Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソン・ジュンギ主演『オオカミ少年』(原題)2013年初夏、 日本公開決定!

2013/1/4 08:54

ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のクールなイケメンぶりが韓国のみならず、日本の多くの女性を虜にしたソン・ジュンギ。 2012年下半期の大ヒットドラマ「優しい男」主演により国民的な人気を得て、今、最もホットな若手スターとして注目されているソン・ジュンギの最新作映画『オオカミ少年』(原題)が、2013年初夏、新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー決定!!

心を閉ざした少女とこの世界に存在してはならないオオカミ少年が出会うファンタジーラブロマンス。 韓国では今年10月に公開され、700万人以上を動員した大ヒット作。

ookami仮main-2
ストーリ

地方の村に引越しした少女スニ(パク・ボヨン)は、闇の中に身を隠す謎の少年(ソン・ジュンギ)を見つける。少女の家族の一員として受け入れられることになった少年は”チョルス“と名付けられ、生活を共にすることになる。言葉を話さず、まるでオオカミのような目つきで人間離れした行動を見せるチョルスがどこか気になるスニは、食事の仕方、服の着方、文字の読み書きなど、世の中で生きて行く方法を一つずつ教える。生まれて初めて自分に手をさしのべてくれたスニに、切ない感情が芽生え始めるチョルスだったが—。

本作で、韓国初のキャラクターであり、この世に存在してはならない“オオカミ少年”という難役に挑んだソン・ジュンギは、これまで見せてきた知的で花美男スターのイメージとは 180度真逆の、ワイルドでかつ憂いのある瞳ですべての感情を表現。演技派俳優に位置づけられる成長ぶりをみせ、2012年最も活躍した若手俳優となった。

また韓国公開前にもかかわらず、トロント国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、釜山国際映画祭など世界有数の映画祭からラブコールをうけて上映された映画『オオカミ少年』(原題)は、その題材の奇抜さの根底にある、人が初めて恋する、そのもっともピュアで切ない瞬間を観客に思い起こさせる、究極の恋愛映画として大絶賛!上映劇場は12/22(土)にオープンした新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター、新宿シネマカリテで、韓国ラブロマンス映画史上No.1の作品がお披露目されることとなる。

2012年/韓国/125分 監督:チョ・ソンヒ  出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか 

配給:CJEntertainment Japan    ©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

関連記事


Page Up