Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初の女優デビュー作に挑戦する元宝塚歌劇トップスター北翔海莉にインタビュー!「新たなみっちゃんを楽しんでいただきたい」<前編>

2017/8/1 02:57

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

昨年11月に宝塚歌劇を退団した元星組トップスター北翔海莉(ほくしょう・かいり)が、初の女優デビュー作として挑む、1950年代のアメリカを舞台としたトニー賞受賞作品『パジャマゲーム』は、リチャード・ビッセルのベストセラー小説「7セント半」を元に描いたロマンチックコメディ・ミュージカル。日本でも『タイタニック』や『グランドホテル』など注目を集めたロンドン演劇界を担う若手演出家トム・サザーランドが演出を担当。卓越した歌声・演技・ダンスの持ち主である北翔海莉に惚れ込み、主演に抜擢。トムと北翔の初タッグが実現した。

インタビューでは、本作が女優デビューとなる北翔海莉さんに、作品に懸ける思いや退団後の環境の変化、また気になる今後の活動などについて語っていただいた。

9J9A4086-2a

――制作発表会では素晴らしい歌声を披露されました。これまでとは違う女性のキーでの歌唱はいかがでしたか?
キーが今までと違って抵抗がありましたが、もう少し強化していこうと思っています。宝塚を辞めてからまだ、3ヶ月目。声帯が男子から女子に声変わりしている途中のような感じなんです(笑)。切り替えも3オクターブくらい違うので大変ですね。

――女優デビューとなる本作品で、演じるベイブ・ウィリアムスというキャラクターは北翔さんからみて、どんな女性だと思われますか?
本作の初演や映画の時代、男性と対等に物事を考えることや命がけで仕事をする女性の姿は、その当時ではめずらしく、時代的に好奇の眼差しで見られていたと思いますが、現代の感覚ではベイブのようなキャリアウーマンは憧れの存在であり、仕事に命を懸けて仲間を守ろうとする姿は、少しだけ自分と共通点があるように思います。ベイブはみんなから信頼され、頼りにされる母親のような包容力のある女性で、男性と対等に立ち向かっていく芯の強さもある女性。今の自分と共通する部分や憧れる部分もあるので、今回のお話を伺った時には、『これは一番、演じてみたい雰囲気の作品だな』と思いました。

――今回、初共演される新納慎也さんの第一印象はいかがでしたか?
今回の製作発表会の歌稽古で初めてお会いしたのですが、第一印象はスマートな人だなと思いました。ダンサーなので肉体美というかきれいな体つきで、私たち宝塚の男役が求めていた、これぞ理想の男性像、思い描いていたスタイルの方だなという印象でした。スタイルの良さに感動しましたし、穏やかでほんわかした、とてもユニークな方。稽古場が温かい雰囲気に包まれるような空気を醸し出す方ですね。今回、私は女優としてのスタートということもあり、最初は緊張と不安を抱え現場に向かったのですが、すぐにその緊張が解けるような、受け入れてくだるような雰囲気で迎えてくださり、ほっとしました。一緒に歌う時も安心して身をゆだねることができる方です。

――宝塚トップスターの北翔さんでも不安を感じられたと?
女優としては1年生で初舞台となりますので、一から修行し直さないといけないですからね。宝塚の自分はもう、忘れてしまっている部分があります(笑)。宝塚時代の自分の人生はそこで一度終わっているので、あまり引きずっているものはないかと。立ち振る舞いは引きずっているのかもしれませんが(笑)。物事の考え方などは一からのスタートだと思っています。

9J9A4110-2a

――また、共演される皆さんの印象はいかがでしたか?
制作発表会でご覧になったままの、本当にユニークな方ばかりです。今回は歌唱だけで踊りのパフォーマンスなどはまだ稽古場や舞台上で合わせていないのでこれまでのステージのイメージだけですが、一流のダンサーの方だったり、ミュージカル女優の方だったりと、本当にふさわしいパフォーマーの方々なのですごく楽しみですね。ダンスも歌もいっぱい教えていただこうと思っています!

――作品名の「パジャマゲーム」にちなみ、普段、どんなパジャマでお休みになられるのでしょうか?お気に入りのパジャマがあったら教えていただけますか?
オンとオフのスイッチの切り替えはパジャマだと思うので寝る時はちゃんとパジャマを着ますね。部屋着でそのまま寝ることはなく「よし!寝るぞ!」という感じでスイッチを切り替えて集中して寝ます(笑)。

ブロードウェイ・ミュージカルの名作『パジャマゲーム』は2017年9月25日(日)より、東京・日本青年館ホール、10月19日(木)より大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティにて上演。

詳細およびイベントに関する情報は、公式HPにてご確認下さい。

http://pajama-game.jp/

https://hokushokairi.fan-club.link/

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up