Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【前編】平埜生成、「芝居が好きな自分でいたい」 映画『空母いぶき』インタビュー!

2019/5/21 06:26

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』やドラマ『今日から俺は!!』など、数々の話題作に出演し、存在感を発揮している平埜生成が西島秀俊が主演する映画『空母いぶき』でパイロットの柿沼正人役で熱演を見せる。2019年は映画にテレビ、舞台とさらなる活躍が期待される平埜に、『空母いぶき』の見どころ、そして今後の出演作について聞いた。

037s

——『空母いぶき』は、かわぐちかいじ氏のベストセラーコミックを西島秀俊主演、若松節朗監督で撮影された注目作ですが、ご出演が決まったときのお気持ちからお聞かせください。

錚々たるキャストの方々が集まる作品に呼んでいただけたという感謝の気持ちがまずは、大きかったですね。台本を読ませていただいて、絶対にこれをやりたいなと強く感じた作品でもあったので、出演できるということがとにかく嬉しかったです。僕はこれまで戦闘機や空母が登場するような作品にはあまりご縁がなかったのですが、第二次世界大戦のお話には興味があった。ですから、この作品に出会えたことはすごく貴重なことで、嬉しかったです。

0102

——今回、平埜さんが演じられた役どころについてご説明ください。

海上において航空機を搭載できる航空母艦。そこにおける第92飛行群の「アルバトロス隊」と呼ばれる戦闘機チームのパイロットの柿沼正人を演じています。

——壮大なスケールで描かれる作品ですが、撮影はいかがでしたか?

僕が演じる柿沼は空自の戦闘機乗りで、劇中で佐々木蔵之介さん演じる新波が、西島秀俊さん演じる秋津に「誰とも群れようとしないお前には空自がお似合いだと思ってた」という言葉が出てきます。撮影現場でもその空自の上司を持つ役柄だからなのか、一人での現場が多くて、孤独さを体感できた気がします(笑)。実際にコックピットにいるシーンなどは一人きりの撮影でしたから。それから、戦闘機が急降下するシーンがあるんですが、そのシーンでは実際に、僕が宙吊りになって撮影したということもありました。大変ではありましたが、それ以上にありがたくて楽しかったです。役と向き合う時間もたくさんいただけたので、充実した時間だったなと思います。

020s

——柿沼の見どころは?

柿沼には家族がいて、その状況の中で戦闘機に乗り込んでいきます。家族のいる普通の人間が、スイッチひとつで人を殺せてしまう世界にいるんですよね、戦争って。柿沼を演じることで、実際に最前線に行く方にも家族がいて、それぞれの人生、生活があるということを観客に提示する役割を僕は担わせていただいていると思います。わかりやすい表現でそれらを提示しているわけではありませんが、柿沼のそういう戦闘機乗りとしての人生もぜひ見て欲しいなと思います。

——撮影現場で印象に残っている出来事を教えてください。

戸次(重幸)さんとは、以前に共演させていただいたことがあって、今回も現場に入ってすぐにお話させていただきました。僕、TEAM NACSが大好きなんですよ。なので実は、前回お会いした時は、大ファンすぎて話しかけられなかったんですが、今回は2回目の共演だったので、「お久しぶりです」って。それから、「なんてお呼びすればいいですか?」って聞いたら「シゲに決まってんだろ」って言ってくださったので「シゲさん」って呼んでいました。

042s

——撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

シゲさんは非常に気さくに話してくださったので、楽しく撮影できたと思います。物語の後半では、西島さんや小倉(久寛)さんともご一緒するシーンがあったのですが、そのシーンでは共演者同士で話すこともなく、張り詰めたな空気の中での撮影でした。朝までの撮影だったので、闇に包まれながらストイックにストーブの灯を見ながら一夜を明かした思い出があります。どういったシーンを撮影するかによって、雰囲気は違いましたね。

——朝までの撮影もあったんですね。撮影スケジュールはタイトだったんでしょうか?

いや、タイトではなかったと思います。監督が時間をかけて撮ってくださったので、シビアなシーンも納得いくまで撮影できました。僕のシーンで一ヶ所、監督はもちろん、役者たちもみんなが粘って粘って撮影したシーンがあって、そこは納得するまでやらせていただけました。そこまで時間と思いをかけて撮影できる作品や監督に出会えたことは大きな財産だったと思います。

後編に続く~http://ranran-entame.com/movie/61136.html

031s

映画『空母いぶき』

 出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石井法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、佐々木勝彦、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市


原作:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏 脚本:伊藤和典/長谷川康夫 音楽:岩代太郎
監督:若松節朗
製作:『空母いぶき』フィリムパートナーズ 配給:キノフィルムズ kuboibuki.jp
 (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィリムパートナーズ


公式ホームページ https://kuboibuki.jp/


524日から全国ロードショー

 

プレゼント
ランランエンタメではサイン入りチェキを2名様にプレゼントいたします!どしどしご応募ください。
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)プレゼント告知ツイートをリツイートする
(3)ダイレクトメッセージで申し込む
    ①平埜生成さんチェキ希望
    ②お名前
          ③ご意見ご希望
    をご記入頂きご応募ください。


<応募締切>
2019年06月07日23時59分

<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。

<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。

<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。

<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

 

関連記事


Page Up