Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

音楽関係者大絶賛の魅惑の音楽ドキュメンタリー作品映画『ソング・オブ・ラホール』公開!

2016/8/9 15:10

70年代後半のイスラム化の波、そして90年代に台頭し始めたタリバンによる歌舞音曲の破壊という環境下で細々と音楽活動を続けてきた、“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”。伝統音楽を駆使して最も有名なジャズナンバーの一角と言われている「テイク・ファイヴ」のカバーに挑戦する。民族楽器シタールのひねた音色とタブラの独特なリズム感を中心に奏でるアンサンブルの世界観は聴く者を魅了し、この曲をきっかけに、伝説のジャズミュージシャン、ウィントン・マルサリスやデイヴ・ブルーベックにも評価されニューヨークにて世界最高峰のビックバンドとの共演を果たす。

new_SOL_00010_1s

この熟練音楽家たちの大胆な挑戦が奇跡をもたらした珠玉の音楽ドキュメンタリーにピーター・バラカン、いとうせいこう等各界著名人から大絶賛コメントが到着した。

◇ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
彼らのセンスのよさと圧倒的な演奏力に脱帽します。この映画で、彼らの画期的な試みがまず海外で成功を収め、そして逆輸入で国内でも認められるのを見ると誰でも拍手を送りたくなるはずです。  

◇いとうせいこう(作家・クリエーター)
サッチャル・ストゥーディオ・オーケストラ『テイク・ファイヴ』をYou Tubeで見た時はぶっ飛んだし、すぐ彼らのパキスタン・ジャズを聴いた。それがどのくらいの社会的音楽的困難の上にあったか、『ソング・オブ・ラホール』でしみじみと知った。              

◇山田五郎(評論家)
竹笛(バーンスリー)吹きのバーキルはいう。「自分が痛みをかかえていないと魂のこもった演奏はできない」と。たしかにそうだ。音楽を奪われ続けてきた彼らほどソウルフルな演奏家は他にいない。    

◇サラーム海上(音楽評論家・DJ・中東料理研究家)
パキスタンから「でも、やるんだよ!」一人一人が超絶テクニシャンなのに、生きるのだけが不器用なオヤジ音楽家たち。その内なる思いを知るにつけ胸が熱くなる!!     

映画『ソング・オブ・ラホール』は8/13より、渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー。

監督・製作:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
出演・音楽:サッチャル・ジャズ・アンサンブル、ジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラwithウィントン・マルサリス  http://senlis.co.jp/song-of-lahore/
2015年/カラー/DCP/82分/ウルドゥー語、パンジャービー語、英語/アメリカ/原題:Song of Lahore
配給:サンリス、ユーロスペース/宣伝:サンリス/宣伝協力:与左衛門、ポイント・セット
© 2015 Ravi Films, LLC

関連記事


Page Up