Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

BEAST~野獣伝説の幕開け~

2010/12/3 01:48



11月27日(土)@東京ビッグサイト 東4ホールにおいて
 
『THE LEGEND OF BEAST VOL.1 ~2010 野獣伝説の幕開け~』
と題した彼らの日本初ショーケースが行われ、イベント前に記者会見が行われました。

2009年10月に平均年齢20歳のボーイズグループとしてデビュー。甘いマスクと激しいダンスでファンを魅了し、この日の1万席のチケットは10分で完売。ヘリコプターで移動、5000人が描いた『BEAST』の人文字で歓迎され期待の高さを証明していました。
 
 
MC:まずはBEASTのメンバーに簡単に自己紹介をお願いしたいと思います。
 
 
ドゥジュン、ドンウン、ヨソプ、ギグァン、ヒョンスン、ジュンヒョン:各自日本語で
自分の名前を言って挨拶。
 
 
PLAY Cube Entertainment C.E.O ホン・スンソン氏の挨拶
 
「初めてのBEASTの日本のショーケースにあたりまして、たくさんのご関心をお寄せ下さいました日本と韓国とマスコミの皆様方、本当にありがとうございます。
 
私は韓国で20年以上にわたり、アーティスト関係の仕事をさせていただいており、この音楽関係のお仕事をやらせていただいておりました。
 
そして今年は韓国のガールズグループというものが日本におきましてブームを作った・・
そんな1年だったと思います。
日本ではまずが4Minuteが窓を開いてたくさんの方から好評を得たと思います。
 
その窓を開いてたくさんの方から好評を得て、マスメディアの皆様も
多大な関心をお寄せくださいました。そしてユニバーサルミュージックという世界的な
会社と提携させていただいてBEASTについてもこれと同様ですが、これからは
ワールドスターではなくてアジアスターになることがすなわちワールドスターになるのだと
いう考えから本日のショーケースが始まったかと思います。
 
短い期間ではありましたが、本当に私たちはたくさんの準備をしてまいりました。
BEASTのメンバーたちも今日の日本のショーケースのために一生懸命頑張って
きました。皆様方どうぞ見守っていただきたいと思います。そしてこれからも
皆様方のご関心をどうぞよろしくお願いたします。本日はどうもありがとうございます。」
 
 
Far Eastern Tribe records マネージングディレクター 鈴木篤史氏より 挨拶
 
「今年はKPOP旋風で日本はとても盛り上がったかと思います。社長とはさきほど
お話があったように4Minuteで日本最速デビューさせたことがひいては今年の日本の
KPOPシーンの盛り上がるきっかけになったと思います。昨年夏前に日本の原宿で
AJのライブイベントがアストロホールであって、その時にBEASTとしてデビューしたの
ですが皆様とはその原宿でお会いしているかと思います。そこが社長との出会いの
きっかけだったと思います。
 
あのアストロホールのキャパシティーは300名程度だったのですが、この1年ほどで
なおかつ、まだ日本デビュー前のBEASTがこのように大きなステージに立てることは
とても感慨深いことだと感じます。
 
これからステージに立つBEASTのコンサートを充分に楽しんでいただきたいとともに
日本でのムーブメント自体よりはBEASTだったり4Minuteなどの韓国からきている
アーティストたちを日本に定着させたいという気持ちが私には強くありますので
末長くBEASTを応援よろしくお願いいたします。」
 
 
MCから代表質問
 
MC:ヘリコプターで登場してBEASTのロゴの巨大な一文字でファンから歓迎されましたが
   いかがでしたか?
 
ヨソプ:本当に感動しました。日本のファンのみなさんは最高です。ありがとうございます。
    (ここまで日本語で)
    それから僕の聞いた話によりますと、車椅子に乗って一文字に参加してくださった
    方もいらっしゃると聞きました。本当ありがとうございます。機会がありましたら
    是非直接、お目にかかりたいと思いました。
 
MC:今日は、本物ののBEAST、虎とライオンがこちらにいますが、韓国でもこのような
   ことはなかったのではないですか?
 
ヒョンスン:もちろん韓国では本当の野獣と舞台をしたことはないです。今回は日本での
       初めてのショーケースということでどのようなことをお見せしたらいいのかと
       いうことを本当に慎重に慎重に考えました。
 
       どのように印象深いステージをお届けできるかな?ということで本当に
       一生懸命考えました。そしてパワフルな僕たちのこの感情をどのように
       表現するにはどうしたらよいかということで、このような愛らしい野獣に
       舞台に来てもらったわけで、皆さん楽しくご覧になっていただけたらと
       思っています。ありがとうございました。
 
MC:かまれないように、気をつけてくださいね。
   今回は初の単独ライブですが今の心境やライブへの意気込みをお聞かせください。
 
ドゥジュン:このように初めて会えて本当に嬉しいです。今日のために頑張って準備
       しましたから、沢山応援してください。また来ます。ありがとうございます。
       (全部日本語で)
 
記者質問 日本メディアから
 
Q:今、皆さんご挨拶なども日本語で話されてる方もいらっしゃいましたが2月に正式に
  日本でデビューするということで日本語で歌われることもあるかと思いますが、
  今勉強しているのでしょうか?そして何か好きな日本語があれば教えてください。
 
ドゥジュン:日本語の勉強を始めたはずいぶん前なのですが、やはり韓国での活動が
       忙しくなかなかできていません。本日は日本語で挨拶ができず申し訳なく
       思っています。日本語は映画やアニメーションを通じてこれまでも多く接する
       機会がありました。好きな日本語は映画「ラブレター」の「お元気ですか?」
       本当にこの言葉が大好きです。いい言葉ですよね?
 
ドンウン:やはり韓国での活動がありなかなか難しいですが、時間があるときには
      いつもレッスンを受けています。好きな言葉は「いただきまーす。」です。
 
 
ヨソプ:僕も勉強中の段階です。やはり準備が足りない部分もあったのでちょっと曖昧
    だった部分もあったかもしれません。好きな言葉は「おやすみなさい。」という
    言葉です。なぜかと言えば今、眠りたいからです。(笑)
 
ギグァン:BEASTは皆、今頑張って日本語のレッスン中です。そして今自分の好きな
     日本語は「大好き。」という言葉です。心にぐっとくる言葉だと思います。
 
ヒョンスン:僕も日本語を一生懸命練習しています。ですので流暢な日本語の実力で
       皆様方と直接会話をしたいと思っています。好きな日本語は
       「かわいい。」です。
 
ジュンヒョン:僕も一生懸命日本語を勉強している最中です。次に皆様方にお会いできる
       時にはもう少し上手い言語能力で皆さまとコミュニケーションできることを
       お約束したいと思います。そして好きな日本語ですが自分の情感にあっている
       言葉として「おはよう。」を挙げたいと思います。
 
記者質問  韓国メディアから
 
Q:本日この日を、迎えられたことをお祝い申し上げます。おめでとうございます。
  今日この夢見た日を迎えられてどのようなお気持ちですか?今後日本と韓国での
  活動を並行してされていくのか、もしくは日本で長く滞在して活動されていくのか
  計画についてお伺いしたいと思います。
 
ドゥジュン:これまで日本でライブがあり何度が来たことはあるのですが、BEASTとして
      6人がこのようにご挨拶させていただくことは初めてですので嬉しく思っています。
      そして皆さんのお祝いと応援の中でこのような日を迎えられたことをとても
      光栄に思っています。実は僕たち今、とても緊張しているところで、でも韓国の
      ことわざには「始めることで成功までの半分の道のりは来た」ということわざが
      あります。この調子で日本での活動も頑張っていきたいと思っています。
 
 
ホンC.E.Oより今後の計画について韓国記者の質問に補充説明
      「韓国から遠いところ来てくださいましてありがとうございました。計画について
      私からご説明申し上げます。本日、日本でショーケースを行うことができまして
      日本でデビューの準備が整ったと思います。日本での正式デビューは来年
      2月を予定しています。韓国では上半期ぐらいに活動をさせていただく予定
      でおります。BEASTは実は練習生のころから日本語を勉強して準備してきました。
     
      現在アジア全体の市場を見てみますと、俳優という演技活動の面では違うと
      思いますが、歌手、ミュージシャンという点におきましてはアジア全体がもう
      単一市場になっているかと思います。ですから言語というのはそれほど大切で
      ないのかもしれません。それほど音楽が今単一市場になっているということの
      証なのだということです。アジアスター=ワールドスターという時代だと思います。
 
      そんな中、グローバルなシステムを持つユニバーサルミュージックさんと
      日本はもちろんのことアメリカ、ヨーロッパの市場でシステムを稼働している
      最中です。ですので来年は成果がある1年ではないかと私たちは考えて
      います。来年1年は日本、韓国、そして東南アジアを一緒に連携した活動を
      させていただくことになると思います。
 
最後にBEAST代表挨拶
 
ヨソプ:本日初めてBEASTとして正式にご挨拶させていただくことになりました。
     皆さま、本当にこのように関心を持ってくださってありがとうございます。
     そして韓国からもいらしてくださいまして本当にありがとうござます。
     
     これからもBEASTとして頑張ってる姿をお見せしたいと思います。
     皆様とお目にかかる機会もたくさん増えると思います。本当に今日はどうも
     ありがとうございました。
 
 イベント
ステージにはライオンとトラが登場し、K-POP界の野獣BEASTならでは演出に、会場は驚きの声に包まれスタート、9曲を熱唱して熱いステージが終了しました。

<ライブセットリスト>
1. SHOCK
2. MYSTERY
3. こぶしをギュっと握りしめて
4. BAD GIRL 
5. スム(息)  
6. EASY 
7. SPECIAL 
アンコール
1. OASIS
2. BEAUTIFUL 

BEAST「BEAST-Japan Premium Edition」
2010.11.24発売
初回盤(2CD+DVD):UMCF-9559 \4,200(tax in)
通常盤(2CD)UMCF-1046/7  \2,800(tax in)
初回盤特典
・ミュージックビデオ2曲と2010年7月の初来日時のドキュメンタリー映像を収録
・トレーディングカード(個人)をランダム封入・ミニポスター封入
さらに、サイン入り色紙を抽選でプレゼント(応募ハガキ封入)
通常盤特典(初回プレス分)
・トレーディングカード(集合)・封入・ミニポスター封入
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/c/beast
http://www.universal-music.co.jp/beast/

関連記事


Page Up