Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソン・シギョン氏に単独インタビュー!日本で新たなキャリアが始まりそうな感じがしています<後編>

2015/12/19 02:06

2015.11 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

7a

Q:シギョンさんはどんなスタイルで曲作りされるんでしょうか?

普段、僕が曲を作る時はピアノを弾きながら作ることが多いので、長い時間ピアノの前に座って考えます。とはいえ、長く座っていたからといってメロディが浮かぶわけでもないんですけどね。寝転がってリラックスしていたところにメロディが浮かんできて曲を書くことも多いです。余談ですが、作曲家の皆さんってゲームをする方がけっこういるんですよ。人それぞれスタイルは違えど、皆さん曲を作ろうと思っても都合良くすぐ浮かぶわけではなく(笑)、違うことをやっている時に、ふと浮かんで作り始めるのは同じですね。

Q:シギョンさんも他の方のように作曲中にゲームをなさることもあるのですか?

僕はしません(笑)。作らなければいけない時はずっと考えています。考えてできる時もあれば、実際に演奏してできる時もあります。だいたい大まかな枠組は寝転がっている時とか、ちょっとリラックスしているときに作って、ディテールは実際にピアノの前でやることが多いです。他の皆さんもそんな感じ、似たりよったりみたいですよ。

9a

Q:そのスタイルは、15年前から変わっていない?

そうです。僕は先輩たちのやり方を受け継いできた最後の後輩の世代になるのではないかなと思います。最近は、僕のスタイルの一方、トラックを先に考えてからメロディを後で考えたり、コンピューターで曲を作る方も増えましたね。だからといってどちらが優れているということではないんですよ。でも僕はこれからもそのスタイルは変わらないと思います。

Q:インスピレーションを得るために、絵を見るとか、どこかへ行くとかすることはありますか?

そういうことも時には役には立ちますけれど、必ずしも必要なことではありません。歳を取るにつれ、気持ちのうえで天気が重要になりました。若い頃は、晴れでも雨でも気にならなかったし、昼と夜の感情の変化も分かりませんでした。でも今は、雨が降ると体の節々が痛いし、気分も下がるし…(笑)。例えば、スペインのお昼の太陽が照らす中でバラードは書けないと思います。バラードを書くためには、静かで、寒くて、暗いムードが大事だと思います。もちろん、映画を見て泣いて書くっていうのもあるのかもしれないですけど、それも必ずしも必要なものではないです。

8a

Q:それでは、バラードを歌う際に心がけていることはありますか?

“演技”だと思います。感情が重要です。とはいえ、歌手ですから、音程も発音もまた重要ですが。「歌手が俳優業をすることはできるが、俳優が歌手をすることはできない」と、先輩が言っていました。この発言についていろんな意見があるかとは思いますが、私たちの歌手のプライドと大目に見てほしいんですが、それでも歌を歌うのは“演技”であると思っています。

Q:話は変わりますが、今回の来日で食べたかったものは食べられましたか?

昨晩は、お酒を中心にした食事をしましたね。飲み過ぎました(笑)。日本の食べ物は全部美味しいですよね。卵が美味しいところとか、こういうところでやっぱり先進国だなと感じます。韓国に比べて酪農が発達している…牛乳の種類もいろいろあるし、生クリームも、パンも美味しい。お米もそうですね。韓国と比べてバラエティに富んでいて、とてもうらやましく思います。また、日本の方たちの食べ物に対する姿勢もすごくいいなと思います。

Q:最後に、日本のファンへ今後の活動について、そしてメッセージをお願いします。

日本で新たなキャリアが始まりそうな感じがしています。それが僕のシングルなのかコラボなのか、どんな形であれ何かが始まりそうです。今回のベストアルバム発売は、そういう意味で第一歩となると思います。今後皆さんともっと頻繁に会う機会があると思いますので、楽しみにしていてください。日本語の勉強も、一生懸命に頑張っていきたいと思います。

 11a

ソン・シギョン

1979年4月17日生まれ。2001年歌手デビュー。同年、いきなり名誉ある「第16回ゴールデンディスク賞」の新人歌手賞を受賞。デビュー以来、これまでにスペシャル、リメイクアルバムを含め10枚のアルバムのほか、ドラマOSTなど多数のシングルをリリースし、韓国では“バラードの貴公子”の愛称を持つ。開催するコンサートは約1万人規模の動員を誇り、現在もその動員人数は増加中。韓国の音楽シーンにおいて、男性ボーカルアーティストとして継続的に活動と人気を維持し続けている数少ない1人である。

現在、韓国で5本のレギュラー番組に出演、バラエティ、オーディション、料理番組とジャンルを超えて活動するマルチタレントとしての顔も持っている。

SUNG SI KYUNG JAPAN OFFICIAL SITE

http://sungsikyung.jp

11月25日発売「ソン・シギョン ベストバラード」全3形態 

■初回限定 赤紫盤(CD+DVD)

品番:UICV-9148

価格:¥4,500(税込)

■初回限定 青紫盤(CD+40Pフォトブック)

品番: UICV-9149

価格:¥4,500(税込)

■通常 本紫盤 (CDのみ)

品番: UICV-1062

価格:¥3,300(税込)

 

関連記事


Page Up