Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大泉洋、本上まなみ、岡田将生らにより豪快豆まき舞台挨拶! 映画『そらのレストラン』

2019/2/4 11:06

大泉洋、本上まなみ、岡田将生らにより豪快豆まき舞台挨拶!

映画『そらのレストラン』

メインS

大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾となる映画『そらのレストラン』の公開記念舞台挨拶が2月2日(土)、東京・渋谷シネクイントで行われ、大泉洋、本上まなみ、岡田将生、深川監督が登壇した。

大泉はMCから“北海道の大スター“と紹介されると、「もうそろそろ“北海道の大スター”って呼ぶのやめてもらっていいですか?大スターと言ったら僕か錦野さんくらいしか呼ばれていないので。どうでもいい話ですみません」と挨拶。さらに、会場に集まったファンからの「洋ちゃん!洋ちゃん!」との声かけにまぎれて、岡田を呼ぶ声に、「誰だ今、岡田君て言ったの!」とツッコミをいれ、冒頭から笑いに包まれた。

大泉の挨拶を受けて、本上は、「“北海道の大スター”の妻を演じさせてもらって光栄に思ってます」とコメントし、岡田も「“北海道の大スター”の友達役を演じさせてもらった」、さらに深川監督も「“北海道の大スター”と映画を作らせてもらいました」と3人にいじられる展開に、大泉も苦笑いを見せた。

イベントでは、本作を鑑賞した“ある方”からの手紙が紹介された。「パパへ。最近いいことが起きないって言ってたけど、わたしがいるから大丈夫だよ。(中略)大人になったらパパみたいに上手に泣ける女優さんになりたいんだ」と読み上げた。自身の娘からの手紙と気づいた大泉は照れながらも大爆笑。感想を聞かれ「うちの子天才じゃないですか!」と誇らしげに話すも、続けて「でも娘から最近いいことないって言われるのってものすごく暗いじゃないですか!」と自虐的にコメント。さらに大泉は「もっと感動的にやってほしいですよ。手紙持ってきたの僕ですからね!朝、妻にこれを託され映画会社の人に渡してくれと頼まれて、これはサプライズだろうなと思いました」と演出についてもぼやき続けた。

サブS

そんな“最近いいことのない”大泉にも幸せが舞い込んでくるように、翌日の節分とも絡めて、一足早くキャスト陣と監督による豆まきが行われ、“福は内”の掛け声とともに会場にあつまった観客に豆をまき、会場は歓声に包まれた。大泉は豪快に投げ遠くの席まで届かせようとしたり、マスコミの方々にも配ったり、さらには豆を持って帰ろうとする素振りを見せるなど会場をにぎわせた。

最後に大泉から「娘の手紙には“最近いいことがない”なんて書いてありましたけど、映画を見た皆さんの感想を聞いてそれだけでも幸せでございます。私の娘や両親と同じように幅広い方に楽しんでもらえる映画になっておりますので、たくさんの方に見ていただきたいです」と話し、退場し姿が見えなってもマイクで映画のPRをし続け、終始笑いが絶えないイベントとなった。

映画『そらのレストラン』は1月25日(金)より全国公開、が公開され、大ヒット中。

関連記事


Page Up