Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

VIXX、初の日本オリジナルツアー完走!6月バラード曲リリースも発表!!

2016/5/10 09:11

韓国の6人組ボーイズグループVIXX(ヴィックス)が、5月1日パシフィコ横浜国立大ホールで「2016 VIXX JAPAN LIVE TOUR “Depend on”」を開催。日本での単独公演は約1年ぶり、しかも初の日本オリジナルツアーということもあり、各会場でチケットはソールドアウトという盛況を博し4都市5公演で12,000人を動員した。またツアーファイナルとなった本公演では6月29日に日本3rdシングルをリリースすることを発表した。

2016-VIXX-JAPAN-LIVE-TOUR-1S

ライブは1月にリリースされた日本1stアルバム『Depend on me』収録曲を中心に構成。タイトル曲「Depend on me」はもちろん、2本のマイクスタンドを使ったダンスが斬新な「Can’t say」や「迎えに行こう」、ラビが書き下ろした「With Me」といった日本オリジナル曲や、「Chained up」「呪いの人形」「Error」「傷つく準備ができてる」「奇跡(Eternity)」といったVIXXの代表曲などをアンコール含めて23曲約2時間半たっぷりと聴かせた。

2016-VIXX-JAPAN-LIVE-TOUR-2S

3月24日の大阪からスタートした5公演と、韓国での新曲「Dynamite」でのカムバックを経て、前回4月2日の愛知公演から約1ヶ月の時間が空いたこの最終公演では、久々のライブということもあり「Chained up」から「Beautiful Killer」の最初のパートから全開で汗だくになりながらも「赤ちゃんたち(ファン)のエネルギーがスゲーから、気分がいい」とケンもニコニコ。ヒョギはMCで“末っ子パワー”を何度も強調したが、エンに末っ子パワーの説明を求められるとレオに肘鉄し、普段からヒョギの有り余るパワーに悩まされているというメンバーたちの恐れるそのパワーの一幕を公開。この日のヒョギは歌もダンスもキレキレな上に、かわいい言い間違えを連発しながらも日本語でトークを盛り上げるなど全方位で活躍し、まさに末っ子パワー炸裂という様子だった。そんな彼らを迎えるファンも気合充分。韓国での活動曲では揃ったコール(曲に合わせた合いの手)を聞かせ、「Say U Say Me」でエンとレオが女性ダンサーを誘惑するようなパフォーマンスを見せると「キャー!」という絶叫を上げる。

2016-VIXX-JAPAN-LIVE-TOUR-3S

今回の日本オリジナルツアーのために、メンバーたちはスペシャルステージを用意して臨んだ。それが、ユニットステージだ。トップバッターのホンビン&ヒョギは、カラフルポップな女装姿できゃりーぱみゅぱみゅの「CANDY CANDY」をカヴァー。女の子らしいキュートなダンスを披露したかと思えば、最後はウィッグを脱ぎ捨て男らしいポッピンダンスでギャップを表現。そして、レオ&ケンのボーカルチームは東方神起の「時ヲ止メテ」で美しいハーモニーを響かせたが、まさに“熱唱”という言葉がピッタリの感情こもった歌を聴かせた。3組目のエン&ラビはマイケル・ジャクソンの「Slave To The Rhythm」に乗せて左右の客席から登場。ミリタリー調の衣装でさまざまな手法でシンクロするダンスパフォーマンスを見せたが、このコンセプトと振付はエンが準備したものだという。

そして、韓国活動で1ヶ月の期間が空いた横浜公演で最大のスペシャルとなったのが、4月19日に韓国でリリースし韓国国内の各音楽番組で1位を獲得した新曲「Dynamite」の日本初パフォーマンス。つい先日まで韓国で活動していた新曲の披露にファンも大興奮で、ひときわ大きなファンコールが上がった。

2016-VIXX-JAPAN-LIVE-TOUR-4S

ライブ最後のMCでは、ラビに「お知らせがあります」と促されたエンが、「6月29日に日本3rdシングルをリリースします! バラード曲です。本当にステキな、完璧な曲です」と、約半年ぶりの日本でのリリースをサプライズ発表。初のバラードタイトル曲への自信をうかがわせ、会場からの大きな拍手を集めた。

日本での2016年は、1stアルバム『Depend on me』の“支配する愛”で始まったが、「Dynamite」でスタートした今年の韓国活動は、“運命”と“破滅”がキーワードになるという。吸血鬼、呪いの人形、サイボーグから愛の奴隷まで、毎回ユニークなコンセプトで驚かせてくれるVIXXだが、6月にリリースされる新曲バラードのコンセプトに早くも注目が集まっている。

◆VIXX日本公式ファンクラブ<STARLIGHT JAPAN>: http://lovevixx.com

◆VIXX公式サイト[realvixx.jp]: http://vixx.cjve.jp

◆Twitter(@RealVIXX_Japan): https://twitter.com/RealVIXX_Japan

関連記事


Page Up