Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『DNA-SHARAKU』で花魁・小紫を演じる朝海ひかるにインタビュー! <後編>

2016/1/5 07:01

9J9A9648-2a

【いち女性として恋をする小紫役に新鮮さを感じる】

Q :今回、いろいろなジャンルで活躍されている方々が出演なさっていますが、お稽古後は皆さん、どんなお話をされますか?

今はこの作品でみんな頭がいっぱいなので、役やお芝居のことについて話し合うことが多いですね。お互いにアドバイスなどもしますが、「私はこう思っているんだけど、あなたはどう思う?」といった意見交換をします。後は雑談ですね(笑)。

Q :先日の公開舞台稽古の際はとても雰囲気の良さが伝わってきましたが、W主演のナオト・インティライミさんと小関祐太さんの印象は?

とにかくフランクな二人で垣根がないんです。初めて会う人には物怖じする方もいらっしゃると思いますが、ナオトさんはその名のごとく太陽のような感じでムードメーカー。お稽古場でも楽しくご一緒させてもらっています。小関くんは明るく素直でとても積極的に稽古に挑む姿があり、頑張っている姿を見るとこちらも勇気づけられ、「よし頑張ろう!」と思える素晴らしい役者さんだと思います。

Q:アドバイスなど求められたりしますか?

そうですね。小関くんが「ここがわからないんですけど」とか、たまに聞いてきたりしますね。皆さんそれぞれ得意分野があるので「これは誰々に聞こう!」とかお稽古場もとてもいい雰囲気です。

Q :髪結いの伊兵衛役のSpiさんとは恋仲を演じられますが、恋人役ということでコミュニケーションも多くとられていると思いますが?

思いついたことや色々なことを喋ってますね(笑)。役の相談やお芝居の話をしていることが多いです。今は役を作っていく段階なのでお互い「ああでもない、こうでもない「こうしたら?」とアイデアが出たらお互いにシェアしたりしていますね。

Q:朝海さんからみたSpiさんはどんな方ですか?

あのまま…というか(笑)。記者会見の時の明るくてフランクな感じのままです(笑)。頼りがいがあって真面目で…冗談ばかり言っている時もありますけど(笑)。芝居や舞台に対しての誠実さとか真面目さをすごく持っていらっしゃいますね。どちらかと言うと私の方がボケっとしていることが多いかも(笑)。よくSpiに教えてもらっています(笑)。

Q:小紫と伊兵衛役の恋の行方にも注目ですね。

そうですね。最近はお母さん・良き妻役を多く演じていたので、ここまでラブラブな濃い恋人役というのは久しぶりです。いち女性として恋をする役にフレッシュな新鮮さを感じていますね。

Q :最後にファンの方にメッセージをお願いいたします。

『DNASHARAKU』というこの作品は、今までにない作品になることは本当に確かなので、新しいものを観に劇場へお越しいただきたいと思います。ミュージカルの良さ、映像のダイナミックさが上手く融合できるように演出の小林香さんが一生懸命、調整されていますので、私たちはその大きい船に乗って大航海をしたいと思います。情熱を持って演じ、人間の心などアナログな部分はもちろん大事にしつつ、未来と融合した舞台になると思うので是非、足をお運びいただければ嬉しいです!

★★元宝塚トップスターで現在も舞台上でひときわ輝く存在感で活躍する朝海ひかる。多くの舞台をこなしてきた朝海が「一人の女性として恋する役に新鮮さを感じる」と語る姿が印象深い。ミュージカル『DNASHARAKU』では、スペクタルな映像技術はもちろん、様々なジャンルから集結したキャスト陣によって生まれるケミストリーにも注目したい。

**本チラシ

【ミュージカル『DNA-SHARAKU』】

人工知能が人間を支配している2116年の未来と、その分岐点となる2045年、さらに2016年の現在と、過去―謎の絵師東洲斎写楽が登場する前年、1793年―。これら4つの時代を舞台に繰り広げ、「創造する心」が否定された近未来で、魅力あふれる登場人物たちが「創造する心」を取り戻そうと奮起する物語。

最新の映像技術で展開する前代未聞のSF歴史スペクタルミュージカル『DNA-SHARAKU』は、1月10日~24日まで東京・新国立劇場 中劇場、28日~31日は大阪・シアターBRAVA!、2月6日~7日は福岡キャナルシティ劇場にて上演される。

 

関連記事


Page Up