Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベートーヴェンの名曲に乗せて奏でる映画「25年目の弦楽四重奏」7月6日より公開決定!!

2013/5/1 02:24

フィリップ・シーモア・ホフマン×キャサリン・キーナー×クリストファー・ウォーケン

豪華俳優による極上の演技合戦!!

25年目の弦楽四重奏

きらめく宝石のような映画。名優らが奏でる至福のカルテット。―ローリング・ストーン誌

素晴しい。まさに傑作。―ニューヨーク・ポスト紙

美しい描写と演出。洗練された至福を味わえる作品。―バラエティ誌

愛、裏切り、美しい旋律。必見の映画。―Yahoo!Movies USA

ベートーヴェンより、ウォーケンに目が離せない。―インディワイヤー

最高の俳優たちによる、極上の演技合戦。―レナード・マルティン

ベートーヴェンの名曲に乗せて奏でる珠玉のアンサンブルドラマ『25年目の弦楽四重奏』が、7月6日(土)より角川シネマ有楽町他にて全国順次公開決定!!

メイン-2“アタッカ”(休みなく演奏し続ける)による7楽章からなるベートーヴェンの異色の名曲、弦楽四重奏曲第14番嬰ハ長調(作品131)にインスパイアされた本作は、いずれどこかで迷いやズレが生じてくる、長い人生や人間関係のメタファーであり、どう軌道修正を図るべきなのかという問いを観客に投げかけます。弦楽四重奏というクラシカルな舞台で、愛憎入り混じるアンサンブルドラマを演じるのは、アカデミー賞俳優たちの豪華競演。『カポーティ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した、フィリップ・シーモア・ホフマン。『カポーティ』『マルコヴィッチの穴』で2度のアカデミー賞ノミネートに輝く、キャサリン・キーナー。そして『ディア・ハンター』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストファー・ウォーケン。また、劇中音楽のスコアを、デビッド・リンチ作品でお馴染みのアンジェロ・バダラメンティが担当しています。

【ストーリー】 

弦楽四重奏団フーガ結成25周年前夜。チェリストの突然の引退宣言から、ドラマは始まった。

冷徹なまでに精確な演奏で客を魅了する第一バイオリンのダニエル、色彩と質感を与える第二バイオリンのロバート、深みを添えるビオラのレイチェル、そして、チェロのピーターが完璧な四角を支えている。ある日、チェリストのピーターがパーキンソン病の告知を受ける。今季をもって引退したいと申し出るピーターに、残されたメンバーは動揺を隠せない。憤り、嫉妬、ライバル意識、家庭の不仲、不倫。それまで抑えてきた感情や葛藤が露呈し、不協和音が響きはじめる。バラバラにくずれ始めた”四角”に、最終楽章の幕は上がるのか。

出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、マーク・イヴァニール、キャサリン・キーナー、クリストファー・ウォーケン

監督・脚本:ヤーロン・ジルバーマン 音楽:アンジェロ・バダラメンティ 配給:角川映画

原題:A Late Quartet/2012年/アメリカ/106分/カラー/スコープ・サイズ/ドルビーSRD/字幕翻訳:松浦美奈

© A Late Quartet LLC 2012   http://25years-gengaku.jp

7/6(土)より、角川シネマ有楽町他 全国ロードショー 

関連記事


Page Up