Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『花戦さ』“いけばな発祥の地”京都・六角堂で野村萬斎、佐藤浩市ら映画完成奉告!

2017/3/30 01:03

『花戦さ』  野村萬斎、佐藤浩市、森川葵 登壇

「花を生けた」記録から555周年、映画の舞台ともなった 

“いけばな発祥の地”京都・六角堂で映画の完成奉告!

オフィシャル1s

京都・六角堂の花僧、初代・池坊専好が、時の権力者である豊臣秀吉に、刃(やいば)ではなく、 花をもって挑んだ痛快エンターテインメント映画『花戦さ』がいよいよ 6 3 ()全国公開される。公開に先立ち本作1発目のキックオフイベントとして、映画の舞台ともなった“いけばな発祥の地”六角堂にて、野村萬斎、佐藤浩市、森川葵の三人が来京の元、映画の完成を奉告するイベントを執り行った。

3月27日(月)当日は、花僧・池坊専好役の野村萬斎、映画オリジナルのヒロイン・天才絵師れんを演じた森川葵、 そして、専好と深い友情で結ばれた天下一の茶の湯者・千利休役の佐藤浩市が、映画完成奉告及びヒット祈願として、僧侶が読経するなか、オクロレウカを献華(けんげ献花の意)した。 また朝6時から詰めかけた一般観覧約 600 名に対し感謝を込めて、紅白餅やコスモスや朝顔などの幸せ の花の種をプレゼント。
更に、LINE ライブではイベントの模様が生中継された後、本作で映画初出資となった ANA が国際線で 放映中の映画公開記念特別番組「日本文化ビギナーズラボ 華道と茶道を体験!スペシャル!!」も 放映された。

オフィシャル3s

野村萬斎は、このイベントのあと、全国キャンペーンに出発! 世の平和を祈り、人に幸せを運ぶ池坊専好さながら、全国に、花と人を愛したけったいな男と 「花の力」の物語を、多くの方に届けに参りに。

春の花々に囲まれる中、映画のヒットを祈願し、出演者が公開に向けての意気込みや撮影秘話などを語り、また、投げ餅や幸せの花をプレゼント・・・・。

オフィシャル2s

<野村萬斎、森川葵、佐藤浩市 コメント>

野村萬斎(池坊専好 役)
六角堂は、人々に愛されているお堂だと改めて今日感じました。身の引き締まる思いです。池坊555年の歴史の重みを感じながらも、この映画が池坊の発展に寄与できたらという思いで演じました。いけ花は、シンプルな中にも奥深さがあり、私たちの能・狂言の世界にも通じると思います。


自身の役柄について
浩市さんと前回ご一緒したときはでくのぼうを演じて、今回はいけのぼうということで(笑)どちらもボーッとした感じの人ではあるのですが、専好は、一生を花と共に生きた天真爛漫な人物として演じました。彼は利休という友と、れんという同志を得て、人間の根源になる芸術や文化の力を以て権力者に立ち向かいます。皆と一緒に楽しく笑いあうシーンはエンターテイメント。秀吉の悪政が及んでくると悲劇的になり、専好たちがそれをまた跳ね返していく。笑って泣けて、最後は両方一緒になるというような映画になるかと思います。


佐藤浩市(千利休 役)
六角堂を訪れるのは実は2度目です。先日、中に入って色々な花の歴史を興味深く聞かせていただきました。そういったものが全て映画の中にフィードバックされていると思います。萬斎さんともまたご一緒させていただいて、様々なご縁の中で映画が完成しました。


自身の役柄について
当時の武家や庶民の中での茶道・華道・そして利休という存在は、身近なものだったのではないでしょうか。僕が表千家に習いに行ったときにもまるみという言葉で表現したんですが、その言葉に表されるような温和なまるい利休さんを演じられたらと思っていました。ちなみに茶をたてるシーンでは、手元しか写っていませんが私が全部やっていますので、ぜひ劇場で確認してください。


森川葵(れん 役)
この映画が皆さんの元に届くまで、六角堂が映画の大ヒットを見守っていてくれるんじゃないかという気持ちで今日はここに立っています。撮影期間中、時間があったので京都の街を歩いてみました。ドーナツや豆乳ソフトクリームを食べに行ったり、京都を満喫させていただきました。


大先輩方との共演について
これまで時代劇経験が少なく、作法も所作もわからない状態で現場に入りました。萬斎さん演じる専好さんのお茶目な姿や動きを横で見ていて、時代劇だからと構える必要はないんだと気づきました。その時代に普通に生きていた人なんだから、縛られずにどんどん動いていいんだと感じました。


花の力について
クランクアップでお花をいただいたりすることも多かったのに、今まで私は花の力を忘れてしまっていたような気がします。花が実際に生きて、支えてくれているということ。お花を通して、心が優しく、豊かな気持ちになっていくのをこの撮影の中で感じました。 


『花戦さ』
【出演】 野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市
        高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川葵 吉田栄作 竹下景子
【脚本】 森下佳子
【音楽】 久石 譲
【監督】 篠原哲雄 (原作 鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊)
©2017「花戦さ」製作委員会
 6 3 日(土) 梅田ブルク7ほか全国ロードショー

関連記事


Page Up