諏訪内晶子/エモーション、4年ぶり待望の新録音が実現!

2012/4/21 12:47

4年ぶりとなる待望の新録音が実現!

諏訪内晶子/エモーション
Akiko Suwanai / Emotion

諏訪内晶子(ヴァイオリン)、イタマール・ゴラン(ピアノ)

2012年4月18日発売


通常盤SHM-CD:UCCD-1321

定価\2,854(税込)
⑤シャミナード/クライスラー編:
スペインのセレナード
⑥クライスラー:シンコペーション
⑦ドビュッシー/ハルトマン編:亜麻色の髪の乙女


限定盤特典ブルーレイ・ディスク付きSHM-CD:UCCD-9861

価格\3,675(税込)

収録予定曲
➀バルトーク/セーケイ編:ルーマニア民俗舞曲
②エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
《ルーマニアの民俗様式で》
③ファリャ/クライスラー編:スペイン舞曲
④ファリャ/コハンスキ編:スペイン民謡組曲
録音:2012年1月9-13日 パリ、ノートルダム・デュ・リバン教会


■スペインとルーマニアの古い歌や舞曲を題材にした作品を集めた、リサイタル・アルバム!

2008年のベートーヴェン・アルバムから4年。やっと諏訪内晶子の新録音が登場します。今回はスペインとルーマニアの民謡や舞曲を題材にした作品を集めた、いわば「フォーク・ミュージック・アルバム」。諏訪内晶子のヴァイオリンとイタマール・ゴランのピアノが、時に情熱的に、時に官能的に、古(いにしえ)から歌い継がれてきたさまざまなメロディを紡いでいきます。限定盤は10分程度のレコーディング風景を収録した特典ブルーレイ・ディスク付きになる予定。人気実力ともに絶頂期の諏訪内晶子、ファン待望の新録音です!


■4年ぶりとなるリサイタル・ツアー!

アルバム発売直後の4月17日より、全国11か所でリサイタル・ツアーがスタート。こちらの伴奏もイタマール・ゴランが務め、演奏曲目にはアルバム収録曲からバルトークやエネスコ、ファリャの作品も予定されています。


【4月ツアー日程】

17 日(火) 静岡 アクトシティ浜松・中ホール 〔A〕 / 18 日(水) 名古屋 しらかわホール 〔A〕
20 日(金) 奈良 秋篠音楽堂 〔C〕 / 21 日(土) 滋賀 びわ湖ホール・中ホール 〔C〕
22 日(日) 大阪 ザ・シンフォニーホール 〔A〕 / 24 日(火) 埼玉 彩の国さいたま芸術劇場 〔B〕
25 日(水) 富山 入善コスモホール 〔A〕 / 27 日(金) 仙台 東北大学・萩ホール 〔A〕
28 日(土) 秋田 アトリオン音楽ホール 〔A〕 / 29 日(日) 長野 軽井沢大賀ホール 〔A〕
30 日(月・祝) 神奈川 鎌倉芸術館・大ホール 〔A〕


【プログラムA】

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1 番
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5 番 《春》
エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3 番 《ルーマニアの民俗様式で》
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲


【プログラムC】

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9 番 《クロイツェル》
エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3 番《ルーマニアの民俗様式で》
ブロッホ:組曲《バール・シェム》から ニーグン
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲


【プログラムB】

シューベルト: ヴァイオリン・ソナチネ第2 番
ブロッホ:組曲《バール・シェム》から ニーグン
ファリャ:スペイン民謡組曲 (コハンスキ編)
エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3 番《ルーマニアの民俗様式で》
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲


■5月、12月にも来日公演が予定されています!

5月 第17回宮崎国際音楽祭 http://www.miyazaki-ac.jp/mf/index.html

12月10日(月)サントリーホール
トゥガン・ソヒエフ指揮トゥールーズ・キャピタル管弦楽団演奏会
(サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番)
http://www.kajimotomusic.com/

関連記事


Page Up