Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンターテインメント映画『花戦さ』 場面写真、一挙解禁!!

2017/3/8 12:16

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市

映画『花戦さ』 場面写真、一挙解禁!!

秀吉に「ギャフン!」と言わせた“けったいな”男“

池坊専好”の人間関係を読み解く!

野村萬斎様s

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界トップが競演する痛快エンターテインメント映画『花戦さ』。信長、秀吉と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。

主人公の花僧・池坊専好(野村萬斎)は、織田信長(中井貴一)の前で花をいけ、居合わせた千利休(佐藤浩市)らの心をつかむが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、あわや打ち首に……。そのとき、軽妙な機転で彼を救ったのは、豊臣秀吉(市川猿之助)だった。そんな出会いから十数年。秀吉の治世のもと戦乱は収まり、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合った。だが天下人となった秀吉の驕りは嵩じ、利休を自害に追い込み、専好を慕う町衆の命までもが次々奪われいく。ついに専好は立ち上がった。手にしたのは、「刃(やいば)」でなく「花」。池坊専好が太閤秀吉に仕掛けた一世一代の「戦さ」とは――

佐藤浩市様s市川猿之助様&佐藤浩市様s野村萬斎様&佐藤浩市様s

この度、場面写真が公開された。池坊専好が花をいけるシーン、先日、第40回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した佐藤浩市演じる千利休のカット、豊臣秀吉にひれ伏す千利休、千利休と穏やかにほほえむ専好、そして織田信長、前田利家(佐々木蔵之介)。さらに、専好と幼馴染の町衆・吉右衛門(高橋克実)が並ぶ姿や、何やら楽しげに手振りをしている専好とそれを困り顔で見ている弟弟子の専武(和田正人)も見られ、それぞれの表情から、人間関係が読み取れる。摩訶不思議な男・専好の奇想天外な戦いとは?刃(やいば)ではなく「花」を手に、専好にしか成しえない「戦さ」とは?戦国時代の痛快な物語での、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップの競演を楽しみに待ちたい。

中井貴一様s野村萬斎様&佐々木蔵之介様s

本作の脚本は、「JIN」「ごちそうさん」「天皇の料理番」など、数々の笑って泣ける名作ドラマを生み、2017NHK大河ドラマ「おん城主 直虎」も手掛ける、森下佳子。監督は、情感あふれる作品づくりに定評があり、藤沢周平原作の「山桜」や「小川の辺」など、時代劇でもその手腕をみせた篠原哲雄。音楽は、スタジオジブリ作品、北野 武作品を中心に、日本映画音楽界を牽引する巨匠、久石 譲。また題字を、力強いタッチで世界的ファンを広げる金澤翔子が、そして劇中絵画を、その作品が大英博物館に所蔵展示された小松美羽が担当。日本を代表する若き女性アーティストたちが、作品に彩りを添える。

野村萬斎様&高橋克実様s野村萬斎様&和田正人様s

映画『花戦さ』
63日(土)全国公開
C2017「花戦さ」製作委員会
配給: 東映

関連記事


Page Up