Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

“銚電”100歳応援プロジェクト第1弾発車!映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

2017/3/31 04:51

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

“銚電”100歳応援プロジェクト第1弾発車!

クラウドファンディング(Makuake)始動開始!

tomoshibi_poster1

生誕100歳に向け走り続ける銚子電鉄を背景に描かれる初の映画『トモシビ銚子電鉄6.4kmの軌跡』の<100歳応援プロジェクト>第1弾として、クラウドファンディングがスタートする。本作を1人でも多くの方々へ届けるために1館でも多くの映画館で上映し、日本最古の電車として銚子電鉄が走り続けるための応援プロジェクトである。

数々の苦難を乗り越え、地元の足となり、また観光地銚子の顔として95年間走り続けてきた銚子電鉄は記念すべき100歳を目前に控える。サイバーエージェント社のMakuakeにてクラウドファンディングを開始、100歳に向かって前進する“銚電”が応援いただきたい。

3月28日正午から支援開始され、支援いただいた方々には、支援額に応じ映画鑑賞券と映画とのコラボ記念切符の配布、5月8日に決定した本作の完成披露試写会へのご招待、また本作のロケ地を巡る<銚子電鉄応援ツアー>などの楽しい企画が用意されている。

Makuake『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』クラウドファンディング公式サイト>
https://www.makuake.com/project/tomoshibi2/


<映画公式サイト>
http://tomoshibi-choshi.jp

_MG_6960s

【物語】走る、走る。想いを乗せて―。
高校生の椎名杏子(松風理咲)は、父を亡くし、母(富田靖子)と二人で銚子の街で暮らしていた。彼女が企画した<銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負>が、地元メディアにも注目され、地元の期待も高まる中、最後のランナーが決まらず焦る杏子。時を同じくして、人生に疲れ果て、ふと銚子を訪れた一人の女性キミエ(植田真梨恵)の美しさに目をとめる電車撮り鉄青年の熊神(前野朋哉)。荒れた生活を送るキミエを世話する羽目になった熊神だったが、キミエを少しずつ理解し、徐々に2人の距離も近づいていく。一方、銚電の名にかけてもその勝負に負けられない銚子電鉄側では、万全の準備を期していたが、まさかの部品故障が発生。
運転士の磯崎(有野晋哉)がレースを諦めかけた時、母と親しくする磯崎を疎ましく思っていた理咲が言い放つ…。そして、レース当日、それぞれの想いを乗せて、走る、走る。


映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』
出演:松風理咲、前野朋哉、植田真梨恵、有野晋哉、富田靖子/井上順
監督:杉山泰一(「の・ようなもの のようなもの」)
原作 : 吉野翠『トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~(TO文庫)』
配給:トモシビパートナーズ 配給協力:アーク・フィルムズ
制作:クリーク・アンド・リバー社
(c)2017 トモシビパートナーズ 2017/日本/96
Facebooktomoshibi.choshi
Twittertomoshibi_tw


5月6日()イオンシネマ銚子、イオンシネマ幕張新都心 先行ロードショー
5月20日()
新宿武蔵野館 ほか全国順次ロードショー
http://tomoshibi-choshi.jp/

関連記事


Page Up