で驚愕の一言を囁く。 「もうすぐ届くよ」

それは、自分だけが知っているはずの「自主トレ」の秘密だった。  「なぜ知ってるんだ!」  パニックになった克也は、その理由を探るため、少しずつ下井に近づこうとする。 ほどなくして、団地の近くで殺人事件が発生。「あのおじさんが殺し屋だったらどうしよう」という妄想にとらわれ、頭から離れなくなってしまう克也。そして下井を<凄腕の殺し屋=子連れ狼に仕立てたストーリーを妄想ノートに書き始める――。

クレジット
草なぎ 剛 
平岡拓真 / 遠藤賢司 ヤン・イクチュン
鍋本凪々美 刈谷友衣子 YOU 原史奈 家納ジュンコ 皆川猿時
三宅弘城 宍戸美和公 少路勇介 野波麻帆 田口トモロヲ 岩松了
坂井真紀 仲村トオル

監督・脚本 宮藤官九郎

■公開情報
5月18日ロードショー

■公式サイト
www.maruyama-movie.jp

関連記事


Page Up