Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル「あなたの初恋探します」に出演の村井良大にインタビュー!<前編>

2018/7/2 12:05

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

韓国で2006年に誕生して8年ものロングランヒットを飛ばし、ロマンチック・コメディ・ミュージカルのジャンルを確立したミュージカル「キム・ジョンウク探し」。2010年に映画化され、2013年には日本でもKミュージカルとして上演。2016年には村井良大、彩吹真央、駒田一の3名のキャストで日本版初演として上演され、大好評を得た。そしてこの度、タイトルを「あなたの初恋探します」に変え、初演時のオリジナルキャスト3人による日本版リニューアル作品として上演が決定した。
ランランエンタメでは、日本版初演よりミニョクとキム・ジョンウクの2役を演じる村井良大さんにインタビューを敢行。本作の日本版と韓国版ミュージカルの違いをはじめ、自身の初恋の思い出話や恋愛観について、また少人数芝居の魅力について語っていただいた。

034s

――まず今回、再演のお話を聞いたときにどう思われましたか?
やはり、またあの3人で集まれることが嬉しかったですね。演出家の菅野こうめいさんやバンドチームも一緒ですので、2年前に戻ったかのような機会をいただいてすごく楽しみです!この2年間でみんなも変わっていると思うので、また変わったアプローチができたらいいなと思っています。


――初演時のオリジナルキャスト3人での再演。みなさん、とても仲良しでいらっしゃるそうですが、どのようにチームの絆を深めていかれたのですか?
稽古を終えた後の毎日の飲み会ですね(笑)。僕はお酒に弱くあまり飲めないのですが、3人でよくご飯を食べては「また明日もがんばろう!」という話をしていました。3人は年齢がバラバラなのですが垣根がなく、くだらない話から芝居の話などいろいろ話しをして、そういった時間が大事なのだと思いました。また、この作品は出演者が3人だけなので、着替えたりやることも多かったりと色々と大変な舞台なのですが、その大変さに差がなく3人が平等に大変なのがよかったですね。“みんなで頑張ろう!”という結束がより強まりました。

015s

――「2018 韓国ミュージカルフェスティバル in 東京」に行かれたそうですが、本場の“キム・ジョンウク探し”(ショートバージョン)をご覧になっていかがでしたか?また、どのような刺激を受けましたか?
滅茶苦茶緩かったですね。韓国版のミュージカル『キム・ジョンウク探し』は全部で90分なのですが、僕たちが日本初演で演じたときは、ダンスをはじめ色々なシーンや映像などを取り入れて2時間15分くらいに増えていて……(笑)。韓国版はこんなにシンプルなんだ~と思いました。着替えは簡略で早着替えもあまりないんです。我々の場合は暗転して、はけてから(衣装を)すべてフルチェンジして登場していたところを韓国版では、上着を羽織るだけ帽子を被るだけといったシンプルな感じだったので、日本版が細かく作られていたこともあり、“だいぶインスタントだな”というのが正直な感想でした。韓国人の方が作った作品ですので韓国独特の空気感が味わえてよかったです。

007s

――演じる上でなにかヒントになりそうな部分などはありましたか?
ハッピーラブコメディ・ミュージカルなのですが、初演ではいろいろ作りすぎた部分もあったので適当にやろうと思いました(笑)。日本人は物語の起承転結や結末などを気にして作りますが、韓国版は半分ライブのような感じで結末をまったく感じさせないのです。「ライブハウスに来た感じで、少しお客様イジリをしてくれるバンドマンたち」というような、とにかくラフな感覚がありました。インドの歌の曲間で、我々は「ナマスカール!」と叫んで客席とコール&レスポンスをやっていましたが、韓国版では「今から高音を出します。はぁ~大変。終わったら拍手ください」と普通に言うので、こんなにラフなのだなと(笑)。
しかし、このラフさがこの作品に合っているし、音楽のリズムのノリもよくて、客席も楽に観ることができるなと本場の空気感を観て参考になりました。我々はそれをやらないために前回は作り込んだのですが、今回は韓国のようにしてもいいのではないかなと思いますね。演出の菅野こうめいさんがどのようなことを考えているのかはまだ、わかりませんが、マシンガントークをシンプルにして面白味がある部分をもっと増やして、また違った空気感でやってみたいです。

041s

――演じられるミニョクやキム・ジョンウクの二人の男性は、それぞれどのような魅力を持っていると思われますか?
ミニョクは嘘をつかず、まっすぐで嫌なことは嫌とハッキリ言いますが気も遣えますし、人の心を理解する男だなと思いますね。ジョンウクはスマートで経験豊富な素敵な男ですが少し鼻につく感じ?そこがいいという方もいれば、そうでない方もいると思います。


――2年の時を経て、村井さんが培われてきたものがこの二人の男性に反映されるのでしょうか?
そうですね、反映されると思います。僕も歳をとってこの2年で環境も変わりましたし、いろいろな作品にも出させていただいて価値観も変わりましたね。


――どのような価値観の変化があったのでしょうか?
もの作りの価値観というか、いろいろな作品や人と出会い話をしていくうちに、このミュージカルが打ち出すべきものがわかってきたと思いました。とくにこのミュージカルは難しいことをしてはいけない。小難しくしてはダメだなと。むしろお客様を置き去りにするくらいがいいのかなと思いました。日本人は出来上がった空気感を大切にする傾向があって、それがいい時もあるけれど、この作品ではやらないほうがいいのではないか。それは韓国版を観ても思いましたし、初演をやっていた頃も感じていました。


――初演のとき演じながらも難しくしてはいけないと感じていらしたと。
そう思いながらも当時は空気感を大切に演じていました。今はワンシーンが短くてわかりやすいものがいいですね、割り切りが大事だなと思います。

029s

ストーリー
何をやってもダメダメな男・ミニョクが始めた「初恋探し株式会社」に、ヒロインのアン・リタが、忘れられない初恋の人“キム・ジョンウク”を探しにやって来る。といっても、手掛かりはキム・ジョンウクという名前だけ。リタの記憶を頼りに、ミニョクとリタは果たして初恋の人を無事に探し出すことができるのか…?


ミュージカル「あなたの初恋探します」
上演台本・作詞・演出:菅野こうめい 音楽監督:かみむら周平 振付:広崎うらん
出演:村井良大 彩吹真央 駒田 一
公式サイト http://musical-firstlove.com/
東京  7/21〜7/28 オルタナティブシアター
福岡  8/4〜5 大野城まどかぴあ 大ホール
豊橋  8/14〜15 穂の国とよはし芸術劇場PLAT
大阪  8/18〜19 サンケイホールブリーゼ
主催  「あなたの初恋探します」製作委員会


ヘアメイク・舟生美帆
スタイリスト・吉田ナオキ 衣装協力・lot holon、wjk

9J9A0913-2s

【サイン入りチェキプレゼント】
●応募方法
RanRanEntertainment(ランランエンタメ)のTwitterをフォローしてくださり、リツイートしてくださったのちにダイレクトメールからお申込みください。
ダイレクトメールからはフォローして頂いていませんとお申込みができませんので、ご注意ください。

Twitterアドレス  https://twitter.com/ranranentame

下記をご記入頂きダイレクトメールからお申込みください。
①村井良大さんチェキ希望
②お名前
●締切 7月21日
●当選者の方にこちらからご連絡いたします。2日以内にお返事のない方は次の方に当選の権利が移ります。
●送り先は日本国内に限らせて頂きます。
 チェキはお選び頂けませんので、ご了承ください。
 抽選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。

 

 

 

 

関連記事


Page Up