BIGBANG、2NE1らYGファミリーが大阪に集結

2012/1/9 11:24


韓国の音楽プロダクション「YGエンタテインメント」による「YG Family Concert in Japan」が1月7、8日、京セラドーム大阪で開催され、これに先立って開演前、出演者たちが一堂に会し記者会見を行った。

 韓国では、毎年行われているこのコンサート。YGファミリーと呼ばれる所属人気アーティストが大勢集結するとあって、ファンには見逃せない大イベント。YGエンタテインメントが15周年を迎えたこともあり、大きな節目となるイベントだ。


今回は、日本で約8ヵ月ぶりに5人でステージに立つBIGBANG(ビッグバン)、昨年日本デビューした2NE1(トゥエニーワン) 、日本で4年ぶりの活動再開となるSE7EN(セブン)、韓国でバラードの女王といわれているGummy(コミ)、一度見たら忘れられないインパクト大の男性ソロPSY(サイ)、メロウな表現力をもTablo(タブロ)、男性ヒップホップユニットJINUSEAN(ジヌション)という7組が出演。


コンサートへの意気込みとして、BIGBANGのG-DRAGONが、「昨年いろいろありましたが、このステージが、自分たちが新たに進んでいくきっかけになると思います。今まで待っていてくださった皆さんに、より良い姿をお見せしたいです」とまずあいさつし、1月20日には、テレビ朝日「ミュージックステーション」に出演が予定されていると報告した。


JINUSEANのSEAN(右)は、「5年前にYGエンタテインメントの10周年コンサートを大阪で行いましたが、今回はより大きな場所で開催できるので喜びが大きいです」と期待に胸を膨らませた。


PSYは、「韓国での活動は11年目になります。日本でも力強いパフォーマンスをお見せしたいです」。


Gummyが日本語で、「日本でデビューして初めての大きなステージなのでがんばります」。


SE7ENも日本語で、「今月日本でのアルバムが出るので、がんばっていきたいです」と日本での活動再開を強くアピールした。


Tabloは、「YGファミリーになってまだ2ヶ月。初めてのことで緊張していますが、期待もしています」と語った。

ステージでの見どころについて、「みんなが歌える曲を選びました」とBIGBANGのSOLが言うと、2NE1のBOMも「新しいコラボもあるので、ぜひ楽しんでください」と言い、日本語で歌う曲を多く入れたことや、YGファミリーならではのデュエットなども楽しめることを示唆した。


一番年長であるJINUSEAN のSEANは、「僕たちが11年前に来日したころよりもK-POPが流行して、今は大きな波となりました。日本と韓国の文化交流がなされて、両国がひとつになっていると思います。今日はそれを感じたいです」と語った。

 1月21、22日はさいたまスーパーアリーナでの公演が予定され、大阪2日間と合わせて16万人の動員が予想されている。


撮影 Ikegami Tuyosi

関連記事


Page Up