Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北方謙三原作「抱影」実写化 映画『影に抱かれて眠れ』主題歌決定!

2019/5/9 11:15

北方謙三原作「抱影」実写化  映画『影に抱かれて眠れ』主題歌決定!

kage_hatsu_Rs

主演に加藤雅也を迎え、講談社創業100周年記念出版作品で、巨匠・北方謙三原作の「抱影」(講談社文庫刊)の実写映画化となる『影に抱かれて眠れ』の主題歌が決定した。

主題歌を提供するのは、1997年に結成され、「タイガー&ドラゴン」や「てんやわんやですよ」などのヒット曲で知られるクレイジーケンバンド。本作の舞台である横浜・野毛周辺をイメージして過去に作られていた未発表曲「場末の天使」が起用される。

主人公・硲冬樹を演じるのは、「全員、片思い」(16)「真田十勇士」(16)など、大人の色香漂うベテラン、加藤雅也。冬樹が純愛を貫く女性・永井響子には『パッチギ! LOVE&PEACE』(07)『愛唄 -約束のナクヒト-』(19)などで知られる中村ゆり。冬樹を兄貴のように慕い冬樹が経営するクラブのバーテンダー辻村正人を演じるのは、俳優としても活躍するEXILEの松本利夫。冬樹を事件に巻き込む発端を作る岩井信治を演じるのはカトウシンスケ。そして、男たちの抗争で横浜のヤクザを演じたのは、湘南乃風のメンバーでミュージシャンの若旦那。同じく横浜のヤクザ役に、アーティストのAK-69。そして、冬樹と関係を持つクラブのママに熊切あさ美、冬樹の才能にほれ込む画商に余貴美子、冬樹に刺青を教える彫師に火野正平などが出演している。

<横山剣(クレイジーケンバンド) コメント>
今回、この映画のプロデューサーである中野英雄さんから北方謙三さん原作の「抱影」を実写映画化するので「主題歌を書いて欲しい」という依頼がありました。ちょっと荷が重いかも、と思ったのですが「他は考えてない、剣さんにお願いしたい!」という強い言葉にグッと来て、引き受けました。当初は書き下ろしの新曲をお渡しするつもりでしたが、偶然にも映画の舞台である野毛や都橋周辺をイメージした「場末の天使」という未発表曲があったのを思い出し、この映画の世界観に合うのはこの曲かも知れない!と直感。原石状態のデモ音源をお渡ししたところ、光栄なことに和泉聖治監督にも非常にご好評を戴き、熟成肉みたいなこの曲をクレイジーケンバンドでブラッシュアップ&レコーディングするに至りました。是非、映画館で観て聴いて感じて戴ければ最高です。

イイネ!イイネ!イイネ!

【物語】硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。
ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは――。

監督:和泉聖治 脚本:小澤和義 
配給:BS-TBS ©BUGSY
公式サイト: http://kagedaka.jp
2019年9月より全国公開


 

 

関連記事


Page Up