超新星、デビュー2周年イベントを開催、主演映画第2弾『僕たちのアフタースクール』決定を発表!

2011/8/22 11:03

8月13日、神奈川・パシフィコ横浜にて、日本デビュー2周年を迎える超新星が、『超新星☆博 2~超☆夏祭り~』を開催した。6月15日にリリースされた11枚目のシングル「クリウンナレ -キミに会いたくて-」がオリコン・シングルウィークリーチャートで2位を記録し、現在NHK「テレビでハングル講座」の年間レギュラーを持つなど、幅広い活躍で不動の人気を誇る超新星。

昨年の1周年記念イベントでは、5,000人のファンが集まったが、今年は3倍の15,000人が集結し、二部構成の盛大なイベントとなった。第一部では、まず「超新星☆ウルトラクイズ」と題し、超新星のメンバーにまつわるクイズにメンバーたちが答え、ファンたちはその一挙手一投足に目を見張り、大いに盛り上がった。

 「超新星のリーダーは誰?」というようなサービス問題もあれば(答えはもちろんユナク)、「“キミだけをずっと”の歌詞に何回“キミ”が出てきた?」というような問題(答えは16回)、「メンバー全員の誕生日の日付をたすといくつになる?」というような(答えは74)、少し難しい(?)問題など、6問にチャレンジ。罰ゲームがあるので、6人は真剣そのもの・・・(笑)。結果はソンジェ5位、ソンモ6位で“1分間日本語でフリートーク”という罰ゲームをすることに。ソンジェは「みなさん、ごはん食べましたか?たくさん来てくれて嬉しいです。」と1分間なんとか頑張り、「10月にミュージカルに出るので、ぜひ観に来て下さい。」と韓国ミュージカル『美女はつらいの』のアピールも忘れなかった。ソンモは、「もともと、あまり喋ることが好きじゃないんだけど・・・皆さんと話したくてワザと負けました。」と、お茶目な姿を見せ、ファンを喜ばせた。また、Yes・Noクイズでは、超新星からファンへ出題。

グァンスから、「実は、僕のTwitterはスタッフの人がしている?」(もちろん答えはNo!)や、ユナクが「5年前に初めて会って“カッコいい”と思ったのは、Yesはソンジェ、Noはジヒョクのどっち?」(答えは、ジヒョク!ハーフかと思ったそうだ。)など、ユニークな質問がとび、フレンドリーで気取らない超新星らしいトークに、ファンの顔から始終笑顔が絶えなかった。続いて、8月10日にリリースされた「キミだけは話さない」をしっとりと歌い、会場のファンを魅了した。

 その後、ステージで映画『僕たちのアフタースクール』制作決定が発表されると会場はどよめき、メンバーの制服姿で再登場に大きな歓声と拍手が送られ、予告編の映像が流れると、悲鳴にも似た歓声が起こった。ジヒョクは、「今回の映画のために、日本の色々な映画やドラマをみて研究しました。」とし、ゴニルは「6人全員、寝る時間もなく頑張って撮影しました。楽しみにしていて下さい。」と挨拶。「制服を着るのは久しぶりで恥ずかしい。」と語ったユナクも「すばらしいゲストにも参加していただきました。メンバーたちの昼と夜の世界を楽しむことができ、友情あり、恋愛ありのすごくいい作品になったと思います。皆さん、ぜひ観て下さい!」と力強くPRした。フォトセッションのあとの囲み取材では、日本での活動目標を、「東京ドームでライブをすることです。」「12月31日にテレビに出たいですね。2分30秒でいいので(笑)。正直言って、紅白に出たいです!」とコメントし、意欲を見せた。

勢力的に、確実に日本での活動の幅を広げていく超新星。彼らの勢いを止めることはできない。さらなる活躍に大いに期待したい。超新星主演映画『僕たちのアフタースクール』

超新星扮する交換留学生たちが、失踪した店主に代わって借金まみれのCLUBの経営に乗り出すという青春エンターテインメント作品。

【キャスト】 ユナク、ソンジェ、グァンス、ソンモ、ジヒョク、ゴニル、

      大政絢 /森下能幸 ・鳥居みゆき・ 叶恭子 叶美香(友情出演)/

   和田聰宏/別所哲也

【主題歌】 「メキ☆ラブ」超新星(ユニバーサルJ)

11月5日より、角川シネマ、TOHOシネマズ六本木ほか全国劇場にて公開。

 「超新星 LIVE TOUR 2011 “Make it”

全国13公演の「超新星 LIVE TOUR 2011 “Make it”」が9月開催決定!

超新星初上陸の街も登場!

関連記事


Page Up