【前編】nagatani(永田崇人×中谷優心)インタビュー! first acoustic live 「お茶漬けの回」が12月29日・30日開催決定!

2020/12/19 19:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

 

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」や「モトカレマニア」、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』に出演されている俳優・永田崇人さんと、TBSのオーディション番組「Sing! Sing! Sing!」で2ndシーズンのグランプリに輝き、現在は演劇『ハイキュー!!』に出演するなど俳優としても活躍しているアーティスト・中谷優心さんによるユニット『nagatani』。今年の2月には初のオリジナル曲「寝不足」の配信をされるなど、今後大注目のお二人。12月29日(火)と30日(水)にfirst acoustic live「お茶漬けの回」の開催が決定。初ライブに対する意気込みや、楽曲に対する思いなどたっぷり語っていただきました。

 

001s

(左から)永田崇人   中谷優心

 

――初ライブを開催する意気込みをお聞かせください。

中谷:nagataniにとっては初ライブということで、いつも1人でライブをやっているのですが、今回は崇人くんがいることで、こんなにも心強いんだなぁと思いますね。

――一人よりも二人の方がいいですか?

中谷:やっぱりそうですね。崇人くんは頼もしいですね。いつもは緊張と楽しみで脳がいっぱいになるんですけれど、崇人くん君と一緒だと今回は“楽しい”の割合が多く占めそうだなという気がしています。

永田:優心がすごく頼りになるって言ってますけれど、ライブに関して言うと、優心の方がいろんなことを知っているので、逆に僕はすごく頼りにしています。優心はプロなので、僕はいっぱい練習しないと、やばいなと思っています。

 

006s

 

――お二人がユニットを結成したきっかけを教えてください。

永田:もともと僕のイベント(タカトーク)に、優心が同じ事務所ということで、ゲストで来てくれて、二人のハーモニーがいいなって言う声が事務所で広がって、「曲一緒に作ったら?」「歌詞を書いてみたら?」と後押しをされて、C.I.A.(キューブに所属する若手俳優陣のサポーターズクラブ)の「SUPER LIVE」で1曲「寝不足」って言う曲を作りました。

中谷:これまた評判が良くて…。

永田:よかったですよね。

――それが初の単独ライブ開催に至るまでに!

中谷:最初はイベントみたいな感覚で、ユニットを組んだんですよ。1曲がワンコーナーになればいいなという感覚で、作ったんですけれど、崇人くんは歌がうまいし、二人で良いものを作ってやろうっていう気持ちがあって。崇人くんがその時初作詞をしたんですけれど、すごく良くて、事務所の人たちも、周りも「良いじゃん!」って言ってくれたので、最初はふわっとして始まったものが、初ライブをするまで辿り着いたという感じです。

永田:「nagatani」らしさって、まだぼんやりしているので、お客さんとセッションして気づける部分は多いので、そういう意味ではすごく楽しみです。

 

004s

 

――年末のSUPER LIVEでも2年連続で披露されていた『寝不足』が2月に配信されました。作詞・永田さん / 作曲・中谷さんが担当されていますが、最初から分担すると決めていたんですか?

中谷:それこそ「nagatani」でやる意味がそこにあった気がしますね。作詞をしている時の崇人くんは楽しそうで、なんか「俺天才じゃね?」とか言いながら書いてるんですよ(笑)

永田:そうですね。

中谷:それがまた言葉のチョイスが良いんですよ。僕は、こういうことを言いたいから、それっぽいことを、とりあえず書いとこうみたいな時もあるんですよ。それに対し、崇人くんは、役者からスタートをしているので、ちゃんとストーリーを作るんですよ。なので、僕の曲だけれど、僕の詞とは全然違うなって。

――「nagatani」流のうた割りの決め方はありますか?

永田:やっぱり肝になってくるところは、優心にメインで歌ってもらわないと、弱いですね。歌の担当分けをすると、メインボーカル中谷優心、ハモリ担当永田崇人ですね。

中谷:僕は、ハモリ苦手なんです。崇人くんハモリめちゃくちゃうまいんですよ。

永田:僕はほぼサポートメンバーです。

中谷:違います!笑(すかさず突っ込む)。カラオケ行った時に、「ここ歌って!」みたいな楽しくうた割するじゃないですか?あぁいう感覚に近いかもしれないですね。

――永田さんのソロ曲『愛を確かめるキスをしようぜ…』を作ったきっかけは?

永田:C.I.A.の「SUPER LIVE」で、その前の年に演劇『ハイキュー!!』でお世話になっている和田俊輔さんに1曲書いてもらって、今年も新曲を出そうとなって、同じ事務所の原田茂幸さんに曲を書いていただいて、踊れるナンバーになりました。

――今回のライブで披露する予定はありますか?

永田:あります!ただ、ちょっと特殊な感じになると思います。

――ファンの皆さん!予習していかないとですね!

中谷:予習したら、なお楽しいと思います。曲自体は楽しいので手拍子とか起きたらいいなと思っています!

 

007s

 

――中谷さんは、2ndアルバムの『キャンディーキッス』や『未成年』でも作詞・作曲されていますが作成秘話があれば教えてください。

中谷:全くないです!本当に何もない(笑) 。1ヶ月悩んで書けないのに、2日で書けたりするもんなんですよ。『未成年』は、今だからこそ好きなんですけど、最初に作った時は全然いい曲だなんて思っていなくて。でも、他の人に「こんなの作ってみたんだけど」って聴かせてみたら「めっちゃいいじゃん!」って言ってもらって、それ以来周りの意見を聞くようにしています。

――第三者の意見を大切にされているんですね。

中谷:僕はそういう気持ちになって書いているから、そう感じる歌詞なんだけれど、文字だけでは伝わっていないこともあるので。それこそ、崇人くんに「この歌詞どう思う?」って聞いたりします。

――永田さんは何と言ってくれるんですか?

中谷:「変えたほうがいいんじゃない?」とか「いいじゃん!」って、素直な反応をしてくれます。

永田:優心は感覚派なんですけど、僕はすごい理論派なんですよね。だから、僕がやると理屈っぽくなっちゃうんですよね。

中谷:これがまたいいんですよー!

――正反対のお二人ですね

中谷:正反対ですね。

永田:僕が一人で考えて書いた部分もあるんですけど、メインは優心がメロディーと言葉が一緒に出てくるので、それを違う言葉にしたり。なので、作詞・永田崇人というよりも二人ですね。

中谷:僕は「ららららら」みたいな仮歌で渡さないんです。なんとなく歌って、こういう感じの曲ですって渡して、それを崇人くんがくみ取って変えていくんです。

 

005s

 

――それを受けて永田さんは? 

永田:優心とはびっくりするぐらい感覚が違っていて、優心はこういう気持ちで書いた曲が、僕にはメロディーが全然そう聞こえないから、逆に面白くていいなと思うんです。「俺はこういう感じに聞こえる」って言ったら、「そっちでもいいですよ」って優心が言ってくれるので、変えてみたり、やっぱり優心が思ってた方に戻したりすることもあります。

――作詞で対立したりはしますか?

中谷:もめたりはしないですね。もしかしたらこれからあるかもしれないですね(笑)。でも、お互い包み隠さずに言い合う関係性が既に出来ています。

永田:楽しいけど、やっぱ、苦しいですね。(歌詞が)出てこないんで。

中谷:0から1を作るのは苦しいなって、改めて思いますね。「俺、天才!」って言った2分後に、「俺、才能ないかもな」って言う繰り返しを横で聞いています(笑)

永田:はい、ずっとやっています(笑)。

――それで出来上がったのが『寝不足』!

二人:そうです。

中谷:自分がこの曲を歌うというよりも、崇人くんがこの曲を歌ってほしいという感覚で作っています。

永田:だから、いろいろな化学反応が起きているんだろうね。僕の声が高いので、なんとなく最初は女の人が歌いそうな曲が良かったんですよ。後は、物語を作ったよね。

――物語!だからあんなにすてきな歌詞になったんですね!

中谷:台本を作るような感じで作ったので、いい歌詞でした。音楽の歌詞って、ストーリーになってない方が多いじゃないですか。サビでぼん!とテーマがあって、切り取って、想像で膨らませると言う。「寝不足」に関しては、ストーリーになっているから、ちょっと遅い時間に、ほっこりする絵本を読んでいるような感覚になってくれるかなと思っています。そこが僕にはできないところなんですけれど。

永田:本当に寝不足になりながら書きました(笑)

中谷:まじ寝不足だったね(笑)

 

003s

(左から)永田崇人  中谷優心

 

nagatani first acoustic live「お茶漬けの回」
日程
2020年12月29日(火) 19:00公演
2020年12月30日(水) 13:00公演 / 17:00公演
※LINE VIEWINGにて全公演生配信あり
会場:CBGKシブゲキ!!
チケット購入はこちらから
https://t.livepocket.jp/e/nagatani2020

ライブ詳細はこちら
https://cia.cubeinc.co.jp/feature/e6c98d37ed33207b4de846c60f676e86

※配信チケットも詳細出次第こちらに掲載致します。

後編~

9J9A2234-2s

プレゼント
ランランエンタメではサイン入りチェキをプレゼントいたします!どしどしご応募ください。
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウントhttps://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)インタビュー記事【前編、後編】の両方のツイートを、リツイート後に
(3)ダイレクトメッセージで申し込む
①ご希望名
②お名前
③ご住所
④ご年代
⑤ご意見ご希望
を書き頂きご応募下さい。
<応募締切>
2021年1 月 18日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

関連記事


Page Up